性・家族・若者
239178 『感トレノート Selection Step2』、楽しみにしていました♪
 
ふぇりちゃん ( ニコニコどき 感謝・充足いっぱい☆ ) 10/10/10 AM09 【印刷用へ
ついに『感トレノート Selection Step2』ができ上がったんですね♪
いよいよ発売開始なんですね〜〜o(^^)o
みなさん、お忙しい中の製作活動、ありがとうございます☆

先日、製作途中の『感トレノート Selection Step2』を少〜〜しだけ読ませてもらいました。
すると、「みんな、すごい!!」という気づきが♪「みんな、今では普通に”できてる”やん!!」って。
『感トレノート Selection Step2』に掲載されている記事は今までの感トレや感トレノートで積み重ねてきたもの。
その当時、感トレノートに書かれた記事を読んだときは「わぁ、これすごい気づき〜♪みんなが知って、真似てできるようになったらすごいだろうな」と読むたびに感動していました。
それが今読み返してみると、そのときの気づきはすっかりみんなに身についている☆
あまり意識してきませんでしたが、感トレや女たちの繋がりを通して、み〜〜んな確実に成長してきているんですね(*^^*)
感トレノートや『感トレノート Selection Step1、2』は、そのみんなの成長・積み重ねの証でもある。
みんなと一緒に【女であること】に、さらに自信がつきました。
そして『感トレノート Selection Step2』は『『感トレノート Selection Step1』と同様に、多くの感トレノートの中からの厳選記事の集まり☆
きっと、『男と女のナイショ話』ブログリンクやるいネットのオススメ記事とリンクされているでしょうから、今後また読み進め&何度も読み返すことで気づきや充足・応望性がさらにUP↑↑ですね・:*:・゚☆


『感トレノート Selection Step2』が発売されると知ってから、何人かの友人に「いい本があるから、ぜひ読んでみて♪」って宣伝しています。
友人も、そしてもちろん露店のお客さんたちも充足したり可能性を見出したり、「私もやってみよう」と周りに感謝の種まきと応望の水やり(このフレーズ、素晴らしいですね♪)をやってくれれるようになればいいな☆

とりあえず・・・
今日露店に行けたら、早速姉へのプレゼントに1冊購入しようと想います。
わ〜〜、楽しみ☆☆☆
 
  List
  この記事は 239170 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_239178
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp