日本人と縄文体質
233885 「ヨーロッパ人間主義」はどこから生まれたか。
 
TAB 10/06/29 AM00 【印刷用へ
>欧米人の思想の根底にある人間中心主義とは 、けっして、人類一般を対象としたものではありません。あらゆる中心になるものは、もともとはキリスト教徒たるヨーロッパ人に限られます。<
>ヨーロッパでは、動物、非ヨーロッパ、非キリスト教徒などを順次疎外していき、さいごに「ほんとうの人間」として残るのは、ごく少数の支配者階級だけです。支配者はあくまで特権階級で、孤高であり、他を寄せ付けたりしません。<

ヨーロッパ人間主義、一見‘人間的’ですが、その実、メチャクチャ排他的なのですが、人間的なのはあくまで、少数の支配者階級の為だけです。

その考え方がどこから生まれたか、面白い記事があったので紹介します。


ヨーロッパ人間主義 肉食の思想、鯖田豊之

より記事をお借りしました。

リンク
以下引用
・・・・・・・・・・
■食生活に由来したヨーロッパの思想
ヨーロッパで生まれた思想。それらはどこに起因しているか考える言説は少なくないです。それらは環境に原因を求めたり、歴史に求めたり、人種に求めたり、言語に求めたりもするかもしれません。実にさまざまなものです。

本書では、その思想的根底を歴史的・地理的条件に由来する食生活の伝統を断面にして掘り下げます。食生活という卑近な部分から思想を述べるという点だけでも注目すべき理由となりますが、本書にはもう一つ注目すべき点があります。それは本書が日本という尺度を通してヨーロッパを語るという比較文化史としての側面を持っている点です。

この両者を併せ持って進められていく論述は独特です。しかし、十分な実例と統計を基盤として議論が進められていくことにより確固たる説得力をも見せる本書は、ヨーロッパの思想を語る上で参考になる良書である思います。

■肉食と断絶論理、そこから生まれた人間中心主義
ヨーロッパの地理的条件として、その涼しい気温と、広く貧しい土地があります。この環境下では穀物を主食とするほど豊かな生産が行えません。一方、牧畜には適しているため、肉食を食生活の基盤とせざるを得ませんでした。

この肉食を支えたのはキリスト教です。キリスト教では、人間以外の動物は全て人間のために存在するという教えがあります。人間と動物は明確に断絶されているのです。この人間と動物が断絶されていることを証明し続けるためにヨーロッパではあらゆるところに断絶論理を推し進めることになった。その派生でヨーロッパ特有の思想や制度、社会ができあった論理構成が本書の中心的テーマです。

人間中心主義と現実との妥協を付けるために創り上げられた論理が見事に説明されている話があります。
それは結婚です。

四足動物は人間と共通性があります。家畜が豊かだったヨーロッパでは、動物の性交渉と人間の性交渉が同じものであることに嫌でも気付かされました。ですが、キリスト教によれば人間と動物は断絶されていることになります。そこで使われたのが婚姻制度です。

婚姻儀式で人間に秘蹟を付与することにより、人間の性交渉は動物とは異なった行為であるという言い訳が出来上がるわけです。そのためにヨーロッパでの結婚観は日本のそれに比べれば非常に厳格なものでした。動物と人間が同じものであると認めるわけにはいかないわけですから、動物との差異として14親等以下での結婚を認めない、近親相姦に対する絶対的な忌避など、日本とは違った思想を持つこととなりました。人間は動物とは違うことを何としても証明する必要があったのです。

このような強迫的に人間的なものを追求せざるをえない人間中心主義は、社会組織、身分制度、教育制度、組合制度などヨーロッパのあらゆるものに影響を与えます。肉食とキリスト教が相まって出来上がった思想が、ヨーロッパの思想の根底となったのです。

■日本との差異
日本はなぜこのような人間中心主義が出来上がらなかったのか。その点についても説明されています。

最たる理由は、仏教の輪廻転生思想でしょう。あらゆる生物は輪廻するために結果的には人間は犬にも魚にもなる。だからこそ、人間と人間以外には厳格な断絶はなく、生き物というひとくくりで済むのです。そこからは差別的な思想はうまれず、全てを許容する思想が生まれます。差別・区別を推進する断絶論理とは対称的なのです。

■ヨーロッパの中心にあるのはキリスト教
本書は、肉食という観点を取り入れつつも、やはりキリスト教というヨーロッパの最たる思想を多く取り入れています。本書で、全ての思想の根本原因であるとしている断絶論理とそれを基にした人間中心主義もまたキリスト教の中心的な命題でありますから。ヨーロッパの思想をキリスト教という思想の巨人を省いて説明することは無理難題なのでしょう。

しかし、ただ観念的な論理と歴史を見て回りヨーロッパの思想を説明するのではなく、肉食という人間の生活に密に接した活動から思想が育まれていったという説明は、独創的で、魅力的で、実感できるものです。その点において本書は類書と一線を画すものであり、本書がより大勢の人に薦められる根拠とします。
・・・・・・・・・・
以上引用
 
  List
  この記事は 21959 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_233885
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp