法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
231412 【統合気運】理論物理学者の官僚制度改革への提言
 
野田雄二 ( 48 大阪 営業 ) 10/05/09 PM01 【印刷用へ
故人ですが、著名な理論物理学者である宮島龍興氏の提言エッセイ 「官僚制度はあべこべ」の内容が、るいネットで議論されている内容と共通するところが多いので、紹介します。

政治家は民意で選ばれているのに、官僚を民意で選べないのでは民主化とは言えない、真の民主化のために官民をつなぐ電子会議室が発明されることを願う、さらには官だけではなく企業も民主化していくべきだという内容です。

■宮島名誉会長 第79回提言エッセイ 「官僚制度はあべこべ」(平成17年3月28日掲載)リンク 
  
1.公務員は公僕の筈

 私は「チョンマゲ頭のお役人」の題でessayを雑誌「官界」にのせた事があります。幕府の役人であった武士階級が家を守ったのと同じように、官僚も実質的に自分の家に当たる官僚組織を断固として守るう上に、Perkinsonの法則にしたがって組織の増大を図る性質がある事を強調したものです。残念ながらこのessayは黙殺されました。

 今の官僚制度は、自分達にとって極めてお気に召している意味で組織内では民主的ですが、国民から見ると官僚は名前だけは公僕で実質は国民の支配者です。官僚制度はあべこべの官僚独裁ではないでしょうか。税金以上に国費を支出し組織を増殖したがるのは当然です。

 役所内部は国民から見ると密室です。用事で会う場合のほか、役人が何をしているか外部から見る機会は全くありません。国民が役人の業績がわからない、評価のしようがないと訴えて見ても、役所の仕事は組織の仕事だから個人評価はできないと逃げられてしまいます。それなのに昇進や新しい部局長の任命の際などに、候補者が内外から公募された話は聞かず、選考がどう行われたか誰にも見えません。人事院には履歴だけでなく個人の業績のarchivesがきちんとあるでしょうか、国民は見れるでしょうか。

 公務員の採用は厳重な資格や試験に依っていると言っても、それは家の跡継ぎをドラ息子の代わりに養子にする程度で、実質的には何の変化もありません。

2.公務員制度の民主化

 行政は公務員が行います。従って公務員制度の民主化は極めて重要です。また様々な場でどういう役の人達によって行政がどうおこなわれているか、これは学問としても大変重要な資料とおもいます。これがあって始めて行政や公務員の実質的な評価ができる筈です。accountability は数字合わせだけの審査ですむものではありません。

 このような基礎的な記録など、住んでいる町でも聞いたことはありません。ひそかにどこかにあるのでしょうか。あっても透明でなくては無意味です。

 このような基礎があれば、行政の改善や公務員の配置転換のほか、民間人からの課長局長の公募などもずっと自由に合理的に可能になるでしょう。そうすれば公務員の自己増殖も防止されるでしょう。

3.行政・政治・国民間の民主化

 政治家の公選は民主化の象徴です。世界ではかなりの歴史があり、公選がなければ非民主的と言われます。我が国のように、一世紀以上の実績があっても、公選だけで民主化が達成されたとはとても言えない現状はご覧の通りです。

 公務員は政治家である大臣が監督するから、間接的だが民主的であるとは、屁理屈にもなりません。憲法の言う通り公務員を国民がえらぶ、行政に国民の意見が反映するなどが行政の民主化の第一歩でしょう。

 各省にある審議会は多く公募ではないし、役所が都合のよい人選をするから、とても公平とはいわれません。

 自治体で電子会議室などを駆使して行政と住民間の民主化を試みているのは結構です。然し誹謗や我儘で揉めているのが大部分で、成功例は藤沢市くらいであるのは残念である。しかし成功例があれば、成功の要点を明らかにして、他の自治体も実行できるようにする必要があるでしょう。

 政治に国民の間の民主化にも同じ考えが成功するかもしれません。つまり国会と国民、議員と国民の間に電子会議室的なものを設置して、意見の成熟を図る上手な手法がああ発明されたらと願っています。

 さらに民間の諸組織も民主化される必要があるのは言うまでもありません。

 こうして行政・政治・国民の間に民主的な輪ができてうまく廻って、社会の民主化は第一歩を踏み出す事になるでしょう。なお道遠しである。

宮島龍興氏経歴:(社)日本教育工学振興会名誉会長、(財)コンピュータ教育開発センター理事長。1916年7月27日生れ(91歳)。理論物理学者。76年筑波大学長、80年理化学研究所理事長、89年勲一等瑞宝章受章
 
  List
  この記事は 230596 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_231412
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
232118 【統合気運】元官僚の官僚制度改革への提言 野田雄二 10/05/23 PM04
231821 【統合気運】市民電子会議室がうまくいっている事例:神奈川県藤沢市 西村真治 10/05/17 PM09
231775 【統合気運】未来への提言(案)〜コモンズからはじまる、長野県ルネッサンス〜 野田雄二 10/05/16 PM10
231572 反小沢大臣を更迭する必要 山上勝義 10/05/13 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp