次代の活力源は?
240628 ビル・トッテン氏が親日になった理由
 
かつまた ( 28 神奈川 IT業 ) 10/11/11 PM05 【印刷用へ
ビル・トッテン氏のお話にはいつも「なるほど!」と感心させられるのですが、それとは別に前々からふとした疑問を抱いていました。
それは「なんでこの人、こんなに親日的なんだろう?」ということ。

それにまつわるエピソードを見付けたので転載します。

国際派日本人養成講座より引用(リンク

<以下引用文>
■3.日本では親から教わった考え方でうまくいく■

 トッテン氏が、「日本をここまで繁栄させ、安全で、健全で幸福
な国にした価値観や慣行」というのは何か。トッテン氏は69年に日
本に来て、次のように感じたという。

   日本人の考えていることは、私が小さいときから両親に教え
  られたことについてよく似ていたのである。

 氏の父親はカリフォルニアで小さなエンジンの修理会社を経営し
ていた。氏が父親から教わったのは、

   父の考え方は、お客さんはたいせつだ、会社の目的はお客の
  役に立つことだ、役に立てばその会社は利潤をあげることがで
  きる、というしごくまともなものだった。(中略)

   1969年に日本に来たときには、私が日本で、アメリカの会社
  で覚えた(利益中心で顧客の事を考えない、JOG注)ビジネス
  のやり方をしようとすればするほど取引はうまくいかず、自分
  流でやるとかえってうまくいくようなことが多かった。

   そんな試行錯誤の中で、ああ、この国でのやり方は、自分が
  親から教わったやり方と同じでいいのだとわかってから、だん
  だんこの国が好きになってきたのである。

 トッテン氏の会社が大きく伸びたのも、この親から教わった考え
に忠実に従ったからであると言う。

(中略)

■5.大金持ちになろうという野心がなくなった■

 「日本に来てこういう社会を知るようになってから、私はアメリ
カでの若い時代のように、うんと働いて大金持ちになろうという野
心がなくなった」という発言はきわめて興味深い。「こういう社
会」とは:

   いま、私の住んでいる町は、隣近所に大きな会社の役員が二
  人いて、この家にはときどき黒い車が迎えにきている。すぐ近
  くには、独身の学生さんとお巡りさんが住んでいる。日本の町
  には、会社の社長でも、サラリーマンでもお巡りさんでも、商
  店主でも学生でもみんな一緒に住んでいて、生活ぶりもそれほ
  ど極端にはかわらない。(中略)

   これが、もしアメリカだったら、私の住んでいるような町に
  は貧乏人しか住まないだろう。そして、たとえば、ビバリーヒ
  ルズのようなところには金持ちしか住んでいない。それが金持
  ちと貧乏人が画然と分かれた階層社会の特徴なのである。そし
  て、金持ち=経営者・株主が、貧乏人=社員・労働者を使い捨
  てにしている。こういう社会では、企業や経済を支える人的資
  源が育たないのが当然というものではないか。

■6.生活の幸福感とは■

 アメリカの都市は、安全で美しい高級住宅地、犯罪の多発するス
ラム街など、階級ごとに棲み分けされており、どこに住んでいるか
で、その人の社会的地位も推察できる。こういう社会であれば、若
者はとにかく金を貯めて、より高級な場所に住みたいと熱烈に願う。

 しかし、そうした富への欲求のあまりに、生活や仕事での真に大
切なものを見失ってしまう恐れがある。

   近所の小さな薬局は、大型スーパーなどにくらべるとたしか
  に値段は少々高いかもしれないけれど、家族の一員が夜中に熱
  を出したときなどに、トントンと戸を叩いてお願いすれば解熱
  剤を売ってくれる。小さな魚屋さんも、日ごろから顔なじみに
  していれば、こちらの好みの魚や注文品を市場で見つけてくれ
  る。電器屋さんにしても、テレビのアンテナがこわれたといえ
  ば、すぐに来て修理してくれる。(中略)
  
   多くのアメリカ人が日本に来て、町の小さな商店がたくさん
  あることにホッとするというのも、そういう町にこそ、本来の
  意味でのコミュニティーを見る思いがするからなのである。
  (中略)
  
   そういう人間関係の中にこそ、生活の幸福感のようなものが
  あるのだと信じている。

<引用終わり>

アメリカ生まれ、アメリカ育ちのトッテン氏が日本に強く惹かれたのは共同体としての意識が残る庶民の文化・風習に対してだったようです。

アメリカ人でも日本の商店街にホッとしたものを感じるというのは興味深いものを感じました。
 
  List
  この記事は 240474 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_240628
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp