国家の支配構造と私権原理
239606 10/17なんでや劇場(3) 武力時代の東洋の共同体質⇒秩序収束⇒規範収束
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 10/10/19 PM04 【印刷用へ
しかし、イスラムでは王はいないし、インドでは王がいるが形式上は神官の方が上である。(また、身分序列が確立しているからと言って、必ずしもキリスト教のような一神教になるわけではない。日本然り、インド然り。インドのバラモン教でも、シバ神などの部族連合時代の神々が生き残っている。)

イスラムとインドは何故こうなったのか? その共通項は?

ここで東洋と西洋の違いに触れておく。

6000〜5000年前、イラン高原において乾燥化を契機に、最初の略奪闘争(戦争)が起こり、それが玉突き的に伝播して武力支配国家が出来上がったわけだが、その伝播ルートは二つある。一つはメソポタミア・エジプト・アラブへというルート、もう一つは中央アジア〜モンゴル高原へというルート。イラン高原は急速に乾燥していったことにより、極めて深刻な食糧危機に陥り、そこでの略奪闘争は皆殺しが常態となったが、モンゴル高原はイラン高原ほど乾燥が激しくない。従って、ここでは掠奪闘争というより覇権闘争の色彩が強く、皆殺しも発生したが、それより支配・服属という形が主流になる。従って、勝者はもちろん服属した氏族も、氏族集団としての共同体性を強く残すことになる。

インドを征服したアーリア人も「我々は神である」と言ってインド先住民を支配したわけで、大して殺戮していない。だからインド人にも共同体体質が残っている。

また、イスラムはアラビア砂漠に逃げ込んだ遊牧部族(アラビア人)である。アラビア半島の大部分は砂漠という極限環境であったがために掠奪闘争にさらされず、遊牧部族の共同体集団が残存した。結果、アラビア半島の遊牧集団たちは、武力支配国家という段階を経ずに、いきなり市場の拡大圧力にさらされることになった=市場経済が中心的な食い扶持となった。

市場圧力は共同体を破壊する。つまり市場原理VS共認原理は決定的に対立する。そこで共同体原理に立脚して宗教集団の強力な規範で以って、市場原理の弊害を封鎖したのが、マホメットが創始したイスラム教である。だから、イスラム教では利息の禁止や喜捨が規定されている他、日常の生活規範までがコーランによって細かく定められているのである。

つまり、インドとイスラムの共通項は、共同体性の残存度が高いということ。イスラムは国家全体が宗教集団化し、インドは未だにバラモン教時代のカースト制度が残存している。

これは、観念収束ではなく、共同体に立脚した規範収束の結果である。

共同体性を最も色濃く残しているのは日本。実は日本人にとっては身分序列は居心地が良い。実際、縄文人たちも朝鮮からやってきた支配部族に対して抵抗せずに受け容れている。それは共同体体質故に、秩序収束⇒規範収束(身分序列や生活規範)が強いからである。日本人と同様にインド人もイスラム人も、規範秩序に守られているという感覚であって、だからこそ居心地が良いのである。(西洋人はそのことを批判するが、それは彼らが共同体性を失った自我民族だからに他ならない。)

日本人・中国人・インド人・イスラム人の精神構造は、共同体質故の秩序収束⇒規範収束である。(イスラム教は唯一神を掲げてはいるが、その実態は生活の隅々にまで及ぶ規範体系である。これは儒教もそうであるが、宗教と呼ぶべきなのか、大いに疑問である)

日本人は戦前まで村落共同体が残存しており、そこでの本源共認と規範としての身分序列によって統合されてきた。そこでは観念性はほとんど見られない。先に検討した、現実共認と宗教共認の分裂は実は、西洋固有の特徴なのではないか。実際、日本人・中国人・インド人・イスラム人の精神構造は、共同体基盤に立脚した規範統合と言うべきであって、全く分裂していない。

東洋では、庶民にとって必要なのは現実の秩序共認であって、支配者として王や天皇は存在しているが、それは庶民にとってはどうでもいい存在なのではないか。単に、収束した秩序の上の方に天皇がいる。その方が精神安定的で居心地が良いので奉っているだけなのではないだろうか。イスラムやインドの神官も同様で、庶民が収束した秩序の上の方に神官がいた方が安定的なので共認されているのではないか。

言い換えれば、日本人やインド人が、国家や天皇や官僚に期待しているのは、秩序さえ安定していればそれで良いということなのではないだろうか。社会期待としてとらえ返せば、日本人・東洋人・イスラム人は共同体体質を色濃く残存⇒安定期待⇒秩序収束⇒規範共認に収束して安定を求めるという構造である。

それに対して、救い期待に応えて一神教が登場したのは西洋特有の構造である。また、仏教も救い欠乏を土台にしており、それがインドにおいて仏教が根付かなかった理由であろう。
 
  List
  この記事は 239604 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_239606
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
脱グローバリズムの可能性をインドに探る〜カーストが近代思想や民主主義、市場原理に対する防波堤となっているのでは? 「日本を守るのに右も左もない」 14/08/10 AM02
253875 戦国時代の日本からも共同体性がうかがえる。 福島寛樹 11/07/02 PM10
253540 共同体意識は高いが社会意識は低い momokun 11/06/26 PM01
253504 共同体性を残す日本 冨田遼 11/06/25 PM09
253218 ドラえもんも究極状況に現れれば神様になれるのかも。。。 西谷明日希 11/06/18 PM10
253217 武力支配の時代の収束と統合 冨田遼 11/06/18 PM10
社会期待の歴史(3)〜武力時代の東洋の共同体体質⇒秩序収束⇒規範収束〜 「地球と気象・地震を考える」 11/01/02 AM01
241268 みんながつながれる課題を探しているのだと感じた。 匿名希望 10/11/26 PM09
241042 現代日本人にも通じる「現状の居心地がよい」という感覚 匿名希望 10/11/21 AM02
240670 けっこう根強い民族性 わっと 10/11/12 PM06
『ここがスゴイよ日本人!』二日目 〜ひもとけばすごいよ昔の日本人(後半)〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/10/31 AM00
シリーズ「日本人の“考える力”を考える」第9回〜中間整理〜同化能力こそ日本人の考える力 「縄文と古代文明を探求しよう!」 10/10/30 PM05
239973 中国は秩序収束も観念統合も出来ていないのではないか? 狒狒 10/10/27 PM11
239936 中国の奴隷制度の歴史1 土竜 10/10/27 AM02
239928 中国人の二重規範 大西敏博 10/10/26 PM11
239871 日本人は仏教に救いを求めたのか?? パンちゃん 10/10/25 PM01
239816 世界は勿論、日本人の心象をも抉る構造化に出会った 匿名希望 10/10/24 AM10
239795 日本人の大切にするものとは zakimatsu 10/10/23 PM10
239687 日本人の身分意識とは職能意識であり、社会から与えられた役割意識 田野健 10/10/21 AM08
239666 イスラムと神官 北村浩司 10/10/20 PM10
239657 日本で仏教が受け入れられたのは? 匿名希望 10/10/20 PM07
239656 インドのカーストは職能制度でもあった。 田野健 10/10/20 PM04
239638 東南アジア仏教国に救いは必要だったのか? 狒狒 10/10/20 AM07
10/17なんでや劇場(3) 武力時代の東洋の共同体質⇒秩序収束⇒規範収束 「日本を守るのに右も左もない」 10/10/20 AM00
239607 10/17なんでや劇場(4) 西洋の自我収束⇒観念収束⇒唯一絶対神信仰 冨田彰男 10/10/19 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp