現代意識潮流を探る
233581 〜「コミュニティーアート」から「新しい仕事の創出」の潮流が生まれている!〜【なんで屋ウィークリー06/21】
 
吉川功祐 ( 31 東京 会社員 ) 10/06/22 PM03 【印刷用へ
「コミュニティーアート」を学び、活動している学生や社会人が最近露店に立ち寄り、活動そのものに高い興味を示してくれる。「コミュニティーアート」とは、コミュニティーにおける課題を発見し、アートを通して創造的に解決する活動で各地にNPO団体が多数存在している。彼らとやりとりをしていて感じるのは、最近では「アート」と「社会/現実課題」を如何に結びつけるか?が探索の中心になっているようであり、「アート」を介した人つながり、場作りだけでは、もはや人を惹き付ける吸引力になり得ない状況にあるようだ。

//////////////////////////////////////////////////////////////
●「アート」と「環境問題」を結びつけることを目指し、誰もが潜在的に感じている「環境問題」への意識を、コミュニティーアートを通してみんなで取り組めるように課題化していこうと活動している学生。始めは露店のカードに惹きつけられて立ち寄ってくれたのだが、「アート」を場作りの入り口としながら「社会課題」と結び付けていることが、最大の共感ポイントだった。(某国立大学大学院生:20代・♀)

●「コミュニティーアート」を勉強している方で、『露店』という形態を介して人々が関わり合う場を作っていることに興味を持って立ち寄ってくれた。やりとりを通して見えてきたことは、既存の市場主義・民主主義の枠を超えて、「新たな仕事」を創出して行きたいと感じていて、その足がかりとして「コミュニティーアート」の勉強をしているとのことだった。(20代・♀)
//////////////////////////////////////////////////////////////

これらの事例から、大きく2つの潮流を読み取ることができる。

@アートによる場づくりも、「人収束」⇒「課題収束」の段階へ

・「コミュニティーアート」としての位置づけも、人つながりを作って行くだけでは限界に来ており、社会/現実課題と結びつけてはじめて人を惹き付ける場を作ることができる。
⇒「なんで屋」は、露店という人つながりを生み出す場作りの中心に、「社会課題への追求」があり、場への吸引力になっていることが、共感ポイントになる。


A既存の市場原理の枠組みに囚われた「NPO」であることの限界
⇒「新しい仕事」として、創出していく段階へ

・NPOとして多数の団体が存在する「コミュニティーアート」も、社会課題と結びつけた場作りが出来れば、「仕事」として生み出していけるのではないか?
⇒「なんで屋」は、「必要か否か?の評価軸のもとにお金を使う。」という全く新しいお金の使い方を提起し、「新しい仕事」として成立することを目指して活動を続けてきたことが共感ポイントになる。


☆2010年露店がはじまって2ヶ月、今回のような「コミュニティーアート」を仕事にしていきたいと感じている方々とのやりとりや、新看板にある「活力再生事業」のフレーズ/「なんで屋をやってるのはなんで?」のお題に反応してくれて、全く同じような仕事を立ち上げたいと想っていると共感してくれるお客さんとの出会いを通して、『新しい仕事』を生み出していける可能性を感じている。こういった出会いは、今後もどんどん増えていくと想うので、やりとりを重ねながら『新しい仕事の創出』を実現していきたい!
 
  List
  この記事は 233573 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_233581
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
庶民による社会統合気運の高まり その最先端の潮流を探る6 〜路上で感じる社会統合気運の高まりの先端事例〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/07/24 PM01
233961 学校教育と現実のズレを感じ、なんで屋に寄ってくれる女子学生が増えてきた【なんで屋ウィークリー06/28】 松下晃典 10/06/30 AM01
路上の声から次代を読む〜「コミュニティーアート」から「新しい仕事の創出」の潮流が生まれている!〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/06/25 PM04
233712 路上の寺子屋=なんでや 2U 10/06/25 AM10
233705 コミュニティアートも行き着く先は「課題の中身」 バスケットマン 10/06/25 AM03
233612 〜潜在思念は男女役割共認の可能性探索へ〜【なんで屋ウィークリー06/21】 三浦弘之 10/06/23 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp