素人による創造
233908 6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
 
匿名希望 10/06/29 PM00 【印刷用へ
'10年1月以降、「力(能力)とは何か?」を追求してきた。今回の「世界の秩序崩壊と無能エリート⇒日本人はいつ物を考え出すのか?」も「力」シリーズの5回目に当たる。「力」シリーズの今までの話の流れについて、復習も兼ねた議論から始める。

1月のなんでや劇場の結論は、
'10年代、私権体制(企業)が崩壊過程に入り、共同体の時代が始まったというもの。

私権体制の崩壊を裏づける現象は?
@福知山線事故に代表されるミス大爆発、JALの経営破綻やトヨタの欠陥車問題、さらにはメキシコ湾原油流出事故のBPに代表される隠蔽・誤魔化し・言い訳の蔓延。

A世界金融危機。
'80年代の日本のバブルとその崩壊は日本一国だけの問題で、私権体制の崩壊には繋がらなかったが、'08年以降の世界金融危機は、世界バブルの崩壊である。かつ、その震源地は資本主義の本尊である米・欧であり、崩壊度が大きいのも米・欧であることから考えて、資本主義の破綻or行き詰まりであることは明らか。加えて、ドル・米国債の暴落が起これば、それはドル体制の崩壊であり、そうなれば資本主義は完全に終焉に至る。

B遊びの失速
近代以降、とりわけ戦後一貫して遊び第一の価値観一色だったが、今や遊び第一は完全に崩壊した。これが'10年代の最大の特徴である。遊びこそ私権追求の活力源(最終目的物)であり、それが失速した以上、私権活力が急速に衰弱してゆくのは必然である。

この私権追求の活力衰弱が全ての根底にあり、'70年以降から始まる私権欠乏の衰弱→物が売れない→市場縮小⇒支配階級には都合が悪いので、国の借金によって人工的に需要を作り出してきた。人工呼吸装置によってかろうじて生き延びているのが現在の市場なのである。しかも、物が売れない以上、ばら撒いたお金は金融市場に流れ込み、市場は必然的にバブル化し崩壊する。

また、私権圧力が衰弱し、序列原理が機能しなくなると、上から命令してもその通りには動かなくなり、各企業において(都合の悪いことは)隠蔽・誤魔化し・言い訳のオンパレードになる。指揮系統が機能しなくなる、この現象こそ、私権体制の崩壊そのものである。

今や、私権体制・序列体制がもたなくなっているということだが、私権企業の衰弱する一方で、'00年代に入って、様々な共同体的企業が続々と登場し、しかも軒並み成功している。これが、共同体の時代に入ったとする根拠である。

'72年に類グループは共同体企業として設立されたが、それは明らかに時期尚早であり、私権社会の中で共同体を実現すべく35年以上に亙って苦闘してきた。その類グループ代表がようやく共同体の時代が来たと自信を持って発信できるようになったことが、共同体の時代に入ったことの最大の根拠とも言える。

このように、時代は私権社会から共認社会へと大転換を遂げつつあるが、共認時代に必要とされる能力は何か?

共認力(共認形成力)であることは言うまでもないが、その中身は、周りの期待や課題をキャッチする受信力・期待や課題の本質を掴む照準力である。そして、共認力の母胎となるのは周りとの共認充足であり、それこそが共認時代の活力源なのである。

本来、人間関係は充足の素であり、健全な人は人間関係をプラス視しているが、私権時代においては人間関係とは厄介な煩わしいものであったがために、人間関係を否定視し、そこから逃避している人が過半であった。これを逃避体質と言う。原始共同体の時代に人間嫌いがあったはずがないので、逃避体質とは私権を巡って人々がしのぎを削る私権時代の産物である。

私権時代から共認時代へと大転換した今や、共認充足を知らないということは人間失格、少なくとも社会人失格(全く戦力にならない)である。そのためには、まず人間関係の否定視から脱却して肯定視することが共認充足を得るイロハのイである。

充足性・肯定視はとりわけ女の得意分野であり、女の充足性をどこまで引き出せるかが、企業の勝敗を決する。女たちの充足発信(期待やプラス評価)→充足した共認空間づくりが企業活力の源泉となる。

過渡期であるこの10〜20年は、充足生の空間→活力だけでも十分勝ってゆける。∵少なくとも、これから10年間は活力を生み出せた所が勝ちだからである。
 
  List
  この記事は 232556 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_233908
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
266661 共認充足が「受信力」「照準力」の母胎となる 小暮 勇午 12/07/18 AM10
262752 “女の充足性が企業の勝敗を決する” 月あかり 12/04/05 AM08
262500 共認時代!必要なのは共認力  〜女たちの出番です!〜 嶺山志保 12/03/27 AM02
262478 相手との充足が同時に働いたときが一番の充足! 玉垣綾子 12/03/26 AM08
262467 共認充足がこれからの時代の活力源☆ みのり 12/03/25 PM07
262447 共認時代、充足を生み出すのもみんなで。 西田香織 12/03/24 PM11
262196 充足性・肯定性が、女の得意分野なのはなぜか? 〜女に対する歴史的な事実認識を共認する必要〜 小暮 勇午 12/03/15 AM10
262185 相手も自分も同じ。「良いところもあれば不十分のところもある」、その想いが底流に無ければ共認も成り立たない。 麻丘東出 12/03/14 PM07
日本人はいつモノを考え始めるのか 終章 「縄文と古代文明を探求しよう!」 12/03/07 AM00
261294 充足発に変われば、すべてが変わる!〜部門長が変わったらすべてが変わった♪ 西田美和 12/02/10 PM11
258793 答えにたどり着くまでの道筋作りにこそ、頭を使う必要がある 喜田育樹 11/11/19 AM00
経営者の視点に学ぶ〜明るい職場作り、背後にある女性の充足力 潟Rヤマ〜 「これからは探求の時代」 11/11/12 PM11
充足が活力を生む!活力のある会社が強い!1 〜プロローグ〜 「これからは探求の時代」 11/11/06 PM11
258339 まずは充足、次に同化、その上で事実の追求・・・・観念信仰から脱却するために 麻丘東出 11/11/05 PM03
258329 社員の活力上昇⇒共同体化を進めるために必要なのは、制度改革ではなく社員の意識改革 小暮 勇午 11/11/05 AM02
成功を導く確かな理論〜共同体・類グループの事例:Dトラブル解決の秘訣は「充足第一」 「これからは探求の時代」 11/10/22 PM07
企業を共同体に変えるには7〜社員の活力を上げること=企業を共同体に変えること〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/09/21 PM10
256513 『〇〇さんを注視しよう』:男にもできる!「充足した共認空間づくり」♪ 安藤広海 11/09/07 PM06
相手が喜ぶかどうかを軸にすすんでいったらいい☆+゚ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 11/06/16 AM01
244957 企業でも地域共同体でもない、「共同体企業」の勃興とは? 小西良明 11/01/31 PM09
244563 可能性をとことん追求し続けることが、最大の圧力となる。 中瀬由貴 11/01/24 PM07
243432 公務員の実感 匿名希望 11/01/04 PM07
女の配置が、集団の成果を決める1〜集団と婚姻制の概略史〜 「共同体社会と人類婚姻史」 10/10/30 PM04
「活力ある会社にするには?」?〜やる気を引出すのは仕事の中身より仲間である〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/10/01 PM02
236176 相手の顔を見て話す、そこから充足感を得るという充足 匿名希望 10/08/14 AM01
235519 「充足した共認空間」に足を踏み入れ共認充足を体感しよう 天神地祇 10/08/01 AM10
234439 仕事にも、本当の意味で共認充足が求められる時代 tanvool 10/07/09 PM10
6月27日なんで屋劇場レポート〜これから求められる企業とは?(1)〜 「これからは探求の時代」 10/07/04 PM08
6/27なんでや劇場「日本人はいつ物を考え出すのか?」 劇レポ1/5 「ブログ de なんで屋 @東京」 10/07/03 PM09
234060 次代に求められるのは、逃避体質から充足体質への転換! 末廣大地 10/07/02 AM08
234057 仕事が遅いのは、目の前の課題から逃げているから 匿名希望 10/07/02 AM07
234056 女の役割、発見♪〜みんなを繋げる場を作る☆〜 宮崎未帆 10/07/02 AM05
233989 共認力は、充足することで再生されていく 樫村志穂美 10/06/30 PM10
6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる。 「日本を守るのに右も左もない」 10/06/30 PM06
233909 6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか? 匿名希望 10/06/29 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp