共同体社会の実現
230506 農収束を本物にする支援金制度
 
長谷暢二 HP ( 42 山口 農業 ) 10/04/22 PM06 【印刷用へ
>そして又、新しい可能性は、現存する同類闘争の場(=市場)の中で、現存の評価指標(=お金)に則って現実の必要が認められ、勝ち抜いてゆくことによって、はじめて既存の全てを自らの下に収束させてゆく新しい最先端機能であることを、人々に証明することが出来るからである。<

 現在、農業に興味を持ったり、やってみようという人たちが、若者や団塊世代で増えています。

 今まで、市場社会でのお金(=収入)という評価指標上では、片隅に追いやられていた農業が、近年、注目されつつあるのは、新しい可能性の萌芽と見ることが出来ます。
 しかし、それは、単に、農作物や農産加工品を販売して、収入を得るだけでは無く、意識生産的(教育、体験、活力再生etc.)側面を評価してのことと思われます。
 ですが、今のところ、生産販売以外の取り組みについて、例えば、農業体験etc.は、それそのもので、経営的に成り立つレベルに達するには、まだまだ遠いのが現状。旧い場(=市場)でも勝って行くには、一経営体で何とかしようというだけでは、限界が有ります。

 そこで、るいネットでも何度か書かれているようですが、意識生産の中身をきっちり評価して、それに応じて支援金を国が出す。ということが考えられます。これによって、「お金」を超えた価値に、収束させることが可能になります。

 逆に言えば、その制度が、特に、農林水産業etc.において、旧い社会(市場)⇒新しい社会(共認社会)への転換を促すことになると考えられます。

 その意味でも、新しい制度設計、政策立案が急がれます!
 
  List
  この記事は 35273 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_230506
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp