心の本体=共認機能の形成過程
228000 『充足性・肯定性を土台にした共認形成力』で、会社を再建させた事例 〜和菓子メーカー「つきじちとせ」〜
 
yosshi〜 ( 31 ♂ 東京 会社員 ) 10/03/10 PM08 【印刷用へ
『充足性・肯定性を土台にした共認形成力』で、会社を再建させ、成果を上げていった会社の事例を紹介します。

リンク
(REUTERS PRESIDENT プレジデントロイターより引用)

////////////////////////////////////////////////////////////////////
■売り上げアップの秘訣は「オリジナル手帳」

〜適切に相手をほめるには、日ごろから同僚の働きぶりや長所に注目することが必要だ。〜

 和菓子メーカー「つきじちとせ」では1年365日、従業員同士がお互いを「ほめる」朝礼を行っている。

 同社の前身「ちとせ」は1998年に自己破産している。その後、全国に菓子メーカーの子会社を持つ寿スピリッツ(ジャスダック上場)が経営権を継承、再建を果たしたのである。

 つきじちとせが「ほめる」朝礼を導入したのは2003年。寿スピリッツ社長の河越誠剛氏(つきじちとせ社長を兼務)が仕事の訓話を集めたオリジナル手帳を傘下の全従業員に配布し、朝礼で活用するよう求めてからのことだ。

 つきじちとせの城内正行常務は「手帳の読み上げを始めてから社員の参加意識が高まりました」と言う。

 「それまでにも朝礼は行っていましたが、幹部社員が訓示をする程度で、参加者は黙って聞いていただけ」(城内氏)
食品を扱う工場だけに、従業員は全員帽子、マスク、白衣を着用。お互いの服装チェックで締めくくる。

 以前の朝礼はどこの会社でも行っているような業務連絡の延長にすぎなかったのである。それが「ほめる」朝礼を導入後、社員の意識が変わった。

 従業員は順番で訓話の読み上げを行う。また、内容に関係する自らの体験を話さなくてはならない。同僚の前で話をするには準備がいる。必然的に前夜から手帳に載る訓話を読み、内容を頭に入れておくようになった。

 一方、聞く側は訓話を読み上げる社員を「ほめ」なくてはならない。適切に相手をほめるには、日ごろから同僚の働きぶりや長所に注目することが必要だ。けなすのは簡単だけれど、ほめるには観察力がいるのである。

 こうして、話すほうも聞くほうも事前に勉強するようになり、仕事に対する姿勢が真剣になったのである。

 寿スピリッツでは傘下の菓子メーカーすべてに朝礼を導入した結果、どの企業でも売り上げがアップした。朝礼を毎日休まずに行うこと、内容を工夫することで、不況を乗り切ることも可能になるのだ。
////////////////////////////////////////////////////////////////////

充足性・肯定性の空気を生み出せることに加えて、みんなの観察力が養われることもポイントですね!
 
  List
  この記事は 227489 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_228000
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
これからの子育てどうする?〜子連れ出勤の事例:モーハウス 「感謝の心を育むには」 10/03/21 AM01
228450 本気で取り組む〜評価制度運用の決め手〜 匿名希望29 10/03/17 PM02
228255 「心のミーティング」で語り合える雰囲気づくり〜レストラン妓aiWai アトリエの事例〜 303 10/03/14 AM00
228148 まず、充足・肯定視の空気を作り出すこと 匿名希望 10/03/12 PM01
228121 けなすのは簡単だけれど、ほめるには観察力がいるのである。 匿名希望 10/03/12 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp