試験・身分制度の根深い害
234698 CIAは実は無能なダメ機関⇒「エリートは超優秀」という騙しの崩壊
 
ブログ 日本を守るのに右も左もない 10/07/15 PM08 【印刷用へ
ブログ『杉並からの情報発信です』が、『雁屋哲の美味しんぼ日記』2010年7月11日「鳩山由紀夫氏から菅直人氏へ(2)」を紹介している。

それによると、CIAというのは実は無能極まりないダメ機関らしい。そのダメ機関CIAが唯一成功したのが日本らしい。 ... 続きはこちら
 
  List
  この記事は 234633 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_234698
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
★試験エリートの崩壊。優秀だと思われているCIAは実は無能極まりないダメ集団! 「共同体社会と人類婚姻史」 19/09/06 PM03
239553 小沢包囲網を画策したのは、無能極まりない「CIA」と見ればよい 猛獣王S 10/10/18 PM01
「エリートは超優秀」は崩壊⇒素人が社会を変えてゆく時代 「ブログ de なんで屋 @東京」 10/08/01 PM09
ブログ界の現況〜「無知な大衆と優秀なエリート」という騙しからの脱却が必要 「日本を守るのに右も左もない」 10/07/26 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp