私権原理から共認原理への大転換
230068 会社が勝てるかどうかは、下から圧力を掛けられるかが鍵
 
竹田翔 ( 20代 大阪 会社員 ) 10/04/14 PM06 【印刷用へ
「下には言い難い。」
「説教になってしまったりする。」
「一対一では出来ない。必ずオープンな場所で行うようにしている。」

衝撃的だった。上の人は全くそんな気を使わず、間違いがあればガンガン指摘して正していく印象があった。下から上に圧力を掛ける以上に、上は悩んでいるのだと知り、私権⇒共認への転換期において、一番頭を抱えているのは上の人たちなのだと気付いた。

私権のヒエラルキーによる上からの圧力では末端まで行き渡らないので自我が蔓延る。これが面従腹背⇒言い訳・誤魔化しが蔓延る根本構造である。この構造を断ち切るには、下からの共認圧力の形成しかない。下からの共認圧力によって言い訳・誤魔化しを許さない。これができた企業が勝ち残ることができる。(229229)

このままでは共認原理へ転換しきれず、まず勝ち残ることは出来ない。そこで『下から圧力を形成するには?』に焦点を当てて考えてみた。

@他チームの上へ圧力を掛ける
同じ会社に属していても、他の接点があまり無いチームがあるかと思う。(ここでは社内であるが接点の少ない小単位の違う組織をチームと表し使う)自チームであれば自ずと上下関係なるものが成立し、互いに言い難い状態になってしまうが、他チームであれば、その上下関係とは無縁の所で一石投じることが出来き、心理的にも軽いはずである。
まず、自チームが難しいなら、社内の他チームへ圧力を掛けていくことから初めてはどうだろうか。

A肯定的な場の形成
「この人には何でも言い易い」逆に「この人には言い難い」などの感覚は誰しも持っていると思うが、この違いは何なのか?を考えると、その人が作り出す場の肯定感が規定しているのはないだろうか。
ある人(下から圧力を掛けてもらえる人)は、まずレジュメをつくったり、半答え(仮説)を用意したり事前準備に力を注ぐ。そして、ミーティングの場にはお菓子などを用意する。ミーティングでは時折笑いが起きるが、その方が結果として良い成果が出るそうだ。他にも、他チームのメンバーをミーティングに招くのも圧力形成には有効そうだ。
上は指摘や圧力を掛ける方法を考えるのはなく、下から圧力を掛け易い(=圧力を受け易い)場を作っていくことが求められているのはないだろうか。

B圧力形成の仲間を作る
そして、一人では圧力など作る事はできない。だからこそ仲間が必要なのである。
>まず、周りに働きかけて仲間を作る。それが職場の大多数の共認になれば成功である。一昔前ならそこから要求主義の組合運動的な活動になったものだが、それでは対立にしかならない。現在は、上に対しては「なるほど、それなら上手くいきそう」と思わせることで上を巻き込んでいく方がはるかに成果が高い。そして、上長を攻略するためには、女の味方がいるかどうかが重要。 (229248)

周りと話している間に、不鮮明だった違和感も鮮明になり、確信に近づいていくことが出来る。また、その過程を共認しているからこそ、みんな共認を形成することが出来る。下は物腰軽く、周りを巻き込んでいくことが求められているのだと気付いた。

>上を動かすにも、下からの共認圧力の形成が不可欠である。
∵みんな共認には誰も逆らえない。(229248)

会社を共認原理に基づく組織へと転換させられるのは『下』と言われている人たちしかいない。会社(組織)としてどう勝っていくのか?に応えるためには『下』が奮起しなければならないのだ。
 
  List
  この記事は 229248 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_230068
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp