実現論を塗り重ねてゆく
241773 印欧語族同士の争闘に負けた一派が、エーゲ海へ?!
 
いいじゃん☆ ( どの図書館に行こうかな♪ ) 10/12/05 PM09 【印刷用へ
5000年前頃に、メソポタミアの北に移動してきたルウィ族(印欧語族)のうち、ヒッタイト族(印欧語族)との争闘に負け、追われた一派がエーゲ海に達して植民活動を行ったという見解が、言語的には成り立つようです。

以下『ナルキッソス(リンク)』より引用

**********************************************

まず〔印欧11語族の中で最も早く移動を開始した〕ルウィ族が、南口シアから黒海東岸のクバン地方、次いでカウカスス山脈の西部の峠を越えて、おそらく前三千年紀の終りごろ、メソポタミアの文明世界の北の果てに姿を現わした。まっすぐに南に下ることは、そこにいるフルリ人、またその南のアッシリア人の抵抗が許さなかったので、抵抗の少ない西南方向に向かい、この半島の第一の大河キズィル河の流域の原住民ハッティ族を征服した。そしてその間、すでに古くからメソポタミアの都市文明の影響を強く受けて開化されていたフルリ民族から多くの文化的影響を被った。

 ところでルウィ族のあとには、これとはごく近い関係にある同じ印欧系のヒッタイト族が控えていた。そして跡を迫って同じ道を迫って、キズィル河の流域に迫ってきた。ヒッタイト族とルウィ族との間には、争闘があったであろう。そして最後の勝利者となったヒッタイト族がやがてハッティ王国を建てることになる。

 さてルウィ族は、追われてタウルス山脈沿いに移動して行き、やがてエーゲ海に達して、半島の西南部にアルツァワ国を建てることになるが、しかし敗者ルウィ族の全人口が西南へ移動してしまったわけではない。相当数の者がキズィル河の流域にとどまって、原住民のハッティ族とともにヒッタイト族の支配に服した。象形文字の言語は、ヒッタイト王国の庶民層を形成したこのルウィ族残留民の言語であったのである。

 さてルウィ族は、西南の海岸に国を建てたにとどまらず、さらに海に出て、エーゲ海の島々やギリシア本土にも活発な植民活動を行なった。その痕跡こそ、エーゲ海域のいたる所に見出される-ss-、-nth-の接尾辞を含む地名である。そしてそれらのルウィ人は、やがて、バルカン半島を南下してきたギリシア人と接触を持つことになる。クレタ線文字Bの解読の結果読めるようになったクノーソス文書やミュケナイ文書の中には、明らかにルウィ語またはリユキア語風の人名が認められるのである。

**********************************************
 
  List
  この記事は 241484 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_241773
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp