素人による創造
2278 専門家集団と事実
 
吉国幹雄 ( 48 鹿児島 講師 ) 01/03/28 AM01 【印刷用へ
科学に関しての、あるいは事実に関しての議論は重要であり、遠回りのようでも避けて通るべきではないというのが私の考えです。事実を重視するということに関しての姿勢は、絶対にはずしてはいけないと考えています。

まず、誰もが認める現象や実験観察の結果を基礎事実として取り上げます。現象論の世界で事実を明らかにするという立場を第一に貫く必要があります。これは複雑系研究の場合のアプローチも同じでしょう。しかし、こここで確かに基礎事実といったとたんに既に二つの危険性を帯びてしまいます。

まず、その事実ですら、観察者の認識や考え方、さらにはそれに影響を与える背景としての社会的な思想によって左右される危険性があります。だから、徹底的に固定観念やイデオロギーを排除する必要があるのは言うまでもありません。

次に、逆の問題があります。それを事実と認めるその主体の問題があります。誰が認めるのかという認識されるカテゴリー(共同体社会)の問題があります。例えば専門家集団(専門家共同体)において認められた事実でも、つまり専門家が事実といっても実は一般人にとってはよく分からない場合があります。(例えば、素人がレントゲン写真で見せられて説明されてもそうですかとしかいえない)。つまり専門家の事実といっても、外界と専門家の眼とそして専門家の前提的知識との相互作用によって初めて「作り出されたもの」が多くあるでしょう。事実は専門家固有の理論(定説)によって作られる危険性すらあります。

つまり、専門家集団の認識と一般人社会の認識とがずれる危険性(複式構造)があるということ。とりわけ科学が「自然や社会など世界のある特定領域に限った法則的認識を目指す合理的知識の体系または探究の営み」であるならば、それは普遍性のある事実とは言えないでしょう。万人が知っている限りの知識に照らし合わせて整合しているという総合的な論理整合性こそが、専門分化された科学の独り善がりの独走を制御するものであると考えられます。

現在、私達はみんなが認める事実の体系を作ろうとしています。そのためには基礎事実が必要です。しかし、この事実そのものが極めて怪しいものが多いというのが、実感です。それゆえに、「基礎事実」(とりわけ実験や定説)の前提条件・前提認識を今まで以上に明らかにする必要があると考えます。前提条件が明らかにされ一般人が納得できるものは事実として進めていけばよいのではないでしょうか。

例えば、生物学においては、はっきりとこうだと言えるような基礎事実があまりに少ないようです。だから、少ない事実の中から整合する仮説を打ち出し、それを否定する基礎事実やより整合性の高い別の反対の仮説が登場しない限り、その仮説を正しいとして議論を進めていけばよいのではないでしょうか。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2278
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
明るい未来のために(11)‥‥人類の脳のOSのバージョンアップとは!? 「明るい未来のためにやらなければいけない、たった一つのこと」 11/12/14 PM00
198793 環境問題を考える視点 大嶋洋一 09/02/01 PM06
163742 素人でも良く分かるから“必要だ!”って判断できる 鹿村幸代 07/10/19 AM08
阪大、論文捏造の処分に感じる問題 「Biological Journal」 06/02/22 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには?
トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半)
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半)
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則
学生に与う1 いま、社会の基底部で何が起きているのか
学生に与う2 私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走
学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間
学生に与う6 この行き詰った社会をどう再生するか
供給発のカギは、ゼロから新しい供給者を育成してゆく仕組み
新概念を使いこなせて、はじめて供給者になれる
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
出来ない、覚えられない
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める
対面会議の欠陥
民主主義=会議という固定観念
集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
企業革命の切り札は、社内ネット
経営者への提言:会議から社内ネットへ
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜
協同組合法:出資・経営・労働を一体化した働き方をしている人たちは10万人を越えている
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」〜今、なぜ労働法について考えるのか?〜
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp