国家の支配構造と私権原理
239607 10/17なんでや劇場(4) 西洋の自我収束⇒観念収束⇒唯一絶対神信仰
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 10/10/19 PM04 【印刷用へ
こうして考えてゆくと、世界的には西洋の方が特殊であることが浮かび上がる。

掠奪・皆殺しによって、共同体=共認の基盤が破壊され、あるのは自我だけであり、共認の中核である規範共認がほとんど失われている。そこでは集団や社会を統合するには観念機能に依拠するしかない。

日本人・中国人・インド人・イスラム人が共認収束⇒規範収束したのに対して、西洋人は自我収束⇒観念収束⇒唯一絶対神に収束したのである。この唯一絶対神は、現実の富の拡大や私権意識を捨象した奇麗事の結晶物である。このように、現実共認と宗教共認の分裂(二元化)は西洋の特徴なのである。

ローマ帝国はキリスト教を国家に組み込むことによって統合を図ったが、中世末には教会権力が皇帝権力を上回る羽目になった。その経緯は以下。

近世欧州の特殊性をまとめると、
1.皆殺し→全て敵⇒架空観念に収束するが、正邪の羅針盤を喪失しているので『騙せば官軍』の世界に。

2.この力の原理に立脚する「騙せば勝ち」の構造を見抜き、それを布教戦略として成功したのがキリスト教。

3.欧州では中世〜近世、教会が国家・国王をも上回る共認権力(→財力)を確立(アジアには無い構造)。

4.金貸しにとって絶対権力たる教会(法王etc.)は絶好の買収対象となり、教会の後ろ盾を得てベネチア・スイスetc.商業国家の独立、あるいは対イスラム十字軍遠征etc.次々と金貸しの思惑通りに事が進んでいく。

5.200年以上に亘る十字軍遠征により、富の大半を領有する貴族や騎士の大半が交易に関わり、商人(投機)貴族化した。その商業(私益収束)の拠点として、ベネチアetc.商業国家で金貸しに都合の良い法制・芸術・思想が生み出された。

【4】近代市場社会
武力支配時代までの、自然圧力×同類闘争圧力×身分支配圧力という三重の圧力からの脱出口として、市場が拡大してゆく。

社会期待として捉え返せば、国家レベルでは富国強兵共認に収束し、大衆的にも豊かさ期待に収束している。富国強兵と豊かさは一直線に繋がるが故に、社会は現実共認一色になっていった。そこでは現実の豊かさを求める共認が強いので、非現実の宗教は廃れてゆく。それに代わって、金貸し主導で、自我私権⇒市場拡大を正当化する近代思想が登場し、学校教育やマスコミによって人々に植え付けられてゆく。(西洋に遅れて東洋も、豊かさ期待と近代思想に染まってゆく流れは全世界普遍的。)

西洋近代思想にはもう一つの特徴がある。
原始時代には精霊信仰に、部族連合時代には守護神信仰に万人が強く収束していた。武力支配時代も、東洋やイスラムでは万人が強く規範に収束していた。
ところが、近代では近代思想を信じているのは知識階級だけである。庶民は近代思想を知らなくても生きている。

つまり、市場社会固有の問題として、庶民は近代思想へ先端収束しているわけではないということ。これが武力支配時代までの社会共認との違い。

では、宗教共認はどうなったのか? 不要になったのか?
⇒富国強兵共認・豊かさ期待・近代思想だけで、人々は充たされるのか?

共認非充足がなくなったわけではない。
武力支配時代までは宗教が共認非充足を処理する受け皿になっていたが、近代以降、宗教共認は廃れる一方である。
近代において共認非充足はどのようにor何によって処理されたのか?
 
  List
  この記事は 239606 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_239607
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
253916 市場拡大のワケ☆ momokun 11/07/03 PM05
253876 武力支配時代と近代市場での宗教の使われ方 足立景 11/07/02 PM10
253874 永世固定の身分制度の消滅? お金によって這い上がる人々!! 冨田遼 11/07/02 PM09
253506 「特殊な西洋=世界のスタンダード」はおかしい! 福島寛樹 11/06/25 PM10
245156 『異相のヨーロッパ』、自我収束⇒正当化・騙しの観念収束 井上宏 11/02/04 PM03
10/17なんでや劇場(4)西洋の自我収束⇒観念収束⇒唯一絶対神信仰 「感謝の心を育むには」 11/01/03 PM03
社会期待の歴史(4)〜西洋の自我収束⇒観念収束⇒唯一絶対神信仰〜 「地球と気象・地震を考える」 11/01/02 AM03
古代ヨーロッパ:気候変動による民族大移動→女原理から男原理へ→略奪から観念収束→欺瞞観念による都市国家→滅亡へ 「共同体社会と人類婚姻史」 10/12/29 AM02
241880 宗教は誰のため?何のため? SHOW 10/12/07 PM08
241166 西洋から東洋に文明を転換させられる位置に日本はいる@ 猛獣王S 10/11/24 PM00
239935 ユダヤ人、タルムードの極端な選民意識 レオンロザ 10/10/27 AM01
10/17なんでや劇場(4) 西洋の自我収束⇒観念収束⇒唯一絶対神信仰 「日本を守るのに右も左もない」 10/10/20 PM03
239615 10/17なんでや劇場(5) 市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没 冨田彰男 10/10/19 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp