試験・身分制度の根深い害
233912 6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(3) 騙しの破綻→特権階級は追い詰められている
 
匿名希望 10/06/29 PM03 【印刷用へ
学習観念(近代思想)は役に立たない。学校教育で習ってきたことだけでなく、本で読んだ認識もほとんど役に立たない。また、マスコミの報道や情報は捏造だらけで、人々の判断を狂わせるだけ。

反復し定着していない認識が使えるわけがない。にも拘らず、認識を反復→定着させることなく、次々と新しい教科内容を詰め込んできた学校教育は愚民教育に等しいのではないか。しかも教えている中身は架空観念のオンパレードである。それが現実の役に立つはずがない。そして、学校に行く動機も己の利権のため。

これら教育の問題全体を総合的に捉えると、膨大な時間とエネルギーを費やしたにもかからわず、ほとんど役に立っていないわけであって、とすれば、近代以降、大掛かりな騙しの枠の中に我々ははめ込まれてきたのではないか。

こういう状況(構造)はどう捉えたらいいのか?

近代以降200年、学校教育が始まって100年余りが立つ。
その中で、全体が騙しであるという認識を得たのは最近1年くらいの話であり、それまでは気づかなかった。

もちろん、近代思想がペテンであるということは、共同体類グループ設立の前から発見していたが、近代社会が金貸しに支配されているという認識はこの2〜3年のものである。そして、理解しようとして読むこと(理解主義)が洗脳の罠に嵌る構造は数ヶ月前に発見されたものである。ここに来て近代社会の騙し(罠)が続々と発見されるのはなぜか?

主体側の原因として、'70年貧困の消滅以来、私権原理から共認原理への転換が進行しており、私権収束力が衰弱し、それに代わって共認収束力に転換したので、新しい角度からの発見が可能になったという面は当然ある。

しかし、やはり大きいのは対象側(外部状況)の変化である。
ここに来て次々と騙しの構造が発見されるのは、近代社会の支配階級(金貸し)とその手先たる特権階級(学者・官僚・マスコミ)が追い詰められていることの現われではないか。今ままではボロが出なかったが、'00年以降、9・11事件の捏造をはじめとして、もはや彼らの策謀は大衆の目からはミエミエである。

特権階級が追い詰められている、その現れの一つが、日本における検察・官僚・マスコミの暴走である。

彼らは一般人にはない権力を持っている。例えば、無数の微罪・軽犯罪のどれを挙げてどれを見逃すか、その裁量権は検察・官僚が握っている。マスコミの編集権も同様。従って、権力を握る人間は公正でなければならない(そうでなければ不正の温床になる)というのが暗黙の共認(不文律)であったが、現在の検察も官僚もマスコミも公正さを投げ捨て、その暴走は止まる所を知らない。

特権階級たちがここまで暴走し、誰の目にも明らかなボロを出したのは、今回が初めてである。それは彼ら特権階級が追い詰められていることの証左である。彼らは背に腹は変えられないが故にミエミエの手段でも繰り出さざるを得ず、そしてその多くが大衆にバレてゆく。

こうした状況で、学校教育やペーパーテスト全体がおかしいのではないかという問題意識が生まれ、近代社会の全てが騙しなのではないかという認識が登場してきたのである。

こういう認識が登場したということは、騙しの構造を突破し得る可能性が現実のどこかに存在する、あるいは登場したということを意味する。∵人は可能性がないことは考えない。

そして、今や私権時代から共認時代へ大転換中→旧思想は役に立たない⇒新認識が必要とされている。

では、騙しの構造を突破する新認識の必要性は、どういう構造(条件下)で生まれるのか?
 
  List
  この記事は 233909 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_233912
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「日本人は何を学ぶべきか?〜近代社会の騙しの構造」 第12話:騙しの破綻 「日本を守るのに右も左もない」 11/04/18 AM09
237161 “実現する”とは? 越見源 10/09/01 PM11
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(3) 騙しの破綻→特権階級は追い詰められている 「共同体社会と人類婚姻史」 10/08/28 PM00
236803 マスコミ不信に一気に火がつくとき 戌年 10/08/26 PM05
236800 「ミエミエの特権階級の暴走」すら、見えない大衆 猪飼野 10/08/26 PM01
235571 日本が金貸したちのラストリゾートに仕立て上げられるかもしれない わっと 10/08/02 PM05
235479 『GoogleとCIA、政治犯罪予防技術に投資』 火中の栗 10/07/31 PM10
6/27なんでや劇場「日本人はいつ物を考え出すのか?」 劇レポ3/5 「ブログ de なんで屋 @東京」 10/07/10 PM09
234472 近代社会の全てが騙し? 雪竹恭一 10/07/10 PM01
民主党の尋常ではない従米転向の理由⇒追い詰められた戦争屋の最終手段 「日本を守るのに右も左もない」 10/07/05 PM06
234084 近代教育は全て金貸しによる罠だった! マリー 10/07/02 PM09
234006 これからの時代に求められる『教育』とは?? 匿名希望☆ 10/07/01 AM10
6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(3) 騙しの破綻→特権階級は追い詰められている 「日本を守るのに右も左もない」 10/06/30 PM09
233913 6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(4) 力の原理の崩壊→米中欧崩壊で日本人は考え始めるか? 匿名希望 10/06/29 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp