法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
224011 国策逮捕された三井環氏(元大阪高検公安部長)も1月18日に出所し「検察改革」という一点に取り組むもよう
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 10/01/11 PM07 【印刷用へ
『国策逮捕された三井環氏(元大阪高検公安部長)が1月18日に出所 検察改革に取り組む』(地声人語日記)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
検察による組織的な裏金作りを内部告発しようとしたところ、国策逮捕された三井環氏(元大阪高検公安部長)が1月18日に出所する。出所後、検察改革に取り組むという。

「A:1月18日は、朝の8時半ぐらいには、ここを出れると思う。それから、今西と神戸の方へ帰る。ここでの作業も、明日(=1・7)まで。明後日以降は、所内の別のところで、出所前研修みたいなことをやるようだ。

 Q:ところで、シャバに出たら、どうするんですか?

 A:それで、今、ワシんところに話があって、東京におる、ある公認会計士なんだが、その人の引きで、「無料法律相談」をやる。その人は、検察にヤラれて、半年ほど、ムショに入っておったらしい。

 Q:確か、国策捜査でヤラれたとかいうことで、本を書いておった公認会計士がいましたよね。その人ですか?

  A: いや、違う。別の人や。ただ、ワシと同様、検察に、恨みを持っておる(笑)。場所が、東京なんで、神戸からは通えんから、しばらく、東京に滞在することになると思う。いつぐらいになるのか、3月ぐらいからだろうかなあ。それともリンクさせつつ、いろんなところにも配った、古川んところにも行ってると思うが、あの「法務省改革」を徹底的にやる。これについては、鈴木宗男、村上正邦が全面的に応援してくれる。

 Q:検察に恨みを持ってる人間が、結集するわけですね(笑)

 A:そうや(笑)。こういうのは、右も左も関係ない。鈴木邦男や、魚住昭、鳥越俊太郎、JR東労組といった、いろんなところに声をかけ、勉強会、シンポジウムを大々的にやる。右も左も関係ない。「検察改革」という一点でやる。

 Q:そういえば、前回、私が去年(09年)の9月のアタマに、三井さんに面会した際、「10月中旬くらいには、仮釈放があるかもしれない」ということを言ってましたよね。かなり、自信を持っていたようなんですが、何か、根拠でもあったんですか?

  A: 仮釈放は、法務省筋の横槍で、一度、ポシャッたんだが、その後、髪の毛を伸ばしてもOKになった。それと、政権交代があったんで、期待も含め、そう考えていたんだが。しかし、その後、仮釈放が完全にないのがわかった。そんなもんは、中にいれば、分かる。「9月4日」だ。だから、(仮釈放の闇取引の実態などを暴露した)一連の法務省改革案を書いて、いろんなところに配ったんだ。

 Q:あー、私が三井さんに面会したのが、「9月2日」だ。すぐ、そのやりとりを、その日のうちに、私のブログでUPしてるんで、赤レンガの連中も、見てんだ。相当、ヒマなんだな。で、シャバに出たら、三井さん、再審請求とか、するでしょ?

  A:渡真利(忠光)の居場所というか、現住所が分かった。ワシの弁護人も知ってる。渡真利が喋れば、イッパツだ。ヤツに貸し付けてるカネも、返してもらうておらんしな。」

リンク
リンク
リンク

この他に反創価の白川勝彦氏等も加わるという。大きな動きになりそうだ。
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 221317 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_224011
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
224639 検察の実態【その1】・・・検事長、検事正のために裏金を作ることで出世する 火中の栗 10/01/19 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp