学者とマスコミはグルで頭脳支配
234874 外圧適応してこそ本物の学問
 
松岡隆 ( 47 大阪 会社員 ) 10/07/19 AM00 【印刷用へ
>20世紀のはじめのころ、マックス・ウェーバーという偉大な社会学者が「職業としての学問」という書を著している。私はそれを恩師から紹介され、むさぼるように読んだ。
 そこには、「人間の興味としての学問」と「職業としての学問」が対比されていた。
 「興味として学問」をしていた時代には、自然を観測し、解き明かし、時にはそこでわかった原理を応用して機械を作る・・・ということが行われてきた。
 観測は正確に行われ、議論は真摯に進み、そして発明された機械はジワジワとその価値を認められるようになった。
 ところが「職業としての学問」が誕生して以来、都合のよいデータが公表され、職とお金に関係のない議論は無視され、計画的に機械が考案される・・・それは、学問がその身をお金に売り渡したことだ。(233974)

上記は武田邦彦氏のHP記事紹介文だが、同氏が伝えたいことは今日の大学では学問が純粋な知的関心ではなく、職業としてお金を稼ぎ名誉を得るための手段になっていることの指弾である。

だが、少し意地悪な受け止め方をしてみると、「興味としての学問」とは動機が自分発であり、興味関心主義に基づくものではないのかと思う。その問題は次の指摘にある通りである。
>興味関心の出所のうち、最大のエネルギーを持つのは本能だが、本能のおもむくままに生きていたら楽チンな方向に堕落してゆく。つまり、関心主義とは堕落のすすめだったのではないか。(232546

その点ではむしろ、「職業としての学問」の方が社会的に必要とされている“外圧”に応じたものであり、(データや事実を歪曲したり都合のよい解釈、価値判断をするのでなければ)健全な動機になり得るともいえる。

実は同様のことを昨日放送していたNHKの番組でも感じた。そこではハッブル望遠鏡を使って132億光年彼方を観測する学者が紹介されていたが、曰く「人類がどこから来たのかルーツを探る事は根源的欲求である」という。
しかし、本能や共認次元で「人類がどこから来たのかルーツを探りたい」といった欲求などない。勿論、我々も歴史構造認識を鍛え眼前の諸課題に対応していこうとしており、歴史を知り歴史から学ぶことがとても重要なことと認識している。しかし、当の学者の発言からは、斯様な最終的に類的価値にどう還元していくのかという視点が薄弱に感じられるのだ。

その意味では、西洋哲学が「存在とは何か」「疑いえないものは何か」「あなたと私が同じものを見ているとどうして言えるのか」などと、本能や共認次元とは乖離した架空の問いを発し、自己中心的な興味に基づき観念を暴走させていったことと、本質的に余り違いはない。

>私が環境問題に疑問を持ち、学会や社会にそれを問うているのは「学問的興味」であって「別の目的」はない。(233974

その「学問的興味」とはとどのつまり好奇心であろう。或いは純粋な学問的関心、知的好奇心などとも言い換えられそうだが、確かに勉学を重ねる中での疑問、仮説など学問上のコンテクストに現れた普遍的な問いなのかもしれない。
けれども、それがどれ程必要な事なのか、どのような外圧に適応し我々の共認充足に役立つのか改めて捉え直す必要がある。
なぜならば

>今現在、新しい認識が求められているのであれば、2600年前の社会統合機運と近しい現象が顕れているはずである。
環境破壊、経済危機、検察・官僚・マスコミの暴走=社会はガタガタ、悪化するばかり。にも拘らず、世界中の学者が百万人もいるのに、どこからも答えが出てこない。(233913

という、役に立たない学者馬鹿で溢れ返っているのが、今日の学究の世界なのである。
科学や学問が価値中立の姿勢を保つ事は当然だが、それと事実としての外圧適応という合目的性を任意とするのは同じではない。相対化され得るような価値論を言っているのではないからである。
つまり、どのような職であれ社会の外圧に関わらない営みなど本来的に存続し得ない。ところが己の頭蓋の中だけで、或いはごく少数の学会の中だけでしか存在し得ないような“学業”が外圧の隙間に存在していること自体が異常なのである。

そのような倒錯世界に身を費やす愚を一掃するには、学者諸氏が素人に自身の学問を行う目的、必要性を語り、同時に我々素人も積極的に問いを投げ掛けていく場が必要だろう。そこで学者の説明が評価を得るには、どのような諸課題が人類に立ち現れているのか看取する力をこそ、まずは問われることになるからである。
その為にも、我々は学歴や学位といったレッテルで人を見る・判断する意識を変えていかねばならない。試験制度や学歴社会という私権社会の残滓払拭の一道程として。
 
  List
  この記事は 233974 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_234874
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp