素人による創造
233928 習慣や文化の継承とは(1)
 
コスモス 10/06/29 PM08 【印刷用へ
最近、言葉とか、観念とか、価値観とかを日本人と他国という比較において考える機会が増えています。日常語には英語(和製英語)が氾濫し、日本語自体も若者を中心に様々な表現方法が生まれては消えて行っています。また、西洋文化が入り込んで、西欧民主主義とか、資本主義とか、議会政治とか、明治以降は社会制度も様変わりしました。

でも、今でも日本人は日本人で、日本の文化は日本文化として、他国とは明らかな違いを保ちながら日本特有の社会を形成していると思います。NHKの「COOL」などを見ていますと、日本に限らず各国の文化も実は、その文化特有の習慣や価値観を保ったままに受け入れるところは受入れながらも長い間変わらないものを持っているようです。

数千年前の縄文人の体質が今も日本人には残存しているということも、日本人であるならば心のどこかで得心できることではあるのですが、頭の中で考えると不思議なことではあります。

縄文人の言葉もすでに大半は喪失したでしょうから、「言葉」が文化の継承の要(かなめ)では無いかも知れません。同様に、近代西欧の制度や思想も日本人の文化や習慣に必ずしも溶け込んではいない可能性すらあります。

いろいろと考える契機として、株式日記と経済展望リンクの記事を引用させて頂きます。
(注:元の引用は、pikarrrのブログ  [まとめ]なぜ日本人は民主主義よりも資本主義に順応したのかリンク
------------------------------------------------------------
◆なぜ日本人は民主主義よりも資本主義に順応したのか 6月25日 pikarrr

(要点のみ)
◆習慣が破れることへの日本人の強迫性

ファーストフードではみなが淡々と注文し食事をしているが、たまにお年寄りが必死に店員と交渉しているのを見かける。はじめてなのか、注文のシステム自体を知らずに恥ずかしそうに懸命に注文している。しかしこのような場面は誰にでもあるだろう。初めての手続きに慣れないだけではなく回りから浮いていることが恥ずかしい。

日本人にとって習慣で処理できないこと、始めての場面に出くわしてフリーズしてしまうこと、は恐怖である。それは日本人でなくても恐怖だろうが、多くを習慣で処理できるハイコンテクストな社会を生きている日本人には強迫的な恐怖である。

外国人は多かれ少なかれ異文化が身近にあり生まれながらに「習慣の破れ」を経験する。そして対処方法も訓練として身につけている。習慣の破れをいかに乗り越えるかといえば、簡単に言えば開き直りの自己主張しかない。そのために西洋人は笑顔と交えた社交性の技術を身につけている。

ハイコンテクストな社会を生き、習慣の破れに慣れていない日本人は慣れずキョドってしまう。自らを主張するとは慣習を越えて自らを曝け出すことであり日本人にはとても不慣れな技術である。

◆思想は身体訓練で伝承される

日本人に思想が無いわけでなく、わざ、習慣、身体訓練として伝承され、言語化されないわけです。実は思想の在り方としてはこちらが一般的です。太古から民族はそうして思想を伝承してきたわけです。まず理解しないといけないことは、言葉は思想伝達法としてほぼ使いものにならないということです。

たとえば会ったことも見たこともない民族がいて彼らの思想について書いた本を読んで何がわかるでしょうか。実際に一緒に生活してみないとなにもわかりません。

言語信仰に毒された現代人にはこれを理解することがまずできない。まさに「馬鹿の壁」が目の前にある。*1

たとえば旨いザーサイを食べたリボーターはいかに読者にその旨さを伝えるか。日本人同士は親しげに「食べてみなよ」と勧めます。西洋哲学者はそれをメタファーや造語を駆使して伝えるわけです。それは実際に食べるより素晴らしくみなを魅了するわけですが、正確な伝達とは別です。

◆言語思想の暴力性

言語で思想を伝えなければならない状況はとても極限的な状況です。その状況とは多民族に自らの思想の正当性を訴えかける弁論述です。

日本人が日本人論を書き始めたのは明治入り知識人が留学を始めてからです。島国日本では思想は、わざ、習慣、身体訓練であり、他者に自らの思想を訴えた経験もなく、当然、うまく言語化できない。それが近代日本知識人の劣等感だったわけです。

いまでもよく、日本人は明確な言語思想をもち外国に主張しなければならないといいますが、本当でしょうか。言語思想を語りあえばわかりあえるのでしょうか。

そもそも西洋の近代思想はいかに発展したか。世界の資本主義化と密接な関係があるわけです。すなわち西洋の貿易先(資本主義)を広めるために、海外に向けては植民地化の正当性を巧みに訴えるためです。たとえば日本人もアジアへ侵略した時は珍しくその思想を懸命にしゃべりましたね。

---(続く)------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 233202 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_233928
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
282592 暗黙知(生活慣習)で生きる日本人と言葉・掟で生きる西洋人 コスモス 13/10/23 PM05
237918 観念(言葉)で伝える欧米人と、心(共認)で伝える日本人 佐藤晴彦 10/09/15 PM05
237497 なぜ母語は大切か@〜100年後には何千という言語が消えてしまう 猛獣王S 10/09/07 PM11
「日本人はいつ物を考え出すのか?」 (1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる 「共同体社会と人類婚姻史」 10/08/12 AM10
234229 「考えない日本人」を考える コスモス 10/07/05 AM08
234051 理解主義の限界  ジャック&ローズ 10/07/02 AM01
233929 習慣や文化の継承とは(2) コスモス 10/06/29 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp