日本人と縄文体質
226493 単一民族日本が持つ特殊性と可能性について
 
田野健 HP ( 49 兵庫 設計業 ) 10/02/15 AM03 【印刷用へ
この間、網野善彦氏の海洋民族としての縄文史観を踏まえて縄文時代と弥生以降を繋ぐキーワードが出てきましたので一旦ここでまとめておきたいと思います。

日本列島は大陸の東の果てにあり多様な民族の終着点として位置しています。にもかかわらず、単一民族であるという見方に違和感のある人は少ないと思います。この単一民族としての根拠は言語が通じるという事に加えて相手の言っている事が即座に理解できるとか、情報を伝えるのが正確で早い、など大和以降のその後の歴史を俯瞰する上で非常に重要な日本特有の条件になっていると思います。

例えば、海外から多くの技術や文化が入ってきますが、日本はそれをかなり早い速度で広域に伝え、平準化しさらには日本なりに改編するといった離れ業をしてきました。稲作文化、青銅鉄器技術、仏教、漢字が顕著な事例で、近年では欧米文明、古くは土器や縄文語も同質の文化が広域に存在していました。

現在のように国や官僚という統合機関がなく、情報伝達の手法もマスコミや電話などという文明がない時代においてこのようなことが可能になったのは何故でしょうか?

この間、「縄文と古代文明を探求しよう」でも追求してきたのですが、以下の条件が重なって縄文時代晩期にすでに複雑かつ多様な情報ネットワークに支えられた広域での共認基盤が出来上がってきたものと思います。

1.【日本列島の国土の特徴】
大小併せて3700からなる島国である〜渡来民がいずれも航海を経てたどり着いており、基本的には海洋民である。海洋民であり、移動手段は船により、陸路より伝達速度が速い。これが単一民族日本を読み解く上でのベースになると思う。

海、河川が多い〜日本列島は火山興隆の影響で国土に多くの河川が網の目上に巡らされており、海岸線と川と少しの陸路を使う事で列島を横断したり縦断したりすることが可能だった。これは川や海が情報ネットワークとしてのインフラの役割を示している。

2.【縄文時代の温暖化による集団分化によるネットワーク形成】
縄文時代の温暖化は前期から中期にかけて現在より平均気温で2度以上高い状態を数千年経過しており、その時代に人口を増やす事で集団は広域に分派分散していった。採取生産は農耕生産に比べ広域の縄張りが必要で、ある人数を超えると分派する必要が生じ、隣接する縄張りには入れない為必然的に海や川を使って遠方へ分派集団は移動していった。それの繰り返しにより、血縁を通じた広域のネットワークが形成された。
分派集団は個々に地域に合った産物を専属的に生産し集団間で交換するという分業化集団に転化し、古代の製塩、石加工工場などを形成する。

3.【贈与関係による物資、文化、人の交流】
人口の増大により縄張りが接近すると緊張圧力がいたるところで生じる。採取部族はこの緊張関係を緩和し、互いの縄張りを認める為に贈与関係を構築し、集団間での闘争を回避した。
この関係が長く続くとさらに集団間の友好関係を構築する為に互いに婚姻関係を使って血縁を作るなど贈与システムを適用させる事で、ほどほどに繋がりながら互いの集団として自立は認める「連合」という集団関係を作り出した。(これは後の古墳時代の関係に繋がっていく)

4.【分派・贈与ネットワークの集合体が単一民族としての日本を形成した】
単一民族としての日本は最初から出来た訳ではない。縄文時代1万年を通じて上記のような交流を繰り返してきた帰結として出来上がってきたのではないだろうか?
3)で提示した分派ネットワーク、4)で提示した贈与ネットワークが多様に繰り返され、重層的に重なり、個々の集団共認が全ての集団に少しずつ関わっていく事で単一民族としての共認形成をなして言ったのだと思う。

どこに行っても言葉が通じるというのは世界的にも稀な状態である。これがあったからその後の高度な文明を短期間で受け入れることも変化させる事も可能になった。また国という単位が出来上がる前に既にそれらが形成されていたことは米文化や古墳様式の伝達速度を見ても明らかであり、大和は縄文時代の共認ネットワークの上に形式上の国を作ったに過ぎなかった。

以上1)〜4)の特徴は日本市場の特殊性や近年になって登場したメディアのありようにも繋がるものがあり、日本はすでに「縄文時代に単一民族としての共認基盤があった」という仮説を日本の特殊性、可能性として提起しておきたいと思います。
 
  List
  この記事は 225049 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_226493
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
228370 寺社に自由通行権を与えられた海民ネットワークが市場へと発展していった 山澤貴志 10/03/16 AM02
日本語の成り立ち(文字編)4〜万葉仮名の発明;縄文以来の言霊を生かす〜 「共同体社会と人類婚姻史」 10/02/27 AM00
古代史探求の目的〜当ブログの役割について(後編) 「縄文と古代文明を探求しよう!」 10/02/20 PM07
古代史探求の目的〜当ブログの役割について(前編) 「縄文と古代文明を探求しよう!」 10/02/20 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp