実現論を塗り重ねてゆく
229229 3/28なんでや劇場レポート(2) 自分発→みんな発へ、否定→実現への転換 
 
匿名希望 10/03/31 PM00 【印刷用へ
ところが、2010年代は自分発からみんな発への転換期であるが故に、誰しもが古い私権体質・自分体質を残存させている。その結果、みんな発の地平に立てず、能力を十分に発揮できないという事態に直面する。

●古い体質の残存例
【1】人間関係が苦手で、関係捨象するタイプ。
頭では「みんな第一」と言いながら人間関係を捨象していては話にならない。「みんな第一」を肉体化するためには、何が何でも関係づくりに励むことが不可欠。

【2】もっと普遍的な、ほとんどの企業が頭を抱えている問題。弱者体質・敗北体質から言い訳・誤魔化しを繰り返すタイプ。これは面従腹背という私権時代特有の問題である。

私権圧力が強い時代でも、私権圧力が社会の隅々にまで浸透することはなく、圧力が働かない隙間の自由空間が存在する。自由空間では自我発の自己正当化・他者否定が蔓延ることになる。自我からすれば、腹の底から上を認めていないということ。これが面従腹背である。上辺だけ合わせて都合の悪いことは隠蔽、誤魔化し、言い訳に終始する。

それでも私権圧力が強い時代は、家父長に対して妻子が日常的に言い訳を繰り返すことは許されず、自我は一定封鎖されていた。ところが現代、私権圧力が衰弱、かつ市場縮小で成果が上がらないという状況で、ほとんどの企業で言い訳・誤魔化しが横行し、私権企業は危機に瀕している。私権体制は崩壊過程に入った。その代表例がトヨタやJALである。

言い訳は失敗や敗北の正当化である。敗北さえ正当化すれは、敗北主義というイデオロギーとなる。敗北主義者=負け犬である。

この面従腹背にはじまる言い訳・誤魔化しが全企業を覆っている。今後もトヨタやJALに続いて巨大企業の崩壊が表に出てくるだろう。このように自我発(自分発)である限り、その企業は崩壊する一方である。逆に言うと、みんな発に転換できるかどうかが、その企業の共認力を決定づけることになる。

私権のヒエラルキーによる上からの圧力では末端まで行き渡らないので自我が蔓延る。これが面従腹背⇒言い訳・誤魔化しが蔓延る根本構造である。この構造を断ち切るには、下からの共認圧力の形成しかない。下からの共認圧力によって言い訳・誤魔化しを許さない。これができた企業が勝ち残ることができる。

私権時代は上からの圧力、共認時代は下からの圧力。力の構造が全く違っているのも、私権時代と共認時代の違いである。

【3】これも、いろんな企業で見られる事例だが、成果が求められる圧力下で、否定→ダメ圧・説教を加えるタイプ。求められているのは答を出してあげることである。答を出さずにダメ圧や説教では誰もついてこない。ダメ圧や説教になってしまうのは、観念論(旧観念)に頭が支配されているからであるが、そんなものでは答になっていない。自分発からみんな発の転換の次は、否定から実現への転換が求められる。常に「どうする?」という答の探索が必要なのである。

ダメ圧に陥るパターンとしてもう一つ挙げられるのが、先頭切って闘うタイプ(闘える男に多い)。項羽がその典型で、私権時代では英雄になれるが、共認時代ではリーダーは務まらない。先頭を切って闘う人間自身は有能だが、自分ができるのだから、みんなできて当然⇒なんで、みんなはできないんだという否定視に陥りがち。

そういう人は、自分とみんなは違うということを事実として認識すること(男と女の違いを認識するのと同じ)。自分ではできる方法論でも、二段階も下の能力の人にとっては別世界の話であって全く使えないということになる。自分なら突破できる方法論⇒他の人なら可能な方法論という二段階の思考が必要になるが、この問題にも壁がある。観念論や規範観念をはじめとする旧観念から脱却して、全てを構造論に置き換えなければならない。この、旧観念からの脱却も相当な難課題である。
 
  List
  この記事は 229226 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_229229
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
243906 みんなを想う先輩に触れて@〜「で、何が問題なの??」 三上香緒里 11/01/13 AM08
237033 みんな発とはどういうことか? くり 10/08/30 PM09
【図解】私権体制の崩壊⇒共同体制の時代へ 「これからは探求の時代」 10/07/03 PM05
職場をもっと楽しくするには?(5)〜塾コンサルの周りの活力を上げた自慢〜♪〜 「これからは探求の時代」 10/06/03 AM01
232227 〜無能の自覚が社員の活力を引き上げる〜【なんで屋ウィークリー05/24】 三浦弘之 10/05/26 AM00
職場をもっと楽しくするには?(2)〜仕事を私権規範発から充足発へ〜 「これからは探求の時代」 10/05/07 AM02
231211 統合力=みんな発の共認形成力 佐藤晴彦 10/05/05 PM11
230691 【図解】3/28なんでや劇場レポート(2) 自分発→みんな発へ、否定→実現への転換 若林勇夫 10/04/25 PM06
230459 深い肯定視がみんなを育てる! ぴのこ 10/04/21 PM07
3/28なんでや劇場レポート?〜自分発→みんな発へ、否定→実現への転換〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/04/15 AM03
230045 私がアルバイトをやめてもいいと思ってしまう理由 匿名希望 10/04/13 PM11
229474 「人間関係の克服」は、褒める制度(=規範)から 酒井俊弘 10/04/03 PM05
229248 3/28なんでや劇場レポート(3) 今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる  匿名希望 10/03/31 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp