戦争の起源
241485 11/28なんでや劇場(4) 戦争の起源
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 10/11/30 PM00 【印刷用へ
●戦争の起源
では、戦争はいつ、どこで始まったのか?

5500年前のシュメールで城壁都市ができているということは、それ以前から戦争が始まっているということ。従って、戦争が始まったのは、5700年前(原白人の第二次南下)〜5500年前(城壁都市)の間のどこかであろう。

では、どこで始まったのか?
原白人orセム族がシュメールを襲った。あるいは、ハム族がエジプトに、セム族が小アジア・イラン高原に侵入する際も無抵抗で進んだはずはなく、原住部族を蹴散らして進んだ。いずれにしても、中東の各所で同時的に戦争が始まったと考えられる。

そして、戦争を仕掛けた主体はやはり遊牧部族であり、農耕部族とは考えにくい。∵農耕部族が敵を蹴散らしながら、中東の砂漠地帯を越えてエジプトに侵入したとは考えにくく、それができるのは遊牧部族しかない。

実際、シュメールを襲って滅亡させたのもセム系の遊牧部族である。餓えた遊牧部族がシュメールに次々と侵入し、いくら撃退しても侵入が続くものだから、ついにシュメールは力尽きて、セム系の遊牧部族に乗っ取られてしまう。また、このセム系の遊牧部族は元は母系集団であったが、戦争が始まると力の原理が優勢になり父権集団に転換(つまり母系の勇士婿入り婚から父権の一夫多妻婚へ移行)している。

戦争の原因として農業・牧畜・遊牧という生産様式によって人口が増えたからではないかという説が提示されたが、それだけではなく、これらの生産様式によって生産力は上がったが、その分適応力が下がったからだと考えるべきだろう。すなわち、それぞれの生産様式は(農業であれば灌漑といった)特殊技術を必要とするので、簡単に転換できなくなっている。従って、気候が変動すると、他部族を襲うしかなくなったのではないか。

あるいは、余剰生産力によって生まれた富の蓄積の遍在が原因で戦争が始まったという説も出たが、少なくとも5000年前までは余剰生産力は発生していない。∵生産力が上昇した分、人口が増えるだけだから。余剰生産力の分配に偏りが出るのは、戦争によって支配−被支配の関係になってからの話である。
 
  List
  この記事は 241484 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_241485
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
330607 考古学が解き明かす「人類史上、戦争はいつどのように始まったのか」 山上勝義 17/10/23 AM00
242833 なるほど!!! えみ☆ 10/12/25 PM10
242353 戦争の起源 断固 10/12/17 PM01
241756 “技術とはある限定された条件のなかでの適応力”という認識 麻丘東出 10/12/05 PM04
11/28なんでや劇場(4) 戦争の起源 「日本を守るのに右も左もない」 10/12/02 PM01
241488 11/28なんでや劇場(5) インドの部族移動の歴史と中国の部族の追求課題 冨田彰男 10/11/30 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp