暴走する悪徳エリートの所業
227084 官僚堕落の原点は「恩給の廃止」
 
小西良明 ( 会社員 ) 10/02/24 AM02 【印刷用へ
何かと「今の官僚は堕落している」と言われている。
堕落の中身は何かといえば、国民全体の利益を追求すべき立場であるにも関わらず、自己の利益を優先している点にあるだろう。

『民主党が知らない官僚の正体』(著者:日下公人)では、”わたしの感覚で言うと昭和30年代、1950年代は立派だった””それが崩れ出したのは60年代後半あたりからかな。最高に崩れたのが70年代後半。”(24頁)と書かれている。

この書に基づけば、この堕落の原点は、官僚が「公」から「利」を追う立場に変質したことにある。
そして、そのきっかけは「補償の消失」すなわち「恩給制度の廃止」にあるとしている。

以下、その経緯を追ってみる。

日本における官僚制度の始まりは明治時代であり、その時から「己の一生を国に捧ぐ」という公の精神が強調されていた。ここで忘れてはならないのが、「その代わりに一生の見通しが立つような生活を保障する」という見返りが存在していたことだ。当時の考え方は、悠々と仕事をできる環境だからこそ広く世界を見渡し、遠く未来を見据えながら国家戦略を考案、実行できるというものだった。

官僚発足初期は構成員の多くが侍上がりで、”侍の禁欲の上に制度の保障が重なっているわけだから、これに対して自分は一生をかけてお返しをしていくんだという気持ちになる”(同書27頁)という意識だった。「公」のために働くという官僚魂の原型はここで形成されたと言ってよい。

この時点では、優秀な人間が公に身を捧げることに対する「補償」の意味合いが強かった。そのため、もともと軍人用の『恩給制度』が官僚にも適用されることとなった。簡単に言えば、退職後も給料の7〜8割が支給されるもので、あれこれ考えなくても一定の生活水準を維持したまま一生いけるという制度になっていた。ただし、そこには同時に「利益を追求しない義務」も付いてきた。

その後、軍人官僚の台頭→世界大戦→敗戦を経て、再び文官系の官僚が国を主導する社会になった。朝鮮特需の効果もあり、1950年代には大きく国力を回復していたのだが、ここで大きな動きがあった。

それは「恩給制度は不公平だ。みんなと一緒にしろ」という国民の声だった。よほどそういう意見が強かったのか、1959年には官僚への恩給制度が廃止(正確には改正)され、代わりに民間でも行われていた「共済制度」へと移行した。

共済は相互扶助でしかない。これでは補償だけ引き剥がされて「公のために身を犠牲にする」「自己の利益は追うな」という概念しか残らない。当然、官僚からすれば働きの割に報われないという考え方も生じる。

折りしも、その後日本は高度経済成長期に入り、民間の所得や生活水準は大きく上昇していく。すると公の精神が薄れた官僚から”官庁は民間にいったやつの半分の収入だった。あの野郎は俺より頭悪いくせに俺の倍もらってやがる”(同書25頁)のような屈折した感情が出てくる。

これらの「補償の引き剥がし」「エリート意識発の歪んだ感情」から徐々に「権力があるうちに自分の利益を確保せねば」という動きが増えてきて、企業との癒着や特殊法人の設立、天下りなど、自己の利権テリトリーの形成ばかりが主軸になっていく。もはや初期の「公」の精神は消え去り、「国民のため」は自己正当化のための虚しい言葉に成り下がった。

結果的に恩給の何十倍、何百倍もの税金が食われる羽目になってしまった。何より、国民の生活向上を目指して行動していたはずの官僚が、経済成長の潮流の中で国民に対して嫉妬していくという形になったのは、皮肉と言わざるを得ない。

冒頭の言に戻れば、筆者が立派だったとする官僚世代は1950年代だった。その後60年代、70年代と崩れていったと感じているのだから、1959年の恩給制度廃止が官僚の「利」の追究→堕落に至るきっかけだったとする見解は的を得ているように思える。
 
  List
  この記事は 225859 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_227084
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp