本能⇒共認機能⇒観念機能
231048 4/29なんでや劇場レポート「観念力とは何か?」(4) 観念力の本質である考える力とは
 
匿名希望 10/05/02 PM05 【印刷用へ
●共認統合力としての観念力には、考える力が不可欠である。

考えるということ自体、どういう場面で登場するか?

「聞く」「話す」は瞬間瞬間の行為で、「読む」段階でも娯楽の場合はほとんど考えていないし、仕事上の必要で読む場合も深く考えているわけではない。思考上の必要で読む場合も、立ち止まって考えるよりも先へ先へと読み進めていく読み方がほとんど(こういう読書法は、論語千回と対極で何も身につかない)

このように「モノを考える」という行為に迫られる場面は限られている。
どういう場面で考えることを迫られるのか?

○現実の圧力を前にした「どうする?」

考えることの中心軸の一つは、現実の圧力を前にした「どうする?」という実践思考にある。

それに対して、「悩む」というのは倒錯思考の産物である。「思考次元2 否定意識の倒錯思考」19060

実践思考は、闘争圧力が高まる(弱まる)ほど高まる(弱まる)。現在は、私権圧力の衰弱によって、実践思考という点でも考える力が最も衰弱した時代。

○体制or価値観・パラダイムの大転換期

実践思考以外に、考える必要に迫られる場面として体制or価値観・パラダイムの大転換期が考えられるが、日本人は、戦後民主主義への転換期も黒船来航〜明治維新の転換期も何か真剣に考えたわけではない。西洋、アメリカのやり方に飛びついただけである。

もっと大きな転換は、縄文時代(原始共同体)から私権時代(古代王朝)への転換であるが、この時も日本人は何も考えていない。これは日本人の特殊性である。朝鮮半島での負け組が当時の支配階級だが、彼らは中国や朝鮮の支配体制を持ち込んだだけであり、支配される縄文人も舶来信仰で、大陸での負け組⇒流れ者の支配階級の言う通りにやっただけ。

このように日本人は考えたことのない民族であり、日本史の中では体制・パラダイム転換によって考える必要が生じた事例は見つからない。

従って、外国に例をとると、2600年前、同時期に仏教・儒教・ユダヤ教という古代宗教が登場し(2700年前にはゾロアスター教)、その300〜400年後にそれぞれの地域で統一国家が成立している。なぜか?

それまでの部族連合国家では守護神信仰や神話の共認によって統合されていたが、部族間の緊張圧力や交易や連合、さらには服属部族をどう支配するかといった課題に対しては、部族間の意思疎通が不可欠であり、その部族の中でしか通用しない守護神や神話では統合できない。観念に世界的普遍性をもたせる必要がある。

こうして各部族の潜在意識のレベルで社会統合機運が上昇し、それを鋭敏にキャッチして、守護神や神話を超えた、より普遍的な観念(古代宗教)を作り出したのが、釈迦や孔子やユダヤ教の預言者たちである。

○現代は考える必要が高まっている

このように、考えることを迫られる場面は2つ。@実践思考(←闘争圧力の高まり)と、A体制転換・パラダイム転換⇒統合機運である。

現在は、戦争時のような闘争圧力発で考える必要が高まる可能性は小さいが、統合機運は今後上昇するはずである。官僚・検察の暴走、企業をはじめとする私権体制の崩壊から秩序崩壊の予感が顕在化する。そこで特権階級の無能視が普遍化すれば、大衆が自分たちの手で社会を統合しなければという統合機運が生起し、その潜在機運を受けて一部の人間が新理論の構築に入ってゆくだろう。そして、彼らによって千回反復に値するテキストが作られてゆく筈である。

このような全社会的な転換とそれに伴う旧観念から新理論への転換といった次元でなくても、私権原理から共認原理への転換は至る所で顕在化している。例えば、職場でも従来のやり方では上手くいかないといったケースが頻発しており、そこでは「どうする?」思考で考える必要性はどんどん高まっている。

このようにモノを考える必要性は高まる一方だが、その妨害物が旧観念である。共認回路発で言葉(記号)の意味を掴むのが観念回路だが、この観念回路に旧観念群が定着していると、その被害は甚大である。何を考えるにしても私権時代の旧観念に絡め取られて答が出てこない。それに対して、思考を前進させる土台になるのが新理論である。

○観念力とは何か?

まずは私権原理から共認原理への大転換という状況を直視して、どうする?という問題意識を形成すること。

どうする?という実践思考では、まず状況認識が必要(ex.敵を知る・・・)だが、状況認識にもレベル差が無限にある。新聞レベルの浅い状況認識では答えは出せない。答えを出すにはより深い位相で構造化する必要があり、そこで答えが出なければもっと深い位相で追求する必要がある。

そうした追求の果てに、私権原理から共認原理への大転換という実現基盤を発見する。そこまで行けば、共認充足をどう実現するかという答えに繋がる。私権時代の旧観念から脱却できない官僚や学者やマスコミには、こういう答えは出せない。だからこそ、彼ら特権階級は何をやっても行き当たりばったりで、失敗を繰り返すのである。

旧観念からどこまで脱却できるか?
新理論をどこまで使いこなせるか?⇒テキストの反復千回。

これができれば答えが出せるようになる。これが観念力形成の真髄である。
 
  List
  この記事は 231045 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_231048
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
265088 日本人の宗教観(1)〜自然の摂理の奥に真理=神がある〜 彗星 12/06/05 PM07
234888 日本人はこれから考えないとかなりヤバイ わっと 10/07/19 PM02
233806 幕末の全人教育=郷中教育 阿部佳容子 10/06/27 AM03
シリーズ★路上で出合った企業人の声 〜「考える」ことの第一ステップは、状況認識にある〜 「これからは探求の時代」 10/06/17 AM11
233083 潜在思念発の実践思考と反復が成果への近道 〜カリスマ販売員の事例〜 竹村誠一 10/06/12 PM07
232519 5/30なんでや劇場レポート「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか? 匿名希望 10/05/31 PM09
232319 やり取りの中での気付き 倉野 10/05/27 PM11
232011 考えるな! 感じろ☆ hey 10/05/21 PM05
231810 敗戦国や、戦争脅威などの強迫観念を打破して、本来あるべき国家体制を考えた方が良い。 たっぴ 10/05/17 PM06
231662 「実現論」と「論語」の斉読レポート 山田太郎 10/05/15 AM02
231645 実現思考とは倒錯観念の自閉ではなく、「内面の発信!」に答えがある 酒井俊弘 10/05/14 PM10
231642 「悩む」という倒錯思考⇒「どうする?」という実現思考になるには? KITUNE 10/05/14 PM09
231584 【図解】なんでや劇場「観念力とは何か?」 Lucky 10/05/13 PM03
4/29なんでや劇場レポート「観念力とは何か?」(4) 観念力の本質である考える力とは 「これからは探求の時代」 10/05/11 PM11
231393 古代における認識闘争 松井英仁 10/05/09 AM03
231359 旧観念に自分自身が染め上げられているという自覚が不可欠 ゲン 10/05/08 PM07
231220 新理論を普遍化してゆく方法 匿名希望 10/05/06 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp