共認運動をどう実現してゆくか?
236209 男の実現力、女の充足性を実感♪
 
ふぇりちゃん ( ニコニコどき わぁ〜〜(*^^*) ) 10/08/14 PM10 【印刷用へ
先日のなんでや劇場。
かなりの長丁場でしたが疲れもそれほどなく、とても楽しめました♪


【金貸しとその手先(特権階級)たちの思惑は?】をテーマに、過去の出来事や金貸し・特権階級の関係性を絡めながら詳しく追求し、議論は進みました(詳しい内容は山澤さんが投稿してくださっています☆)。

議論の中盤まで私がずっと気になっていたのは
「なんで金貸しや特権階級はそんなに争ってばかりいるんだろう!?自分たちの私権のために多くの人々や世界を巻き込んで、これでいいわけないじゃない!彼らが何のためにそうしているのか・何がしたいのか、私には全然理解できない。なぁんで仲良くできないの!?みんなの迷惑だよ〜」
でした。
そのことばかりが頭にあり、「なんで?なんで??」の連続で、議論の内容も「ん〜・・・わからない!」状態。。
休憩時間にこの疑問を隣に座っていたMさんに聞いたところ、「それはね、ふぇりちゃんが女だからだよ♪男の人たちは、すっごくおもしろいと想うよ」と答えてくれました。
そしてその後、サロンでは経済GのHさん(男性)に「そうなの?」と聞いてみると、「もう、めちゃくちゃおもしろい!!」とイキイキと答えてくれました。
そういえば、劇場内の雰囲気からも「知りたい!気になる!!」というのを感じるし、男の人たちの表情はいつも以上に真剣だったかも。
劇場の後に仲間会議の男の人たちに「なんでそんなに争うの?」と聞いてみると、「なんでって言われても・・・他者と争ったり上位を目指すっていうのは男の本能だからなぁ」と言われました。

私の「気になる!おもしろい♪」スイッチがやっと入ったのは、議論が『これからの日本、どうなる!?』になったころから。
そこでやっと「えっ、どういうこと?これからどうなるの??え〜っ、知りたい!気になる!!」になりました。
自分たちが存在している場。これからの方針がわからないと、どうしたらいいのかもわからないし不安でいっぱい。だからこそ、「どうなるの?知りたい☆」と強く感じるようになりました。
そしてこのときの心境を後日、別の男の人に話したところ、その方は「そうそう、あそこらへんから女の人の雰囲気というか意識が変わったよね。『女の人は今後のことが気になるんだ!』って感じて、おもしろかった」と言われました。


>目先に流れがちな「充足→安定・保守収束」という女原理を、確かな収
 束先へと導いていく本物の実現力=「男原理」が試されている(212988
女たちは「充足したい、安心したい」から先のことが気になる(=先のことが気になるから、そんなに過去のことを重要視しない?)。
一方で男たちの役割はそんな女たちの期待を掴み、女たちが充足するために今後の実現方針を出し、可能性へ導いていくこと。そのために過去の現象事実を構造的に正しく認識し、活かしていく必要がある。だからさらに追求に熱が入るのだし、活力も上がっていつまでも楽しく議論を続けられる。

「そっか、これが男の実現力で女の充足性なのかも♪男と女って、上手いことできてるなぁ(*^^*)」って感じました・:*:・゚☆
潜在的に充足を感じ取り、求めてくれる女たちもありがたいし、そんな女たちの期待を捉えて実現可能性へと導いてくれる男たちも、本当にありがたい存在ですね♪



(ちなみに。この投稿をするにあたり、後半部分が上手く言葉化できなくて。「ね〜、これってこういうことだよね?」と男の人に聞いてみました。すると「そうそう、そうだよ」と導いてくれて。ここでも男と女の役割が上手く機能してますね♪)
 
  List
  この記事は 212988 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_236209
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
236392 私権原理と共認原理の縄張り闘争 田中素 10/08/18 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp