素人による創造
233913 6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(4) 力の原理の崩壊→米中欧崩壊で日本人は考え始めるか?
 
匿名希望 10/06/29 PM03 【印刷用へ
歴史をさかのぼって、数千年間の私権時代に新認識が登場した事例は、古代宗教と近代思想だが、近代思想は神が個人に摩り替わっただけであり、その認識構造は古代宗教の焼き直し(つまりは架空観念)にすぎない。

従って、古代宗教に焦点を絞る。

2600年前、同時期に仏教・儒教・ユダヤ教という古代宗教が登場し、その300〜400年後にそれぞれの地域で統一国家が成立した。

それまでの部族連合国家は守護神信仰や神話の共認によって統合されていたが、部族間の緊張圧力や交易や連合、さらには服属部族をどう支配するかといった課題に対しては、部族間の意思疎通が不可欠であり、その部族の中でしか通用しない守護神や神話では統合できない。部族を超えた普遍性のある観念が必要になった。こうして各部族の潜在意識のレベルで社会統合機運が上昇し、それを鋭敏にキャッチして、守護神や神話を超えた、より普遍的な観念(古代宗教)を作り出したのが、釈迦や孔子やユダヤ教・ゾロアスター教の預言者たちである。

今現在、新しい認識が求められているのであれば、2600年前の社会統合機運と近しい現象が顕れているはずである。

環境破壊、経済危機、検察・官僚・マスコミの暴走=社会はガタガタ、悪化するばかり。にも拘らず、世界中の学者が百万人もいるのに、どこからも答えが出てこない。では、人々が物を考え始めたのか?と言われれば、そういう感じも余りしない。

一方、ネット界では多くのサイトやブログで、2010〜2012年、つまり今後2年間のうちに、ドル崩壊・米国債暴落という予測がされており、その先端では、米において大暴動、例えば反税金闘争(米では既に発生している)から、民衆VS軍の殺し合いに突入するという予測がなされている。米の大暴動・殺し合いが起これば、それは欧・中に飛び火し、米中欧は崩壊することになる。

その状況で日本人は考え始めるのか?

それを考える前提条件として、米中欧は崩壊したとしても、イスラムも東南アジアも崩壊しない。中南米も過半は秩序が維持されるだろう。∵イスラムは部族共同体、東南アジアは農村共同体が残存しているからである。米中欧以外の諸国では、力の原理だけでなく、共同体的基盤で社会を統合している。共同体的基盤→共認体質を保ち続けてきた国々は、米中欧が崩壊したとしても秩序は維持される。共認体質が最も色濃く残存している日本において秩序が維持されるのは言うまでもない。

それに対して、米中欧は共同体的基盤を喪失し(⇒個人主義)、統合するには力の原理しか依拠するものがないので、力の原理が崩壊すれば秩序が維持できなくなるのである。

この状況下で、日本人は考え始めるのか?
 
  List
  この記事は 233912 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_233913
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
2600年前頃、古代宗教・思想の世界同時成立期・・・・そして大転換期の現代 「縄文と古代文明を探求しよう!」 10/09/29 AM00
「日本人はいつ物を考え出すのか」(4)力の原理の崩壊→米中欧崩壊で日本人は考え始めるか? 「共同体社会と人類婚姻史」 10/09/07 PM09
237195 古代宗教が大衆に示した観念世界が、統一国家の成立を可能とした 山田孝治 10/09/02 PM05
237174 支配観念から脱却できれば、観念機能は作動し始める 山上勝義 10/09/02 AM08
237141 古代宗教は、何をする為に誕生したのか(決して大衆の為ではない) 猪飼野 10/09/01 PM08
236460 『東京裁判と、日本人の思考停止』 【その3】 火中の栗 10/08/19 PM05
236458 『東京裁判と、日本人の思考停止』 【その2】 火中の栗 10/08/19 PM03
236457 『東京裁判と、日本人の思考停止』 【その1】 火中の栗 10/08/19 PM03
234765 秩序は何によって成り立っているのか。 匿名希望 10/07/16 PM10
6/27なんでや劇場「日本人はいつ物を考え出すのか?」 劇レポ4/5 「ブログ de なんで屋 @東京」 10/07/10 PM09
234462 既存の枠組を問う意識の貧弱さ 匿名希望 10/07/10 AM05
234164 古代宗教についての質問です 匿名希望 10/07/04 AM00
234138 感謝の気持ちでいっぱいです(*^o^*) ゆずりょくちゃ 10/07/03 PM09
234025 “救い欠乏”と“社会統合機運” 越見源 10/07/01 PM08
BRICs徹底分析〜インド編 その3.インドの指導者(知性)は、決して欧米に屈服はしない 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/07/01 PM05
6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(4) 力の原理の崩壊→米中欧崩壊で日本人は考え始めるか? 「日本を守るのに右も左もない」 10/06/30 PM09
233914 6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(5) 本能的な秩序収束⇒課題収束⇒草の根共認⇒ネット収束 匿名希望 10/06/29 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp