健康と食と医
234518 無力だからこそ、共認治癒力に可能性収束している。
 
今村恵 ( 27 大阪 母 ) 10/07/11 AM11 【印刷用へ
去年の10月から、同じ会社の人が病気で入院しています。
それまで毎日元気に顔を合わせていたのに、突然病気がみつかって緊急入院となり、今に至ります。

私を含め社内の人たちは、時間を作って何度かお見舞いに行ったり電話で近況報告をしたりしていますが、以前その人から「自分はみんなにこんなにしてもらうほど何かしてきたとは思えない。ありがたいけど申し訳ない気持ちでいっぱいになる。」と言われた時、何と言葉をかけていいかわかりませんでした。

私は入院がきっかけで連絡先を知ったくらいで以前から格別にその人と親しかったというわけではなく、特に何かをしてもらった出来事もないけれど、これまで毎日みんなと一緒に働く生活から病院での個室生活になって寂しいだろうし、今後の不安や悩みを開きだして少しでも元気でいてほしいというだけだったから、改めてなぜ?と聞かれると納得する返答ができませんでした。

でも久々にこの投稿を見て、自分が何を求めて、何を充足源として、面会や電話でのやりとりを継続しているのかがわかりました。
自分が相手の病気に対して無知で無力だと自覚しているから、共認治癒力に望みの全てを賭けているのです。

私は同じ共同体の仲間としてこれからも一緒に戦っていくために、相手に病を治して戻ってきてほしいと期待している。
おかれた状況を冷静に分析し、退院後の充足イメージを抱いてひとつひとつ課題をクリアしていく相手が頼もしく、さらにいい男になってみんなのために闘ってくれると期待している。

相手は共同体から離れてみんなと距離的・意識的に断層が発生することを恐れ、役割欠損に陥りかけていた。そして不全を揚棄するためにみんなとの繋がりを求め、戻ってきてほしいという期待に応えるために、みんなからもらった充足のお返しをするために、日々前を向いて病気と闘っている。

私たちは互いに依存し期待し合い、応え合い、共感充足していました。
極限時代の弱オスたちと同じでした。

先日、手術前の最後の面会に行くと、彼はとても穏やかで何か吹っ切れたような表情をしていました。私が来る2日前に会社の人たち4人が面会に来て、みんなで手を握り合ったそうです。

「最初は恥ずかしくて落ち着かなかったけど、見つめ合って手を握っていると、みんなに対して申し訳ないという気持ちより、ただありがたい気持ちが大きくなってきた。」
「みんなからの恩をどうやって返したらいいか悩んでいたけど、早く復帰して今まで以上にみんなの役に立っていくしかない。退院したらみんなでおいしいもの食べていろんなところに行きたい。」

と伝えてくれ、私の手も握ってくれました。

手術がうまくいく確証はなく、無事成功しても再発する可能性の高い病ですが、みんなとの共認治癒力によって回復し今まで以上に闘ってくれると確信しています。

手術を乗り切りその後の回復を早めるために、退院後のリハビリが短期で済むように、体力をつけておかなくてはと筋トレに励んでいる姿が頼もしくありがたい気持ちでいっぱいになり、

『彼が安心して戻ってこられるような基盤をみんなで整えて待っていよう。私たちが共認動物でよかった。』

とこの日切実に思いました。
 
  List
  この記事は 83081 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_234518
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「大変お世話になりました。」と言って・・・ 「女の職場話」 10/07/15 PM10
お見舞いに行って、元気をもらっちゃいました☆.。.:*・ 「女の職場話」 10/07/15 PM10
234697 無力を自覚することで共認機能が最大限に発揮されるのでは 福島健 10/07/15 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp