実現論を塗り重ねてゆく
241488 11/28なんでや劇場(5) インドの部族移動の歴史と中国の部族の追求課題
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 10/11/30 PM02 【印刷用へ
●インドの部族移動の歴史
3500年前 それまでイラン高原のステップ地帯にいたイラン−インド人が寒冷化・乾燥化に伴って、イラン高原南西部に侵入したのがペルシア人、インドに侵入したのがアーリア人。

インドの原住民は、インドに住み続けた原モンゴロイドorスンダランドから来た南方モンゴロイドのいずれかだろう。インドでは、1000年前にできた性の奥義書「カーマスードラ」や男女和合の彫刻が全面に施された神殿をはじめとして、性に対して極めて寛容(大らか)である。この性に対する大らかさはアーリア人にはないはずで、インド原住民の特徴だと考えられる。ということは、インド原住民は母系集団婚の部族であるが、これは原モンゴロイドにも南方モンゴロイドにも当てはまる。

そこにドラヴィダ人がインダス文明をつくった。南方モンゴロイドor原モンゴロイドとシュメール人が混血したのがドラヴィダ人である。シュメール人は原白人と混血しているとは言え黒人の血が濃いので、今も南インドには肌が黒いインド人が多くいる。

また、言語学的にもシュメール語とドラヴィダ語は近い関係にある。
何より、メソポタミア(シュメール)とインダスは陸海の交易路で結ばれていた。インダス文明は交易文明だといえるほど交易が盛んであった。

では、なぜシュメールがわざわざ遠方のインダスまで行ったのか?その動機は?

インドとの交易事業は大事業であり、シュメール都市国家の国家事業である。都市国家における食み出し者が抜け道としてできるような簡単な事業ではない。そこにイランの遊牧部族→商業部族(エラム人)が目をつけ、シュメールとインダスを仲介した。それがシュメール−インダス交易の始まりである。ところが、当時シュメールはセム系遊牧部族の襲来に次ぐ襲来で都市国家財政が窮乏していた。一方、当時のインダスは豊かであった。そこでメソポタミアに見切りをつけた一部のシュメール人が豊かなインドに可能性を求めて向かったのであろう。

☆このインダス文明も3800年前に消滅する。なぜ突然、消滅したのか?

●次回は中国の部族移動を検討する。それまでに検討課題・調査課題を次に挙げる。

☆ここでも、商業部族が微妙な役割を演じている。夏や殷は「商」と称していた。商業部族は、遊牧部族と掠奪部族の中間にあるが、遊牧部族が商業部族になったのか?or掠奪部族が商業部族に転じたのか?

夏をつくったのはモンゴロイドの一派であるチベット族らしいが、彼らは商売性や掠奪性をどの程度、身につけていたのか? インダスと近いことから考えて、商売が儲かることはわかっていたはずだが。

☆チベット族・モンゴル族・ツングース族の分布は?
龍山文化・夏・殷・周はどの部族がつくったのか?

その後、優勢なのはチベット族で→モンゴル族→ツングース族(ex.高句麗)は東方に追いやられている。これは、セム族・ハム族が掠奪闘争を繰り広げていたのが中東であり、そこに地理的に一番近かったチベット族が最も強く闘争圧力を受けていたので強力になったからであろう。

☆トルコ系遊牧部族が登場するが、この出自は?北方モンゴロイドか?チベット族とは違うのか?

☆日本との関係で重要なのは、遣隋使・遣唐使を送った隋や唐だが、隋も唐も漢民族の国ではなく、ツングース族の鮮卑がつくった国家である。なぜ彼らが中原を制覇することができたのか?

資料「古代の部族移動の変遷(8200年前〜3000年前)図解」 リンク
 
  List
  この記事は 241485 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_241488
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
249136 【中国】華僑が世界中に広がっている 西田香織 11/04/09 PM11
244220 インドの言語 JUST-IDEA 11/01/18 PM00
243336 長江文明の担い手からチベット系の東進を想像してみる ET 11/01/03 AM01
中国の部族移動の歴史1 〜プロローグ〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/12/11 AM07
241969 インダス文明消滅の原因 松本光一 10/12/10 AM00
241943 遺伝子分析から見た北方モンゴロイドの拡散 ET 10/12/09 PM01
241928 インダスとシュメールの関係は交易関係ではないのではないか? 田野健 10/12/09 AM00
241896 重箱の隅をつつく指摘ですが...夏はチベット族? 松本光一 10/12/08 AM00
241813 メソポタミアの交易の必然性 田野健 10/12/06 PM02
241791 鮮卑が中原を制覇することができたのは?(1) Rivet16 10/12/06 AM01
11/28なんでや劇場(5) インドの部族移動の歴史と中国の部族の追求課題 「日本を守るのに右も左もない」 10/12/02 PM09
241582 商業文明発の古代中国王朝@〜皇帝を頂点とする一大商業組織 ET 10/12/02 PM00
241534 シュメール人の進出は、彼らの農業とも関係アリ?? パンちゃん 10/12/01 PM04
241504 歴史について気付きました!! 長井雅貴 10/11/30 PM10
241490 11/28なんでや劇場を通じて顕在化した追求課題 小西良明 10/11/30 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp