日本人の起源(縄文・弥生・大和)
242652 日本語の起源をアルタイ語とするのは誤りではないか?
 
田野健 HP ( 50 兵庫 設計業 ) 10/12/23 AM03 【印刷用へ
金田一京助という著名な言語学の方が日本語の起源について著書で言及している。それをまとめたブログがあったので、そちらを紹介して金田一氏の論点について考察してみたい。
「日本語の起源」あやたろうさん〜リンクより抜粋させていただきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>金田一京助の日本語の起源に対する論拠は明快である。「日本語の起源は、原アルタイ語族ではないか」というものである。その根拠を説明する。

まず、日本語の典型的な文法は次のとおりである。

1.主語が先に来て、その後述語が続く。花咲く、鳥啼く、風吹く、などである。これは当たり前のようであるが、例えば中国語など場合により平気で主語が述語の後に来ることがある。
2.花見、月見、海行かば、のように、目的語、補語が先に来て、その後動詞が続く。英語を思い起こすと分かるように、他の言語でそうでないものはあまりに多い。
3.常世の長鳴鳥、のように修飾する語が、修飾される語の前に来る。casa blanca(白い家)、Khmer Rouge(赤いクメール)など、修飾する語が後に来る言語は少なくない。あ、流石に、クメール・ルージュは適切でなかったかも。
4.花が、花を、花に、花の、など助詞が体言の下にくっつき、二重にも三重にも延びていく構造をもつ。

これらは全て、紛うことなき、アルタイ語族の特徴である。アルタイ語族には、朝鮮語、モンゴル語、トルコ語などがある。

それでは日本語を、朝鮮語、モンゴル語、トルコ語の直系と位置づけたいところであるが、すると次のような困難に遭遇する。

1.先ず、日本語の母音調和が、原始的すぎるということがある。他のウラル・アルタイ語族では、ここまで素朴ではない。
2.また、基礎単語がほとんど一致していないということがある。例えば、朝鮮語の文章を日本語に翻訳すると、語順はそのままにして単語だけ置き換えれば、ほとんどの場合間に合う。しかし、狭い海峡を隔てて対峙している国同士なのに、基礎単語があまりにも違う。例えば、雨は、朝鮮語で、ピである。雪は、ヌンである。犬がケー。はっきり、似てない。一致する多くの単語は、ほとんどが日本語からの借用である。パンシンパンギ→半信半疑、など。網羅していないが、モンゴル語やトルコ語では、もっと違うだろう。

すると、文法の一致と、基礎単語の乖離から、日本語を、原アルタイ語からの継承と理解することが妥当となる。そうして文法の枠組みをみた上で、南方のポリネシア、インドネシア、インドのドラヴィダ語、あるいは、大野晋が主張したタミール語あたりが基礎単語に与えた影響を考えればいいのではないか。

尚、私の推測であるが、縄文人が話していた原日本語は、既に原アルタイ語を祖語とするものではなかったかと思われる。では、原アルタイ語系である原日本語は、この日本の地で生まれ育まれたのかと考えると、それは分からない。ひとつのヒントは、アイヌ語の存在がある。アイヌ語の権威でもある金田一京助氏によれぱ、アイヌ語は文法的にも日本語とは全く別系統だそうである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
金田一氏の主張は文法がアルタイ語系でありながら隣接する現在のアルタイ諸語(朝鮮語、モンゴル語等)と異なるのは日本が原アルタイ語で隣接国がその後、変化したからであるとしている。
これは金田一氏が言語は文法が先天的で、語彙は後天的でかつ変化が容易であるという自説を論拠にしている。しかし果たしてそうであろうか?

むしろ、歴史的には支配者ー被支配者の関係の中で文法は変わるが言語は温存されるというのが通説でそのような言語変化をクレオール語と呼んで一般化されている。語彙(=単語)とは、ある対象物をどのように表現するかという事であり、長い年月を掛けてその地域の人々が培った共認そのものでもある。早くから植民地化されたインドでさえ、英語を話したのは支配されたからではなく、イギリス人と交易や交渉や仕事をする為であったという話を聞いた事もある。それは支配者が文法を変えることは容易だが、単語を全て変えることは不可能に近いからである。

さらに支配の手が及ばなかった北海道のアイヌ語が日本語と語彙は同じで文法が異なるという点からも文法が後天的に日本語に作用している事が伺える。言語学という学問がどちらを基層にしているかまでは調べていないが、私は語彙が基層で文法は塗り重ねだと思う。
 
  List
  この記事は 184223 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_242652
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
312322 日本語成立の過程〜日本語は混合言語である 田野健 16/02/15 AM01
日本人の起源を探る10 〜学問という壁〜 「共同体社会と人類婚姻史」 11/05/28 AM09
248485 日本人の源流とアイヌ 【その2】 火中の栗 11/04/02 AM01
248482 日本人の源流とアイヌ 【その1】 火中の栗 11/04/02 AM01
244793 ある言語が分裂したのではなく、色々な言語が流入・統合していったのが日本語(1) 佐藤晴彦 11/01/29 AM09
242960 「日本語と琉球語」「日本語と朝鮮語」 新聞会 10/12/28 AM02
242731 原生人類の祖先が、3万年前に絶滅したデニソワ人と交雑していた? 蘆原健吾 10/12/24 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp