日本人と縄文体質
24101 村落共同体の自治の歴史
 
沼田竜一 ( 42 北海道 エンジニア ) 02/02/15 PM11 【印刷用へ
>→以上をまとめると、日本の伝統として、武士にしても農村にしても単位集団の自立性が高く、まとめるには何か天皇制神話のような、あるいは卑弥呼の呪術のような統合軸が必要だったのだと思います。

確かに日本では単位集団の自立性が高いという側面は感じられます。
ここで少し日本における農村・村落共同体の自立・自治の歴史を押さえておきたいと思います。

稲作は、紀元前4世紀頃から始まったと言われています。弥生前期の水田は、比較的大きな河川の下流部に発達した後背湿地や谷地の湿地に作られました。弥生後期になり、鉄器の普及に伴い、池溝の建設、開田を可能にさせ、かんがい文化を生み出しました。静岡県の登呂遺跡(AD100〜200年頃)は、その代表的な例です。このような稲作の進展によるかんがい施設の建設は、個々の労働力を組織的に使って行われました。やがて集落間に貧富の差が生じ支配関係が進行する中で、大きな集団への統合が進み、政治的に有力な集団(クニ)が整備され、次第に古代国家の形成を促しました(4世紀頃)。

我が国は、大化の改新(645年)によって唐の律令制度を基にした公地公民制を採用し、中央集権的な支配体制をつくり、古代国家を完成させることになります。いわゆる律令制といわれるものです。また、この後、農地と農業水利の整備・拡充が国家によって強力に進められ、今日にも残る条里制が確立しました(7〜8世紀頃)。なお、この時代の技術や制度は、条里制も含めて、ほとんどが大陸から輸入されたものでした。

国家は、開田を奨励するために「三世一身法(723年)」を定めましたが、私有期の終わりに近づくと荒田に戻されるということから「墾田永年私財法(743年)」によって、開田について永久私有を認めるようになり、公地公民制度が後退し、8世紀の後半には、荘園制として定着しました。

10世紀頃から荘園は大きく成長し、荘園内部で力を蓄積した豪族が新しい支配階級として台頭し、源頼朝は1192年に武家政治を確立しました。ここに、中世封建社会の幕が切って落とされたわけです。鎌倉幕府は、国ごとに守護を、荘園・公領ごとに地頭を配置したので、流域ごとの水利開発が進められていきました。このような水利開発の具体例としては、関東平野、木曽川、信濃川、加茂川等が挙げられます。室町時代に入ると、守護の力が増大し、荘園や公領を支配し守護大名化し、在地の土豪と主従関係を結びました。その後、応仁の乱(1467年)により、幕府は有名無実となり、荘園は武士に横領され、荘園制は事実上崩壊しました。いわゆる戦国期の到来です。その一方、村落共同体の自立化が進み、「惣(そう)」と呼ばれる村落自治組織が成立しました(14世紀頃)。このことは、農業水利末端網の管理組織の確立を意味しています。また、ほぼ同時に「入会い」も形成されています。

このように、領主による水田開発と、村落自治体による末端水利の管理、入会いによる肥料自給という日本型水田農業体系の原型が確立しました。

<入会い>
江戸時代以前、森林を所有している者はいませんでした――「所有権」はなく、あったのは、「利用権」だけです。そしてそれが、「入会――」一定地域の住民が一定の範囲の森林・原野に入って共同利用すること」という具体的な形になっていました。入会制度のもとでは、悪いことをすれば村八分になって、山を使えない。つまり木を伐ったり炭を焼いたり山菜をとったり、ということができなくなるわけで、これは、生活の基盤が失われることになります。そうした厳しい制裁を考えると、住民たちの山の使い方も節度のあるものだったでしょう。
明治以降、複雑に入り組んだ入会権の法律関係は林野の高度利用の妨げになる、という考えから所有の近代化が推進され、入会権は消滅の方向へと進んでいきます。
 
  List
  この記事は 23859 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24101
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
221243 村落共同体が持つ社会統合力の可能性 澤根和治 09/12/05 AM00
125040 条里制ってなに? Lucky 06/07/06 PM04
124754 基本的なことですが… 匿名希望 06/07/03 PM11
124705 共同体による財 匿名希望 06/07/03 PM06
106466 なぜ、政権は貴族(平安時代)から武士(鎌倉時代)に移っていったのか? 匿名希望 06/02/27 PM10
98561 「惣村」という自治組織(2) にっすぃ〜 05/10/05 PM11
98560 「惣村」という自治組織(1) にっすぃ〜 05/10/05 PM11
98319 農地改革が所有の意識と大地主を生み出した 積満也 05/10/01 PM11
24152 Re.村落共同体の自治の歴史 井上宏 02/02/16 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp