るいネットを応援する
224574 エレベーターで出会った、「応望充足体験の豊かさ」を彷彿とさせる女子学生
 
庄恵三 ( 60代 神奈川 営業 ) 10/01/18 PM10 【印刷用へ
>この会議室が、本当にみんなで統合理論を創ってゆく場となる為には、現実場面での本源充足or応望充足の体験が豊かな人がもっと沢山参加してくれる様になる事が必要だが、これから登場してくる若い人たちに、それを期待したい。<
6984

今年も、年明け早々から早くも就職活動の季節到来ですが、今日私の勤める会社にも大勢のリクルート姿の学生が訪れました
たまたまエレベーターに乗り合わせた女子学生に「就活大変だね」と声を掛けました。
すると彼女曰く「ええそうなんです」「でも私、就活を楽しむ事にしているんです」と、明るい答えが返ってきました。

大卒の就職率が70%そこそこといった新聞情報が溢れる中「そうなんですよ。今年は悲惨な就活になりそうです」といった答えが返ってくるかと思いきや、全く予期せぬ彼女のプラス思考の反応でした。
僅か30秒ほどのやりとりでしたが、この女子学生の充足体験の豊かさを想像させるに充分な時間でした。

こんな若い人たちが集まる会議室から、その期待応望の引力に引っ張られて、事実追求の雰囲気が形成され加速される事になるのだろうと確信しました。
エレベーターを下りてもしばらくすがすがしい気持に浸ることができました。
私が採用責任者だったら、文句無く合格!と言いたくなる彼女の一言でした。
 
  List
  この記事は 6984 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_224574
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp