アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
236248 「新たなる金融危機に向かう世界」を読んで@〜副島隆彦氏はロスチャイルドのまわし者か?
 
猛獣王S ( 不惑 東京 営業 ) 10/08/15 PM08 【印刷用へ
『副島氏の予言』(知っとうや?)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
副島隆彦氏の新著「新たなる金融危機に向かう世界」を読みました。

 〜中略〜

一般的な副島氏の評判は(D・ロクッフェラーを世界の悪の根源とした)ロスチャイルド寄りであり、自らも(国内政治に関しては)小沢一郎氏信奉者と積極的に公表しています。

 〜中略〜

しかし、副島氏の中では、悪の根源はあくまでD・ロックフェラーであり、ロスチャイルドを責めるような表現はほとんどありません。
その姿勢から、一部ではロスチャイルドのまわし者ではないかと言われているようです。

実際に、リーマンショックの時期を2008年9月6日出版の「恐慌前夜」という著書でぴったり当てました。
あまりにもタイミングが良すぎるので、ロスチャイルドのまわし者と言われても不思議ではないと思います。

しかし、そうは言っても、副島氏は、2003年頃から世界的な経済の行き詰まり、経済恐慌の再来を主張しており、リーマンショック後に雨後の筍のように出て来た、にわか世界恐慌評論家とは一線を画す存在には違いありません。

彼は、少なくとも2008年前半から、
・米国デリバティブ八百長経済は、どうあがいても破綻する
・ドル円は30円を目指していく
・D・ロックフェラーの後釜には、J・ロックフェラーが就任する
・米国次期大統領は、オバマが就任し、任期途中でヒラリーと交代する
・自民党はCIA政権であり、小泉・竹中売国路線から脱すべき
・日本は小沢一郎が政権を握り、中国と仲良くしていくべき
といった主張をしています。

リーマンショック後に、世界的な景気対策によって景気が回復したかのように装われていますが、副島氏は今回の新著でも持論を全く変えていないようです。
この点は注目すべきだと思って新著を読んでみたしだいです。

今回の著書のポイントは次のとおりです。

@米国が金の暴落を仕掛ける
Aユーロ危機は米国が仕掛けた
Bそれでもユーロは崩壊しない
Cヒラリーが近いうちに大統領なり、金融統制経済体制が始まる
D世界恐慌に突入する
E6.2反小沢クーデターは米国が仕掛けた

これらに関して、考察してみます。

@米国が金の暴落を仕掛けるについて

副島氏は、金は実物資産であり、最終的には金本位制になるので金価格は上がり続けると主張しています。
しかし、このままでは米国債を購入する担い手がいなくなります。

従って、困った米国が、ユーロや中国などの投資家が大量に購入している金価格を、金の先物価格を操作することにより一旦暴落させ、米国債に目を向けさせようとするたくらみがある、と話ています。

表向きの米国債残高は8兆ドル(720兆円)ですが、副島氏は、その5倍の40兆ドル(3600兆円)に達していると推測しています。

私は、米国は、米国債以外に隠れた負債が大量にあり、米国の借金総額は1京円に近いと思います。
これがこれから到来するであろう世界恐慌の根源なのです。
それに比べれば日本の国債残高900兆円はかわいいものです。

これまで、米国債は中国、日本が買わされてきましたが、そろそろ限界に達しています。
最強とされていた金価格を暴落させれば、金を保有している投資家が米国債に目を向け、今後も(何の裏付けもない)米国債を新規に発行し続け、経済を延命できる、という狙いだそうです。

これまで金価格は上がり続けると話していた副島氏の方針転換。
この裏には何かロスチャイルドの思惑があるのでしょうか?

 〜中略〜
----------------------------------------------------------------
続く
 
  List
  この記事は 236220 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_236248
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
236249 「新たなる金融危機に向かう世界」を読んでA〜米国とドイツの思惑一致のユーロ危機演出が世界恐慌を招くか 猛獣王S 10/08/15 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp