これからの暮らしはどうなるの?
233886 日本人は働きすぎか?
 
小澤紀夫 ( 40代 大阪 営業、企画 ) 10/06/29 AM00 【印刷用へ
 日本人の有給休暇の取得日数は、欧米諸国に大きく水をあけられているい言われていますが、休暇日数全体はそれほど差がないそうです。


「休みなく働くのは日本人だけ」本当か
JーCAST会社ウォッチ 2010/6/25 
リンク


<引用開始>

 エクスペディア・ジャパンが2010年6月23日に発表した「有給休暇調査2010」によると、日本人の有給休暇の取得日数は、2年前よりもやや増加しているものの、欧米諸国に大きく水をあけられていることが分かった。

この調査は20歳以上59歳以下の有職者を対象に、日本および欧米を中心とした11カ国で同時に実施。

  平均取得日数の1位は、フランスが34.7日でダントツ。2位以下はスペイン(28.6日)、デンマーク(26.9日)、イタリア(26.5日)が続いた。

  一方、日本の平均取得日数は9.3日。調査対象12カ国の最下位で、唯一ひと桁。2年前の8.4日、昨年の7.9日よりも微増しているが、欧州諸国との差は大きい。

  また、「日本人は外国人と比べて働きすぎか」という問いには、「強くそう思う」「そう思う」を合わせると3人に2人という結果が出ている。

  この数字だけを見ると、日本人だけが休みなく働いているように見えるが、日本に次いで少ない米国は14日。取得率を少し上げれば、オーストリア(16.5日)やカナダ(17.5日)にも追いつけそうだ。

  Q&Aサイトの「Yahoo!知恵袋」には、「ひょっとして日本の休暇日数が欧米に比べて少ない、って前提で話してますか?」という書き込みがある。回答者のanfield14_lfcさんによれば、日本の休暇日数は決して少なくないという。

  というのも欧米の祝日は、日本のように企業や公的機関が一斉に休めるようにはなっていないらしい。日本の祝日は年間で17日(2009年)。これに平均取得日数を加えると26日となり、欧米の祝日休みを仮にゼロとすれば、イタリア並みの休暇が存在することになる。

「日本は、欧米の数十カ国の国の大半よりも休暇日数が多い。これが事実なんです」
日本の取得率が低いのは「取得スキルが低いから」?
  また調査では、日本で有給休暇を消化できないのは「上司や同僚に迷惑がかかるから」という理由が3位に入っている。この点について、米国勤務の経験がある40代の日本人男性に聞くと「別に日本の職場独特の感覚ではないですよ」という。

「米国ではクリスマス休暇にみんなで一斉に休む人が多いです。忙しいのに、自分勝手な理由で休むことは歓迎されません」
  休日には職場の同僚とホームパーティをするので、「正直言って、職場関係で拘束される時間は日本よりもずっと多い感覚」と苦笑する。

  休暇に関して帰国して感じるのは、「仕事の計画性」と「コミュニケーション」の問題だという。

「あらかじめ仕事の計画を立て、支障がない範囲で『この日は休みます』と上司に申し出るのは、一種のビジネススキル。職場の雰囲気のせいにして、そういうコミュニケーションを面倒がっていたら、米国でも休みは取れませんよ」
  ただ、フランスやドイツでは、部下の休暇取得率が低いと、上司の評価に影響が出る会社もあるらしい。そこまで親切な国になるのを待つよりも、まずは自分の「有給休暇取得スキル」を上げることの方が近道かもしれない。

<引用終了>
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_233886
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp