暴走する悪徳エリートの所業
225862 小沢不起訴処分は米国との裏取引の結果か?
 
田中素 HP ( 44 長崎 企画 ) 10/02/05 AM07 【印刷用へ
2月2日、小沢一郎はカート・キャンベル米国務次官補、ルース駐日大使と国会内で約2時間にわたり会談。その夜、検察は小沢不起訴の情報をリーク、幹事長逮捕まで行くのでは?というそれまでの空気が一変した。

そして2月3日、亀井静香が唐突に、ゆうちょ銀資金の米国債での運用を表明。亀井の郵政民営化に対するこれまでのスタンスを考えると本心とは考えにくい。これら一連の出来事は繋がっていて、小沢の不起訴処分は検察・マスコミを裏で操る米国との取引の結果では?との見方がある。

以下、ドクター苫米地ブログ「ゆうちょ銀の預金、米国債購入へ、時限爆弾に火がついた。」リンクより。
-----------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀の資金、米国債で運用も 亀井大臣が見解リンク

今日のトップニュースはもちろん、小沢幹事長不起訴のニュースだが、合わせてまるで取引するかのように流れた「ゆうちょ銀行の180兆円の資金運用を米国債でする」という亀井静香金融・郵政改革相の発言は、要ウォッチ対象だ。『洗脳支配』でも書いたが、ゆうちょ銀行の預金資金で米国債を買うというのは、小泉政権時代に行われた郵政民営化の最大の目的であったが、これが実現するとなると、郵政民営化関連法案をどう見直そうと、小泉・ブッシュ時代の郵政民営化に仕掛けられた時限爆弾「郵貯預金の米国行き」が確定することになる。

田中角栄時代から米国中枢部に目をつけられていた小沢幹事長の不起訴が、検察があれだけ動きながらも唐突に確定したことと、同時に郵貯資金の米国行きが決まったことは、関係ないと思えと言われても難しい。というより、元々どう考えても立件不能な案件で小沢幹事長と民主党を大メディアを総動員して追い詰めてきたこと自体が、これを狙っていたとしか私には見えない。亀井大臣にしても本心で言いたくて言っていることではないだろう。

ゆうちょ銀の資金が米国債で運営されるということは、郵便貯金することが、米国政府に税金を払っていると同等なことであることは、丁度二年前の2月に書いた「洗脳支配」で解説している。というか、私の二年前の予想通りになった。時限爆弾の導火線に火がついた。
-----------------------------------------------------------------
引用以上。

小沢民主党 vs 米CIA・検察・マスコミ連合との暗闘は、当然のことながら小沢不起訴で終結、というわけにはいかなさそうだ。
 
  List
  この記事は 225788 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_225862
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
郵政民営化凍結→民主党たたき→郵政資金を米国債で運用? 「ブログ de なんで屋 @東京」 10/02/12 AM02
226029 東京地検特捜部は米国債を買わせるための米国の道具か 猛獣王S 10/02/07 AM10
226025 米高官を従える小沢一郎の図 匿名希望 10/02/07 AM08
2/5不可解なニュースが多い(雑感) 「にほん民族解放戦線^o^」 10/02/06 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp