本能⇒共認機能⇒観念機能
232555 5/30なんでや劇場レポート「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
 
匿名希望 10/06/01 PM04 【印刷用へ
2600年前、同時期に仏教・儒教・ユダヤ教という古代宗教が登場し、その300〜400年後にそれぞれの地域で統一国家が成立した。

それまでの部族連合国家では守護神信仰や神話の共認によって統合されていたが、部族間の緊張圧力や交易や連合、さらには服属部族をどう支配するかといった課題に対しては、部族間の意思疎通が不可欠であり、その部族の中でしか通用しない守護神や神話では統合できない。部族を超えた普遍性のある観念が必要になった。こうして各部族の潜在意識のレベルで社会統合機運が上昇し、それを鋭敏にキャッチして、守護神や神話を超えた、より普遍的な観念(古代宗教)を作り出したのが、釈迦や孔子やユダヤ教の預言者たちである。

そこでは、(普遍性の高い)抽象的な概念が前面に出てくる。例えば、儒教であれば「仁」が最高価値とされた。弟子たちは孔子に「仁とは何か?」と何回も問うが、孔子はその定義を明確に答えるわけではなく、事例を述べるだけであった。

観念機能は、言葉回路と文字回路に分解することができるが、孔子と弟子たちの対話による問答で使われているのは言葉回路である。話し言葉は本能・共認回路に直結させやすいので、「仁」などの抽象概念もいちいち文字回路の位相に置き換えて使われるのではなく、話し言葉の地平で使われていたに違いない。

そして、孔子の弟子たちは(釈迦の弟子たちも)その問答を文字として書き留めた。なぜ、彼らは文字として書き留めたのか?

話し言葉は瞬間瞬間で消えてゆくのに対して、文字は内容を眼前に存在させ続ける。求道者であった孔子や釈迦と同じく求道者であった弟子たちにとって、文字として固定すれば、瞬間に消えてゆく話し言葉よりも深く探求したり、体系化することが可能になる。その必要から、彼らは文字として書き留めたのであろう。

それに対して、近代〜現代の学者は求道者ではなく、単なる解釈者にすぎない。とりわけ明治以降の日本の学者がやってきたことは、西洋の学問を解釈し理解することであった。しかし、西洋発の近代思想はもはや終わっている。

現在求められているのは、新たな理論体系を構築する求道者である。
このような時代の位相から考えても、理解主義や解釈主義が今や無価値であることは明らかではないだろうか。

解釈主義に立つ以上、思考はそれに支配され、トコトンまで洗脳され、それを超えた発想は出てこない。それに対して、求道者は自らが生み出した新しい観念に支配されてしまうのではなく、その観念を足がかりにしてさらに新しい認識の体系を構築してゆく。このように求道者と解釈者というパラダイムが違えば、同じ文字を使っても、その思考の自在さは全く違ってくる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_232555
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
宗教からみた男女関係 〜武力支配国家の誕生と古代宗教の登場 「共同体社会と人類婚姻史」 13/01/04 PM03
232747 「みんなの役に立ちたい」という想いがあれば、誰でも求道者になれる。 (´・∀・`)へー 10/06/05 PM08
5/30なんでや劇場レポート「観念力を鍛えるには?」V 詭弁を説明しようとするから難解になってゆく 「日本を守るのに右も左もない」 10/06/03 AM07
232596 周りの発信を注視し、潜在思念で捉えた言葉を積み重ねていく 疾風怒濤 10/06/02 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp