市場の支配構造
236953 EU共通の税制度導入を欧州委員会が提案〜世界中から欧州に税金を集める動き?
 
猛獣王S ( 不惑 東京 営業 ) 10/08/28 PM11 【印刷用へ
『欧州委、EU共通の税制度導入を提案へ=報道』(ロイター)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
欧州委員会のレヴァンドフスキ委員(予算・財政政策)は9日、フィナンシャル・タイムズ(FT)紙ドイツ語版に対し、欧州連合(EU)加盟国全体に共通する税制度を導入する提案を準備していることを明らかにした。

同委員によると、金融取引や二酸化炭素(CO2)排出量取引における排出権の入札などを対象としたEU全体の税制度の導入を検討している。

EUの総額1400億ユーロ(1860億ドル)の予算を統括する同委員は「取引税の導入で多大の税収が得られる可能性がある」と述べた。

ドイツの財務省報道官はレヴァンドフスキ委員の発言の報道を受け、「EU全体に共通の税制度の導入は、(独)政府の連立合意に矛盾する」と述べ、反対する立場を示した。

レヴァンドフスキ委員の報道官は、同委員が近く英仏伊の3カ国を訪れ、各国首脳とこの件に関して協議する予定であることを明らかにした。同報道官は、反対意見が出た場合は「意外に思う」としている。

欧州委員会が9月21日、もしくは同月28日に提出する予定の提案に、具体的にどのEUの歳入増を図るための措置が盛り込まれる可能性があるかとの問いに対しては、同報道官は、具体的な内容には触れなかった。
----------------------------------------------------------------

>EU圏内に共通の税制を作る。まずは金融取引や二酸化炭素の排出権取引からということですが、世界中から税金を集めるという動きです。いずれは消費税や所得税も統一され、ヨーロッパ母体の世界政府が徴収するということになるのでしょうか。

>ちなみに現在のヨーロッパ各国の税率は、以下のようです。
●イギリス 所得税50%・消費税17.5%
●ドイツ  所得税45%・消費税19%
●フランス 所得税41%・消費税19.6%
●ギリシャ 所得税40%・消費税23%
●スペイン 所得税45%・消費税16%
●ポルトガル所得税42%・消費税20%
●スウェーデン所得税55%・消費税25%
●ノルウェー 所得税54.3%・消費税25%
●オランダ 所得税52%・消費税19%
●デンマーク所得税58%・消費税25%
●フィンランド 所得税53%・消費税22%

>ちなみに日本の所得税の最高税率は現在40%
所得税の最高税率は1986年までは70%、いったん37%まで下がり、2007年以降は40%

>消費税は5% 日本もアメリカもヨーロッパに比べて消費税が低いという論調で上げるのは、社会保障がヨーロッパほど整っていない日米でやれば、さらなる景気の悪化しか導きません。しかし、国際銀行家はそれが目的なので、金融引き締め政策など、あらゆる手で景気の悪化とそれが継続するような政策が行われるよう日銀の総裁や政治家を操っていくに違いありません。

(『ニュースをみて考える』(THINKER blog)リンクより)
 
  List
  この記事は 236208 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_236953
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp