’70年貧困の消滅と私権の衰弱
227865 「近代は身分支配から解放された時代」という嘘
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 10/03/08 PM03 【印刷用へ
先日の「なんでや劇場」で、「私権時代に求められた能力と共認時代に求められる能力」というテーマが扱われた。
その中で、私権時代の力の特徴として、成長過程で形成される本能的能力と異なり、私権時代の力は成長過程によって身に付けたものではなく、生前から予め付与されているものである事が指摘された。
すなわち、武力(身分や家来)や資本力(金)等の私権時代の制覇力は、相続によって、そのまま息子に継承されているのである。
末代固定の身分制度の根幹は、相続される力にある。
ところで教科書では「近代は、封建時代の身分支配から解放され、自由になった」と、公然と謳われている。しかし、事実をつぶさに見れば、それは嘘であることがわかる。

すなわち、封建時代といえども100年単位で見れば、常に政権交代は存在し、旧王朝の力によって保証されていた身分などは政権交代が起これば直ちに消滅してしまうこと(つまり事実として末代固定ではないこと)。
そして何よりも、近代以降も身分制度を形成する、力のヒエラルキーの礎である、資産の相続は完全に認められており、この財宝や金は、王朝や政権が変わろうとも、継承され続けること。そして、現にヨーロッパ貴族は数百年に亘ってその資産を継承し、現在でも公然、隠然たる力を持って世界を差配していること。また日本においても2世議員が多数を占める事態が象徴するように、現在も「力」は継承されていること(確かに相続税という制度は存在するが、これをほとんど無効化してしまう「抜け道」はいくらでも存在する。)

つまり、この「力の相続」は近代以降も現に行われており、身分制度から解放されたというのは、ほとんど嘘であることが指摘できるのである。(もしくは近代とは、新参者が認められやすくなった分だけ、多少は緩和されたという、封建時代に比してせいぜい少しマシになったという程度の問題にしか過ぎないことが指摘できる。)
つまり、教科書の記述は、単に近代社会を美化するためのみに学者を動員して記述させた文字通りの「欺瞞観念」に過ぎないのである。
 
  List
  この記事は 227488 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_227865
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
近代の現実とは何なのだろうか 「共同体社会と人類婚姻史」 10/05/02 AM08
228516 「近代」という概念が怪しい 鈴木隆史 10/03/18 PM02
228352 私権は“一族の資産”として継承されてきた。 麻丘東出 10/03/15 PM09
228339 『力の相続』は、【財産の相続・抜け道】によって行なわれている。 たっぴ 10/03/15 PM05
228330 資産は固定!身分は固定ではない! 三上香緒里 10/03/15 PM00
228288 社会全体を取り込んだ”だまし共認”こそ、市場の本質であり支配力の源泉である 西谷文宏 10/03/14 PM04
228247 身分制度ってまだあるんじゃん 西田香織 10/03/13 PM11
228222 現代に続く、身分。 SSS 10/03/13 PM09
228139 平成15年度の相続税改定で、日本も私権(財力)の相続構造を強めている レオンロザ 10/03/12 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp