古代社会
241484 11/28なんでや劇場(3) 山賊・海賊によってつくられたギリシア・ローマ
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 10/11/30 PM00 【印刷用へ
●3800年前の温暖化に伴って印欧語族が移動したのは何故?
これは単なる気候変動による移動ではなく、掠奪闘争による移動なのではないか?

寒冷化→飢餓による移動の場合は掠奪になるが、温暖期の人口増加などによる移動ではその部族にはまだ余裕があるので掠奪にはなりにくい。一方、山賊や海賊集団は気候とは無関係に発生する。
戦争で滅ぼされた部族の生き残りや逃亡奴隷たちが、共同体を破壊され憎悪と警戒心の塊となって他部族を襲うのが山賊集団等による掠奪闘争であり、それは気候変動とは無関係に起こるからである。

4200年前〜4000年前の寒冷期の移動は気候変動が主要因と考えられるが、3800年前以降の移動は掠奪が主目的ではないか。実際、3500年前の寒冷期においては、コーカサス一帯は元掠奪集団の部族or国家だらけとなる。そこで共同体規範を維持しているのは遊牧部族だけであり、それ以外は山賊上がりの連中が支配している。例えば、その後、ギリシア・ローマをつくったのも山賊と海賊集団である。

掠奪闘争→戦争の起源や国家の性格を考える場合、実際に戦争をしたかどうかに加えて、共同体規範を維持しているかという視点を以って、二元的に考える必要がある。例えば、遊牧部族は戦争はしているが共同体規範は残している。それに対して、山賊集団・海賊集団の出自は戦争で滅ぼされた部族の生き残りや逃亡奴隷であり、そこでは共同体もその規範も完全に破壊されてしまっている。この違いが、その後の社会統合の在り様に大きな違いを生むことになる。

●では、山賊集団がいつどのようにして登場したのか?
⇒戦争が常態化したからである。そうなれば必ず滅ぼされた部族や戦争捕虜→奴隷が登場し、滅亡部族の生き残りや逃亡奴隷が山賊集団と化す。

そして、戦争が常態化した分岐点が、4200年前、3800年前、3500年前の寒冷化・乾燥化の時期にあり、ここで何が起こったのか?詳細事実を解明することが私権時代の起源の解明において決定的に重要である。

☆例えば、4200年前〜4000年前に、ギリシアに侵入したイオニア人・アカイア人は気候変動による移動か?掠奪目的の移動か? そもそも歴史の教科書によって彼らがいつ頃ギリシアに入ったのか記述が違う。⇒彼らがいつ頃ギリシアに入ったのか? 山賊のような活動をしたのか?掠奪婚かどうか? これも調査課題。

●「白人文明はギリシア・ローマに起源を持つ、世界で最も優れた正しい文明である」というのは真っ赤な嘘である。ルネサンス期からこの捏造が始まっているが、彼らの祖先は野蛮な山賊・海賊なのであって、それを隠すためにギリシア・ローマを美化した上で、それが起源であると称しているにすぎない。

その捏造は今でも続いており、例えば、ヨーロッパの言語学者は印欧語の起源をできるだけ遡らせて、あたかも白人文明には歴史と由緒があるかのように偽装しようとする。その一つが印欧語の起源が8000年前であるとする説だが、8000年前といえば寒冷化・乾燥化によって原白人が漸く黒海沿岸に移住してきた時期であり、そんな昔から印欧語があれば、セム語族やハム語族は生まれるはずがない(印欧語は原白人がセム語族・ハム語族に分かれた後にできた言語である)。

ギリシア・ローマを解明する上で重要なのは、彼らの出自が山賊・海賊集団であるという視点である。彼らの特殊性(自我の強さ、観念性の強さ・・・)も、彼らの出自が規範によって統合された真っ当な部族であると考えれば説明がつかないが、彼らが山賊・海賊であると考えれば一直線に繋がる。

例えば、遊牧部族であれ山賊集団であれ、同類闘争上の競合相手が存在する限り、集団自我は発生し戦争にもなる。しかし、遊牧部族には西洋人のような観念性や思弁性は登場しない。西洋人は共同体を喪失してしまったが故に、集団や社会を規範では統合できない。従って、観念によって統合するしかないが故にギリシャの詭弁家たちに象徴されるような思弁性が強くなったのである。

また、山賊(泥棒)集団を統合するには利益共認しかない。利益の山分けを求めて、逃亡奴隷や滅亡部族の生き残りが集まる。彼らを統合するには「戦利品は平等に分配する」という約束事=契約が不可欠である。実際、スパルタでは戦利品である土地は均等に分配されていた。これが現代に繋がる西洋人の平等観念の原点である。また、西洋人の一対婚の起源も掠奪婚発の一対婚(戦利品である女の平等な分配)にあると見て間違いない。
 
  List
  この記事は 241479 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_241484
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
243398 白人はなぜ自我が強いのか?(仮説) 匿名希望 11/01/04 AM01
243079 負け組の勝ち残り? 島田早季 10/12/29 PM08
242177 収穫より略奪のほうが効率的という考え方 三上香緒里 10/12/14 AM00
241777 ギリシャ人の地中海進出 年表 たっぴ 10/12/05 PM10
241776 古典期ギリシャの方言分布からみる古代ギリシア人の移動 たっぴ 10/12/05 PM10
241773 印欧語族同士の争闘に負けた一派が、エーゲ海へ?! いいじゃん☆ 10/12/05 PM09
241768 3600年前、寒冷化による略奪行為の発生 西田香織 10/12/05 PM08
241766 「3600年前の寒冷化。火山噴火が原因?」 西田香織 10/12/05 PM08
241729 北方印欧族の南下とその影響 ヒヨコ丸 10/12/04 PM11
現在、世界の婚姻形態は、どう成っているのでしょう?Vol.3 〜スウェーデン編〜 「共同体社会と人類婚姻史」 10/12/02 AM10
11/28なんでや劇場(3) 山賊・海賊によってつくられたギリシア・ローマ 「日本を守るのに右も左もない」 10/12/01 PM09
241485 11/28なんでや劇場(4) 戦争の起源 冨田彰男 10/11/30 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp