共同体社会の実現
234049 日本という国を実質上治めているのは誰か〜2つの『政府』の権力闘争
 
猛獣王S ( 不惑 東京 営業 ) 10/07/02 AM00 【印刷用へ
『「2つの『政府』の権力闘争」(EJ第2845号)』(Electronic Journal)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
現在の政治状況を理解するには、少し根本的なことを理解する必要があります。それは「日本という国を実質上治めているのは誰か」という観点に立って考えてみることです。こういう考え方もあるというように読み取っていただきたいと思います。

作家の佐藤優氏は、現在の日本は目に見えない「2つの政府」による権力闘争が行われているといっています。2つの政府とは次の通りです。

―――――――――――――――――――――――――――――
         1.民主党政権による政府
         2.霞が関官僚による政府
―――――――――――――――――――――――――――――

これら2つの政府には基本的な違いがあります。それは、「民主党政権による政府」は選挙によって国民から選ばれていることであり、「霞が関官僚による政府」は明治憲法体制から民主党政権の現在まで、連綿として継続しているということです。

後者の霞が関官僚による政府とは何でしょうか。これについて立花隆氏は、次のように述べています。

―――――――――――――――――――――――――――――
 明治期、大日本帝国憲法において、天皇と官僚は直接結びつい
 ていました。それに対して、憲法上、政治にはそれほど大きな
 役割が与えられていなかった。天皇にすべての主権があって、
 天皇に直結する官僚が国を動かすシステムだったんです。だか
 ら、政治家は自分たちが政治を動かしているという幻想を持っ
 ていますが、実際にはずーっと官僚が国家運営を切り回してい
 た。これは日本の政治の基本構造で、戦後も実態としては変わ
 っていない。            ──立花隆/佐藤優著
     『ぼくらの頭脳の鍛え方必読の教養書棚冊』文春新書
―――――――――――――――――――――――――――――

つまり、明治憲法以来現在まで、日本という国は事実上官僚によって統治されてきたのです。あらゆる政治の制度がそのように設計されているからです。

それなら、自民党時代はどうなっていたのでしょうか。佐藤優氏は次のようにいっています。

―――――――――――――――――――――――――――――
 自民党政権時代には名目的権力は政治家、実質的権力は官僚と
 いう棲み分けができていた。しかし民主党連立政権は、本気で
 政治家が日本国家を支配することを考えている。この「暴挙」
 を、ありとあらゆる力を結集して阻止するというのが、官僚の
 「集合的無意識」だ。──副島高彦×佐藤優著/日本文芸社刊
  『小沢革命政権で日本を救え/国家の主人は官僚ではない』
―――――――――――――――――――――――――――――

明治憲法下には「官吏服務令」というものがあったのです。これは官吏の服務上の義務を規定していた法規のことで、明治20年(1887年)勅令39号で発布され、昭和23年(1948年)に国家公務員法の施行により廃止されています。

官吏服務令においては、官僚は国民ではなく、天皇に対して忠誠を誓う内容になっていたのです。当時の官僚は表面的には「全体の奉仕者」の顔をして国民に接しているものの、腹の中では国民を無知蒙昧な有象無象の存在とし、官僚の「頭脳」に対して国民は「手足」と考えられていたのです。したがって、官僚は国家のために必要と考えるとき、国民を平気で切り捨てることに良心の痛みなどいっさい覚えないのです。

「官吏服務令」は1948年に廃止され、敗戦によって天皇は国政に対する機能を失いましたが、明治憲法以来続いてきた官吏服務令の精神や考え方は、現在の国家公務員法にちゃんと受け継がれているのです。そして、今や官僚は天皇なき抽象的日本国家に対して忠誠を誓って行動しているのです。

もちろん、大手メディアについても、事実上の国家の支配者である官僚組織に対して基本的に服従的姿勢を取り、それを遵守していれば自身は安泰という考え方で報道を行っているのです。これが記者クラブという世界中から嫌われるシステムを生み出したのです。つまり、官僚とメディアは一体なのです。

しかし、2009年の衆院選によって政権交代が起こり、鳩山政権が誕生したのです。この政権は、発足するや自民党時代とは異なり、本気で政治家が日本国家を支配する権限を官僚たちから奪い取る手を次々と打ち始めたのです。

鳩山政権は、まず、事務次官会議を廃止し、事務次官のポストもいずれ廃止すると宣言したのです。これは各省庁の司令塔を官僚から奪い取ることを意味しています。そして事業仕分けによって、官僚をマスメディアの前でさらし者にし、これによって、国家を支配しているのが政治家であることを官僚に皮膚感覚で教え込んだのです。

官僚たちにとってはこれは大問題であり、彼らは自然に「集合的無意識」による、その「暴挙」を阻止するための行動をはじめたのです。それはけっして計画的に行われたものではなく、それぞれの立場で鳩山政権を崩壊に導く手が打たれたのです。

小沢幹事長に関しては検察官僚が自らの職権を使って追い詰め鳩山首相に関しては外務官僚と防衛官僚が日米同盟を破壊するとして、普天間問題で封じ込める──記者クラブメディアはそれに呼応して嵐のような報道を巻き起こし、一年経たない間に鳩山─小沢体制を崩壊に追い込んだのです。彼らはまだ小沢氏の権力が温存されているので、決着していないと考えています。

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 233887 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_234049
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
234071 財務官僚が菅氏に仕掛けた罠〜見返りに「消費税増税」を官僚に踏まされた菅氏 猛獣王S 10/07/02 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp