私権原理から共認原理への大転換
229994 「女たちの充足性こそ最大の価値なんだという認識転換」への参考投稿集
 
匿名希望 10/04/12 PM05 【印刷用へ
229248 「今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる」
>肯定視・充足をキーワードとして定着させる。具体的には、現業のミーティングでも肯定視できるポイントを固めるとか、上司も部下の肯定視ポイントを把握して指導するといった工夫はできる。しかし、肯定視・充足と言えば、女の方がはるかに発達しているのであって、女たちを中心にして充足・肯定の空気を作り出すことが必要。女たちが充足期待の空気を作り出し、男の活力を引き出す。これが男女関係再生のカギであり、同時に企業活力を上昇させる突破口である。
そのためにも、女たちの充足性こそ最大の価値なんだという認識転換が、特に男たちに求められる。
 
 これから10年は肯定視・充足をキーワードとして定着させる、そのためには女性の充足性を最大限に発揮できるようにすることが重要。充足存在としての役割が明確になり共認されなければ、安心してその(自ら充足し、周りに充足を与えるという)役割に収束できない。


119867 「全ては性的期待」西さん
>仕事での指導も感トレのすすめも、それら全て、性と切り離された中性的な期待ではなく、充足存在⇒性的存在である(になる)ことを期待する「性期待」。
>そのためには、女の役割規範を明確に認識する必要がある。
>性的存在=充足存在になることが、仕事でも社会でも、みんなが一番期待してくれていることであり、それが最大の役割なんだと気付けば、女の心は開放され安定する。 

 まず、女性にとっては充足存在であることが最大の役割期待であり、言い換えれば「仕事」であるように思います。

127675 「女は太陽」は最大の期待カード! 西谷氏
>この言葉には、女=性的存在・充足存在と言う認識が込められている。
確かに、そう考えると「いい女の条件=肯定性・応合性・柔軟性」よりも、「女は太陽」の方がストレートに役割規範を言い表している。
「いい女の条件」=行動指針
「女は太陽」  =役割規範

 それを一言で言えば、「女は太陽」というシンプルな言葉となる。

 さらに具体的に考えれば、

177725 「女の充足は3段階、そして無限大へ!」三輪さん
>その充足度合いもいくつか段階がある。
まずは、「〜してもらって」「〜って言ってもらって」嬉しい、ありがたいなぁって感じる充足。
この「受身(〜してもらう)の充足」が第一段階。

>次に、相手を注視できるようになると、相手の期待を捉えて、それに応望し始める。
すると相手が喜んでくれる!
その姿をみて、自らも充足するようになる!
この「応望して充足」が第二段階。

>その充足が積みあがってくると、今度は、誰かが応望している姿をみて、それを喜んでいる姿をみて、自らも充足するようになる。
まさに「みんなの充足=自分の充足」。
この「同化して充足」が第三段階。

 というように充足存在としても、何段階にも進化していける。

 こうした充足存在としての「いい女」がいると、会話のなかった場に皆の会話が生まれる、やり取りが発生する、そして、充足できる機会が増える。これだけでも、仕事成果にも直結する非常に大きな変化となる。

 充足肯定空間という「場」ができるためには、皆の間を満たす媒体が必要。まさに、「いい女は最強の充足媒体」となり、場を生み出すのだといえます。

74262「いい女は最強の充足媒体」 辻一洋氏
>思えば、'70年以降、女たちが社会進出し始めたのも、私権確保のためではなく、文字通り「社会」を統合しようとする男たちの傍で、闘争期待=答え期待を加え、共認充足を求め始めたからではないか。
>共認充足を形成する媒体はいくつもある。人と人とがつながれば、それだけで共認空間になるとも言える。そこでの充足度は場を作る参加者の意識、活力に規定される。
>なんで屋には男たちをやる気にさせる女がいる。その期待に押されて答えを出そうとする男がいる。だから、なんで屋は、他のどの媒体とも比較にならないほど魅力的なのだ。 
 そして、企業にとっては、もはや女性に対する充足存在期待、いい女期待という役割規範の形成は、経営戦略と同じ位相にある最重要の組織課題なのだといえます。
 
149937 「男女共に担える課題はあるし、互いに必要な存在。」 三輪さん
>会社という組織は、主に2つの課題があります。
一つは外敵闘争課題。
勝っていくためには、あらゆる状況判断を分析して方針を立てる必要がある。そして、その方針に則って先頭にたってみんなを導くという課題がある。
もう一つは社内統合課題。
社内の調和を図り、結束力を高め、みんなの活力を上げていくという課題がある。
この両方の課題が上手くいって、初めて会社という組織は上手く回ります。
>前者の課題は闘争存在である男が、後者は充足存在である女(周りとの調和を図るのが得意etc)が担うほうが基本的には上手くいきます。
それは、男(雄)は「闘争性」を、女(雌)は「充足性」を高めることによって人類は進化してきたから。
 
 なぜ、この男女役割の共認が重要なのか?このことを構造的に押さえ、認識し、固定化していくことが「女たちの充足性こそ最大の価値なんだという認識転換」につながっていくのだと思います。
 
  List
  この記事は 229248 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_229994
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp