素人による創造
235856 斉唱会に参加してからの変化〜共認回路と繋がった観念の再生〜
 
喜田育樹 ( 37 京都 デザイナー ) 10/08/08 PM11 【印刷用へ
>習わぬ経を読んだ門前の小僧のように、まずは耳からありのままに吸収する。後はその後の人生経験の中で自ずと意味がわかってくるというのが本物ではないのか。
>デジタル記号たる言葉(特に文字)を本能・共認回路に意識的に結びつける必要があり、その回路が観念回路である。その回路は一度繋がったくらいでは定着しない。1000回は反復しないと定着しない。
232546


 観念力を身につけようと思い、2週間前から始めた実現論暗唱会。1000回にはまだまだ遠く及ばないですが、漸く100回が目前となりました。この節目を機に改めて始めた頃から今までの変化を整理してみた。

◆はじめたての頃
 始めの数回は本を見ながら斉唱。みんなと声を合わせる心地よさがあって、とても眠たくなる感じだったのですが、どうも文字を目で追っていると、逆にみんなと声を合わせるのが難しく、声を合わせる心地よさを得るには、本を見ないほうがいいのかなと思い、5回目位からは本を閉じました。

◆10〜20回目
 本を閉じた途端、頼りになるのは周りの声と目の前にいる方の口の動き。他の方の感想にもあるように、この時はまさに赤ん坊が目の前の母親に同化する心境と同じで、全神経がそこに注がれていました。斉唱が終わった後、赤ん坊のような目をしてましたね、といわれましたがまさにその心境でした。

◆20〜30回目
 この段階になっても、一人では喋れないので、相変わらず頼りになるのは周りですが、それまでは目前の母親しか注視できなかったのが、周りにも目を向けられるようになってきました。たくさんの母親と父親がいる大家族に囲まれている感覚で、親戚一同が集まって可愛がってもらっていた幼少期を想い出していました。

◆30〜40回目
 この段階になってくると、幾つかのフレーズは喋れるようになってきて、自分も一緒に声を合わせることが出来る楽しさが出てきました。子供が大人の真似っこをして、遊んでいる感覚に近く、”充足”というよりも”楽しい”という表現の方がしっくりくる感じです。

◆40〜50回目
 この段階になってくると、声を合わせる事も段々安定してきて、自分もみんなのように周りを導いてみたいなと思うようになってきました。声も少しずつ大きくなっていき、口の動き方や抑揚を意識するようになってきました。

◆50〜60回目
 もう概ね暗誦できるようになってきたので、この頃からは相手の口を見るのを止め、相手の目を見れるようになってきました。そうすると、それまでの頭と目で言葉を喋っていた感覚がなくなり、自分が喋っているのか解らなくなるような自ずと言葉が出てくる感覚が出てきました。

◆60〜70回目
 完全に目を合わせるようになってからは、喋れる喋れないという意識はもう関係なくなって、相手の表情や気持ちがそのまま伝わってくることへの充足が中心になってきました。振り返るとはじめは赤ん坊だった自分もこの頃はもう既に大人の男になったという意識で、周りとの同化を強く感じるようになってきました。

◆70〜80回目
 相手への同化が強まるに従って、この頃からは相手への感謝と謝罪の気持ちが出てきました。皆で同じ言葉を斉唱しているんだけど、意識は皆への色んな想いが出てきて、「あの時は否定してゴメンね」「でも本当に立派に成長したね」というような気持ちがでてきました。

◆80〜90回目
 そんな相手への同化をしているうちに、言葉、観念とは共認充足を得るためにあるのだなと考えるようになってきました。ただ同じ言葉を喋る。そこに充足があるのだと。と同時に、共認回路と繋がった観念ってこういうことなのかとも感じるようになりました。具体的に語彙が豊富になった訳でもなく、文章構成力が上がったという実感もまだありませんが、共認回路と繋がった観念が定着していくことに意味があるのだと考えるようになりました。

◆仕事場面での効用
 元々人が好きで、客先も社内も含めて周りと共認形成をはかっていくのは得意でしたが、それでも相手に同化しきれない事やついつい目先の言葉に振り回されることは今でもあります。ただ、斉唱会を始めてからは、まず真正面にこちらの思惑抜きに受け入れる余裕ができてきたように思います。相手が話している時に、どう返答しようか、それをどう翻訳するか等、それまでは色んな事を考えていましたが、今はあまり急いで考えるよりも、まず受け止めさえすれば自ずと発すべき言葉がでてくるような感覚があります。

 また、共認と繋がった観念を強く意識するようになり、言葉への拘りが強くなってきたようにも思います。回りくどくなく単刀直入に言いたい。もっと皆に響く言葉でいいたい。そんな気持ちも強くなりました。

 今後ここからどうなっていくのか。というのはあまり深く考えすぎずに、とにかく今は暫く続けて見ようかなと思っています。
 
  List
  この記事は 232546 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_235856
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
239546 「実現論」斉唱の効果〜旧い観念が洗い流されて現実直視⇒どうする?という真っ当な思考方法が再生されていく感覚〜 小林有吾 10/10/18 AM10
文章上手になるには?〜相手に響くレポート、スピーチがスラスラ書けるようになれる 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/09/07 PM04
236309 斉唱による観念力の変化 匿名_希望 10/08/16 PM08
236264 共認回路と繋がった観念が新しい社会を作る礎となる。 がっちゃん 10/08/16 AM01
236204 Re:斉唱会に参加してからの変化〜共認回路と繋がった観念の再生〜 渡邊真也 10/08/14 PM07
236039 斉唱で、全的依存の安心感を体感しました☆+゜ 春風 10/08/11 PM09
236005 斉唱会に参加してからの変化〜〜自分の頭と心と体が、みんなに繋がって充足できる! 安西伸大 10/08/11 AM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp