アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
225068 「ロスチャイルドVSロックフェラーVS欧州貴族」の構造を書籍やネットから読み解き整理する上で
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 10/01/25 AM08 【印刷用へ
『書評 鬼塚英昭著『ロスチャイルドと共産中国が2012年、世界マネー覇権を共有する』(成甲書房) 』(吉田祐二氏)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
 〜前略〜

鬼塚氏は、『八百長恐慌』では恐慌を演出した犯人をイギリス・シティに巣食うロスチャイルドおよび「イギリス貴族」であるとしている。その結論によって、いつもながら、本書は一般的な読者からは「陰謀論」であると一言で片付けられてしまうのだろう。それは仕方ない。

「陰謀論」といっても、フリーメイソンやイルミナティといった「謎の秘密結社」系を極北として、ロックフェラーやロスチャイルドといった実在の富豪を元凶とみなすものまで、幅が広い。

鬼塚氏は、そのなかでもフリーメイソンやイルミナティなどは否定しているようである。そして、鬼塚氏は強固な「ロスチャイルドが元凶」論者であることが『八百長恐慌』を読むと分かる。そしてその具体的な操作方法は中央銀行、アメリカならば連邦準備銀行(FRB)によってなされる、というところも陰謀論としては典型的な枠組みをとっているといえる。

私見だが、日本における「正統な」陰謀論はみなロスチャイルド系である。それに「ユダヤ人の」が付いているとなお良い。それは、何といっても今年5月に亡くなった太田龍(おおたりゅう、1930〜2009年)氏の影響が大きいのだろう。故・太田竜氏と、その周りの協力者による一連の仕事が、日本における陰謀論の系譜の主流となったのだ。

また、反原発左翼の立場から広瀬隆(ひろせたかし、1943年〜)もロスチャイルド元凶論者である。初期の『億万長者はハリウッドを殺す』(講談社)においては、ロックフェラーやモルガン財閥について論じていたのだが。

そのため、ロスチャイルドではなくロックフェラー系の勢力が大きいと論じるのは、上記のような日本の「正統な」陰謀論の系譜から行くと「異端」になるらしい。拙著『日銀 円の王権』に寄せられた批判のなかでも、ロックフェラーはロスチャイルドの手下に過ぎない、と批判しているものがあった。

しかしながら、太田龍をさらに遡(さかのぼ)ると馬野周二(うまのしゅうじ、1921年〜)の仕事に行き着く。そして、戦前にあったユダヤ研究を除外すれば、馬野周二から日本における陰謀論の系譜である、ロスチャイルド、ロックフェラー、そして秘密結社の各思想が日本に「輸入」されたのである。

だからロスチャイルドもロックフェラーも秘密結社も、日本においては実は対等な、フラットな序列のはずなのである。そのなかでどこに重点を置くかは極端に言えば、視点の違い、著者の好みといってよい。日本における陰謀論の分野は、遡ってみてもせいぜい1980年以降のことだ。分野(ジャンル)としては新しいと言ってよい。

上記は、あくまでも筆者の理解である。実際は違う、もっと複雑で深いのだという意見もあるかもしれないが、とりあえず筆者は上記のように捉えている。

それではどのように考えるのが正解なのかというと、私が『日銀 円の王権』に書いたとおりだが、秘密結社のような正体不明のものは除外すべきであり ロスチャイルドやロックフェラーという確かに実在する財閥を中心にして「モデル」として捉えるのが正解だろう。

実在する、歴史を動かす要因である人物や企業を、それぞれ個別に把握するのは困難である。それは量的に困難であるし、文献も限られたものであるという制約があるからである。そこで、「作業仮説」として、この人物は何々系、この企業は何々系とそれぞれ仮に分類する。そして大きく括られたグループをさらに何々系と整理していく。

その結果、いちばん大きな括りとしてロスチャイルドやロックフェラーになる場合もあれば、また別のグループとして括ることも出来るだろう。問題は、その括り方ではなく、そうしたモデルによってより良く事象を説明できるのは、あるいはより正確な予測ができるのは、どのモデルなのかということなのである。

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 224630 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_225068
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
230995 ロスチャイルド系列VSロックフェラー系列の整理 猛獣王S 10/05/01 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp