試験・身分制度の根深い害
229106 試験制度で量産される可哀想な子供たち
 
HAYABUSA ( 30代 東京 ) 10/03/29 AM10 【印刷用へ
子供は、友達と遊ぶのが大好きだ。親と遊んでいるときには見せない、非常に楽しそうな表情を見せることからもそれがうかがえる。親以外の「仲間」に対する肯定視。その原点は、友達との遊びを通じて培われるのだろう。


しかし、それと逆のことをやってきた人がいる。特に、エリートといわれる特権階級にはそんな人が多いだろう。試験制度にのってひたすら「合格」を目指したのだから、彼らは仲間と遊んだ経験が人より少ない。結果として、仲間に対する肯定視も浅くしか形成されていないだろう。

考えてみれば、彼らは不憫な人たちだ。生まれもっている欠乏、すなわち、仲間と遊ぶ充足を求める欠乏が充たされないまま大人になったのだから。
そう思うと、無理やり友達と遊ぶ場から引き剥がした彼らの親の意識を疑わざるを得ない。彼らの親だって、自分の子供が楽しそうな表情で友達と遊ぶ様子を見たことがあるだろう。それを引き剥がすのは無情だと普通なら思う。でも、引き剥がして勉強させた。

それは、なぜか。
その親は、十中八九、自分もそうされた人たちなのだ。仲間への肯定視が浅いため、仲間を何よりも大切なものだと思っていない。それよりも、特権が大切だと思っている。だから、子供が嫌がっても、充足の場から引き剥がすことができる。

前回のなんでや劇場で「相続」の話があがった。それと似たような構造で、負の遺産が相続されていると思う。
仲間に対する肯定視が浅い人間が特権階級につくことの問題性と同時に、特権階級に限らず、そのような人間を量産する危険性をはらんだ制度があることに問題を感じる。これ以上不憫な子供たちを量産しないために、試験制度はいち早くなくしたほうが良い。
 
  List
  この記事は 213827 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_229106
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
233026 現代のハカマギはそのうち見捨てられる わっと 10/06/11 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp