素人による創造
2278 専門家集団と事実
 
吉国幹雄 ( 48 鹿児島 講師 ) 01/03/28 AM01 【印刷用へ
科学に関しての、あるいは事実に関しての議論は重要であり、遠回りのようでも避けて通るべきではないというのが私の考えです。事実を重視するということに関しての姿勢は、絶対にはずしてはいけないと考えています。

まず、誰もが認める現象や実験観察の結果を基礎事実として取り上げます。現象論の世界で事実を明らかにするという立場を第一に貫く必要があります。これは複雑系研究の場合のアプローチも同じでしょう。しかし、こここで確かに基礎事実といったとたんに既に二つの危険性を帯びてしまいます。

まず、その事実ですら、観察者の認識や考え方、さらにはそれに影響を与える背景としての社会的な思想によって左右される危険性があります。だから、徹底的に固定観念やイデオロギーを排除する必要があるのは言うまでもありません。

次に、逆の問題があります。それを事実と認めるその主体の問題があります。誰が認めるのかという認識されるカテゴリー(共同体社会)の問題があります。例えば専門家集団(専門家共同体)において認められた事実でも、つまり専門家が事実といっても実は一般人にとってはよく分からない場合があります。(例えば、素人がレントゲン写真で見せられて説明されてもそうですかとしかいえない)。つまり専門家の事実といっても、外界と専門家の眼とそして専門家の前提的知識との相互作用によって初めて「作り出されたもの」が多くあるでしょう。事実は専門家固有の理論(定説)によって作られる危険性すらあります。

つまり、専門家集団の認識と一般人社会の認識とがずれる危険性(複式構造)があるということ。とりわけ科学が「自然や社会など世界のある特定領域に限った法則的認識を目指す合理的知識の体系または探究の営み」であるならば、それは普遍性のある事実とは言えないでしょう。万人が知っている限りの知識に照らし合わせて整合しているという総合的な論理整合性こそが、専門分化された科学の独り善がりの独走を制御するものであると考えられます。

現在、私達はみんなが認める事実の体系を作ろうとしています。そのためには基礎事実が必要です。しかし、この事実そのものが極めて怪しいものが多いというのが、実感です。それゆえに、「基礎事実」(とりわけ実験や定説)の前提条件・前提認識を今まで以上に明らかにする必要があると考えます。前提条件が明らかにされ一般人が納得できるものは事実として進めていけばよいのではないでしょうか。

例えば、生物学においては、はっきりとこうだと言えるような基礎事実があまりに少ないようです。だから、少ない事実の中から整合する仮説を打ち出し、それを否定する基礎事実やより整合性の高い別の反対の仮説が登場しない限り、その仮説を正しいとして議論を進めていけばよいのではないでしょうか。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2278
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
明るい未来のために(11)‥‥人類の脳のOSのバージョンアップとは!? 「明るい未来のためにやらなければいけない、たった一つのこと」 11/12/14 PM00
198793 環境問題を考える視点 大嶋洋一 09/02/01 PM06
163742 素人でも良く分かるから“必要だ!”って判断できる 鹿村幸代 07/10/19 AM08
阪大、論文捏造の処分に感じる問題 「Biological Journal」 06/02/22 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp