私権原理から共認原理への大転換
242363 小さな街の電気屋が生き残っている理由
 
mosimobox ( 20代 四次元ポケット ) 10/12/17 PM10 【印刷用へ
豊かさを実現した現代、家電量販店が安さで鎬を削る一方で、完全に価格競争で負けている街の電気屋がなぜ未だに生き残っているのか?

その答えにいかに生産様式が工業生産から意識生産へ移行しているか、量販店ではなく街の電気屋だからできる共認ネットワークの重要性、そしてそれをみんなが評価してそこにお金を払うことの意味が分かる記事がありましたので紹介します。

意識生産の時代に勝つというのは、儲けるということではなく、正に評価を勝ち取る、そしてその評価の形としてお金が入ってくる(利益を上げる)のだということを実感しました。

打倒ヨドバシ、ヤマダ!小さな街の電気屋さんが勝つ方法とは?でんかのヤマグチ−ルビコンの決断
リンクより引用します。

***以下引用***

6月17日放送のテレビ東京「ルビコンの決断」は、家電戦争!驚きの高値売り 仰天サービスで量販店に挑んだ電器店

1996年3月。
東京・町田市ある電気店『でんかのヤマグチ』。

社長の山口 勉(やまぐち つとむ・当時56歳)と妻で経理担当の雅江。
昭和45年の開店以来、訪問販売に力を入れ、町の電気屋さんとして愛されてきました。

その当時の売上高 約16億円、従業員45人、とバブル崩壊後の消費低迷を何とかしのいでいた。

しかし都心部で急速にシェアを伸ばしてきたヨドバシカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店は、郊外の住宅地に大型店を展開。

人口が35万人を突破し、ベッドタウンとして発展した町田市にも家電量販店が相次いで進出。
町田を舞台に家電戦争が勃発していたのです。

圧倒的な安さ、大変な衝撃が『でんかのヤマグチ』に襲いかかり、社長の山口は思わずその苛立(いらだ)ちをメーカーの担当者にぶつける。
「うちわね、今まで誇りを持って売ってきたんだよ!
あんた達メーカーさんの言う、卸値(おろしね)で仕入れてきたんだ。
同じ卸値で(量販店の)この値段で売れるわけないじゃないか!」

なぜ量販店は価格を安く出来るのでしょうか?

その秘密は仕入れにありました。

量販店はメーカーから1,000台、2,000台と大量に仕入れているため大幅な値引きを受けています。

そして返品しない、在庫を大量にかかえる、というメーカーからすれば非常に助かることをしてくれるので、ある程度まとまった現金がキャッシュバックされているのです。

それらを商品の価格に還元=割り引きをすることで安く売っても利益を得ることが出来るのです。

公正取引委員会の調べによると、家電の仕入れ価格が量販店を100とした場合、街の電気店は103〜115。(2008年12月)

小さな会社が安さで勝負すると圧倒的に不利です。
さて、山口社長には打つ手があるのでしょうか?

1996年6月。
『でんかのヤマグチ』の売り上げが、前の年に比べて明らかに落ちていた。
売り上げが30%も落ちてしまうと、社員の給料が支払えなくなってしまう。
そして結果的に1996年度の売上高はマイナス2億円の14億円。

量販店の進出で売り上げが減り、赤字が続き、資金繰りに苦しんでいた山口。
さらに赤字が続けば銀行からの融資も受けられなくなる。
山口はどうしていいかわからなかった。

そして山口は決断します。
社員を集め、今後の『でんかのヤマグチ』は粗利率を以前の25%から35%増やすことを宣言。戸惑う社員たち…

粗利とは、単なる商品売買であれば売価と仕入原価の差額のこと。
粗利率の計算式は 粗利率(%)=売上総利益 ÷ 売上高 × 100

当然、量販店が安売りしているのになぜ『でんかのヤマグチ』で高いものを売るのか?という社員の声もありますが、山口は言います。

「量販店と同じことをやってもダメなんだ。それもみんなもわかっているよな。
量販店には出来ないサービスということだ。
困っているお客さんがいたら、すぐに飛んでいく。
高い値段で買ってもらっても、納得してもらうようなサービスをするんだよ。
これからのノルマは売り上げではなく、利益を第一とする。」

『でんかのヤマグチ』前代未聞の挑戦が始まった。
社員たちは懸命に営業に回った。しかし高いものがすぐ簡単に売れるはずがなかった。

そんなある日、社員の一人が10件回るつもりが2件しか回れなかったこと報告します。
実は病院に連れていたったり、スーパーでの買い物を手伝ったりと、おばあちゃんの御用聞きになったことでテレビを買っていただい話しを山口は耳にします。

そして山口が考えた作戦とは、
・お客様が喜ぶことは何でもやる
・3万4000世帯の顧客を1万2000世帯に搾る(その代わり3倍のサービスを目指す)
・顧客の情報をデータ化し、社員全員が閲覧できるようにする。(家族構成、購入履歴、趣味など)
・地域ごとに担当者を決めて、すぐに訪問できるように体制を整理。
・購入時期や金額などで顧客をグループ分けし、訪問する回数を決定。

山口は社員に伝えます。
「我々が目指すのは究極の御用聞きだよ!」

社員たちは本業以外のことを何でもやった。
留守の間の犬のエサやりや散歩、スーパーへの買い物、部屋の模様替えなど、ありとあらゆる作業をやった。
しかし、ちゃっかり顧客の家の家電情報も収集してたのです。

それから7年後、目標だった粗利率35%を達成。
13期連続の黒字をはじき出し、今も快進撃を続けています。

そんな山口とお客さんとの結びつきを象徴するエピソードがあります。
お客さんの一人が亡くなられて行ったお通夜でのこと。
亡くなられたご主人の妻が山口に遺言を受けていたのです。

「山口さんは何でもやってくれるから、困ったら山口さんに頼めって。
頼れるのは遠い親戚よりも、近い山口だから、と。
これからもよろしくお願いいたします」
涙きながら話す奥さんに山口は言います。

「何かあったらいつでも電話してください。やまぐちはすぐ、飛んで行きますから。」
山口社長の想いが実った瞬間でした。

***以上引用終わり***
 
  List
  この記事は 196961 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_242363
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
296184 地域に根ざした電気屋さんが、まちを活性化する 橋本宏 14/10/04 PM07
274021 『お部屋の中までお運びしましょうか?』から始まった、地域物流という新業態 rino 13/03/25 PM00
これからの充足のカタチ(2)〜小さな街の電気屋が生き残っている理由 「感謝の心を育むには」 12/12/21 AM10
244558 あえて非効率なやり方でCSをアップさせる“あおき”流マーケティング! mosimobox 11/01/24 PM03
243955 良心の樽 mosimobox 11/01/14 AM02
243342 ウチの近くの小さな街の電気屋さんは・・・ いっしょけんめい 11/01/03 AM07
243108 人と人との触れ合いから生まれる感動は低減しない みのり 10/12/29 PM10
242411 こんな店、あったらいいな しまりん 10/12/18 PM10
242402 上司・部下をニックネームで呼び合う企業が急増中☆ 匿名希望 10/12/18 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp