本能⇒共認機能⇒観念機能
24307 精霊の措定は手順律の逆転か?
 
田中素 HP ( 36 長崎 企画 ) 02/02/19 AM00 【印刷用へ
観念機能の発達について、「同一統合」「差異化統合」など、おそらく“抽象化”に関わりの深い概念装置を使ったアプローチが吉国さんや土山さんによって試みられていますが、少し違うアプローチをしてみたいと思います。

抽象化に繋がる認識機能の原型は確かに多くの動物にも見られますが、観念機能の最大の特徴は、やはり「直接知覚できないものを措定する」という部分にあるように思うからです。

また、実現論による記述、「万物の背後に精霊を見る」ことを観念の起源とすると、この「精霊の措定」という認識自体は、差異化とも同一化ともあまり関係がないように私には思われます。

むしろ、私がここで関わりが深いと思うのは、「因果」や「手順」、「予測」といった認識様式です。ある知覚可能な現象(例えば木が揺れるとか、川が増水するとか)に対して、「これは○○だからだ」という“要因”を措定するのが因果律です。ここに、精霊を措定する状況が登場します。

しかし、この因果律はおそらく一般動物には存在しないと思われます。一般動物にあるのは、本能と記憶回路の発達の助けを借りた、「こうすれば、こうなる」という手順律、あるいは予測思考のようなものではないかと思います。このような手順律は、ある程度知能の発達した動物であれば、学習によって身につけることもできます。

ところで、因果律とはいわば、この手順律や予測思考を逆転させたものと考えられます。「こうなるということは、こうだからだ」というわけです。

とすると、始原人類が「精霊」を措定した瞬間、もしかしたら、極限的な不全状況に直面し、強力に探索を働かせた結果、手順律の「逆転」が起こったという可能性が考えられます。何の体験記憶も無い状況で目の前の現象を手順の「後」に起き、その「前」を探索するということが、「直接知覚できないもの」を認識するという特殊な思考を成立させたのではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 23973 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24307
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
138498 そうなんですね ふうらいぼう 06/11/26 PM01
135342 手順律と因果律の違いでスッキリしました。 ブリジストン 06/10/24 PM03
24537 『因果律』の成立も『精霊』の賜物 土山惣一郎 02/02/21 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp