現代意識潮流を探る
239621 10/17なんでや劇場(7) 現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 10/10/19 PM09 【印刷用へ
【6】現代〜近未来は?
ここまでの流れは、本能次元の秩序収束⇒共認(仲間・課題)収束⇒観念(認識)収束という流れであるが、これは本能機能⇒共認機能観念機能という人類の進化過程(実現過程)をそのままなぞっている。

このことは、現代〜近未来が実現の時代であることを示しており、社会期待として捉え返せば、実現期待の時代に入ったとも表現できるだろう。

では、共認収束⇒認識収束の時代に生き残ってゆくために必要なものは何か?

それは、共認充足と(それを母胎にした)実現である。

充足を生み出すには、相手に同化する必要がある。実現するためには、対象に同化する必要がある。つまり、今後必要とされるのは、対象に対する同化であり、同化能力こそが現代〜近未来の最終制覇力(実現力)であるということになるだろう。言い換えれば、観念力を鍛えるためにも、言語能力を磨くためにも、同化能力を鍛えるというのが最終回答になる。

同化能力の形成過程は3段階に分けられる。
@赤ん坊は、学習本能によって、トコトン真似る=同化することで吸収する。

A小学校〜高校では、観念力の基礎となる言語能力を鍛えるには徹底した暗誦・反復であり、その効果は実証済みである。ex.類塾の事例では、暗誦用テキストを毎晩15分反復した生徒は、半年で偏差値が20ポイント上昇した。

B問題はその先にある。5/30なんでや劇場「観念力を鍛えるには?」で最後に提起した問題は「現在は旧観念に代わる新理論が求められる時代だが、新理論の創出にはどのような能力が必要とされるのか?」である。では、新しい認識はどのようにして出てくるのか?リンク

まず興味or疑問をもって対象に同化すること。その際、蓄積されてきた事実認識群が同化する手掛かりになる。

例えば、今日の事例で言えば、部族連合の時代はどういう時代か?を、今日は「その時代の社会期待は何なのか?」という問題意識をもって、これまで蓄積された事実認識群を総動員してその時代に同化してみた。そのようにして対象に同化すれば、何らかの新しい認識が生み出される。

従って、対象に同化しさえすれば新しい認識が付け加わることによって、より正しく状況が掴め、もって事実を追求すること(原因を追求すること)が可能になる。

新しい認識の創出は超難問というイメージを抱く人が多いが、問題意識を元に対象に同化しさえすれば、誰でも新しい認識を生み出すことはできる。

問題は、この思考パラダイムに転換できるかどうか?

古代宗教や近代思想はこれと逆のパラダイムにある。そこでは初めから答えは決まっており、「神」も「人権」も最終回答である。実際、古代宗教や近代思想が提示する観念群は、それが登場した時から全く進化していない。

だから、そのような言葉を発した途端に誰もが思考停止に陥ってしまう。実際、現在の学者たちも何も生み出していない。それは、彼らが観念信仰に囚われているからである。つきつめれば、彼ら御用学者が振りかざす観念群は彼らの飯の種であり、つまるところ彼らは己の私益のために追求しているからである。

それに対して、対象に同化しさえすれば、素人でも新しい認識群を生み出すことができる。そこで重要なことは、我々は対象に同化するために追求するのであって、私益のために追求するのではないということである。

また、古代宗教や近代思想は価値観念であるが、同化することによって獲得される認識は事実の認識群である。そこには善悪などの価値判断は入っていない。認識収束の時代において、価値観念では万人が共認することはできない。ex.仏教徒とキリスト教徒が同じ観念を共認することはできない。事実だからこそ万人が認識を共認できる。だからこそ、その認識が統合原理となり、万人が紡ぎ出す事実認識の体系が、次代の社会統合の核となるのである。
 
  List
  この記事は 239620 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_239621
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
272014 現代科学認識の不完全さと、それに替わる「万人が紡ぎ出す事実認識の体系」の必要性 斎藤幸雄 13/01/07 PM07
262966 的確な状況認識を得るには、普段から仲間の輪に加わっていること。 匿名希望 12/04/13 AM01
262556 現実場面での具体課題の追求を通じて、新しい認識は生まれていく 小暮 勇午 12/03/29 PM01
257794 改めて、同化。 山田純子 11/10/18 PM00
257670 意識するのは正確さよりも同化。同化すれば正確に伝わる 喜田育樹 11/10/14 AM10
254802 赤ちゃんの同化能力☆ momokun 11/07/26 PM05
254726 新たな答えは歴史探索から始めよう♪ 福島寛樹 11/07/23 PM10
252629 当事者意識こそが同化能力を高める 松岡隆 11/06/07 AM01
243754 素直に聞けば、すぐ分かる。 とも 11/01/10 PM01
社会共認の歴史(7)〜現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す 「感謝の心を育むには」 11/01/06 AM02
「共同体の時代」 共同体の時代に必要とされる能力とは 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/12/26 AM01
家庭の教育と社員(共同体)教育は同じ?!(9) 〜“会社の中に家族がある”って本当?! 「感謝の心を育むには」 10/12/21 PM08
共同体の原基構造8〜これからは共同体の時代〜 「共同体社会と人類婚姻史」 10/11/16 PM11
240770 同化は、みんなのため。そして同化は、みんなで。 宮谷和枝 10/11/15 AM00
240677 女達の充足期待を母胎として、男達への実現期待が今後急速に高まる。 たっぴ 10/11/12 PM10
特権階級の空中浮遊とはどういうことなのか?(7)〜「報道の自由」を盾に、「国民の知る権利」をいいように踏みにじる報道行為は許されない!〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/11/04 AM02
240255 活力を上げた者が勝つ=同化し充足を得られた者が勝つ!! 竹田翔 10/11/03 AM07
240246 対象に興味関心を持つと言う事 狒狒 10/11/03 AM01
240166 規範や自分観念への拘りが同化への壁 Rivet16 10/11/01 AM00
240156 同化することは、自分から解き放たれて自由に思考すること 野田雄二 10/10/31 PM10
【メルマガるい414】 ◆◇ これからは事実の共認 ◆◇ より 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/10/30 AM02
240043 RE:現代〜近未来 対象への同化の可能性 岸良造 10/10/29 PM04
240012 実は大抵の現代人が「試験的思考」に陥っている 小西良明 10/10/28 PM09
239987 まずは充足の場を作る。次に統合し、実現に向けて動き出す 小暮 勇午 10/10/28 AM10
239927 日本人は同化が得意 うち 10/10/26 PM09
今後の追求テーマ〜日本の外交⇒インド・イスラム・東南アジアへの同化⇒その歴史の再構成 「日本を守るのに右も左もない」 10/10/26 AM01
239860 なんで思考と同化 hosop 10/10/25 AM05
家庭の教育と社員(共同体)の教育って繋がってる?!(4)成長する=同化能力を向上させる! 「感謝の心を育むには」 10/10/23 PM10
239769 無意識にすり込まれている わっと 10/10/23 AM08
10/17なんでや劇場(7) 現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を作り出す 「日本を守るのに右も左もない」 10/10/22 PM11
239725 パラダイム転換のイメージが具体的になった 匿名希望 10/10/22 AM02
239699 今成すべきこと、「同化」を意識していく! 田中一成 10/10/21 PM03
239670 誰でも新しい答えを紡ぎだせる☆+゜ みのり 10/10/21 AM00
239668 緻密な事実の集積⇒シンプルな答え:同化能力とはこういうことか! One O'clock Jump 10/10/20 PM11
239667 トコトン同化するためには、対象に興味(or問題意識)をもつことが大前提 あさだっち 10/10/20 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp