生物の起源と歴史
223955 人間における親子関係
 
復讐の叫び 10/01/11 AM00 【印刷用へ
>「親子関係は何より大切」という先入観(「文明時代」の固定観念)<(2194)

確かに、共同体がばらばらに解体された私権時代に強く意識されるものでしょう。しかし、共同体にとって親子関係とはどんな意味があったのでしょうか?

例えば、日本においても、夜這いが残っていた地域に人々にとっても、性交渉は数多くあったので、誰の子供であるなどの意味はあまりなく、共同体の子供という感覚が近かったと思われます。そのことについて赤松啓介の図書から引用します。

>子供ができたとしても、だれのタネのものかわからず、(中略)大正初めには、東播磨あたりのムラでも、ヒザに子供を乗せたオヤジが、この子の顔、俺にチットも似とらんだろうと笑わせるものもいた。夜這いが自由なムラでは当たり前のことで、だからといって深刻に考えたりするバカはいない。(『夜這いの民俗学・夜這いの性愛論』より抜粋引用)

また、日本だけでなく、同じく共同体である未開部族でも同じように親子というものを意識されていないようです。そのことについて書かれている雑誌がありましたので紹介します。

子供の科学 2005年5月号「人はなぜ家族を営むのか」より抜粋引用します。

>(前略)人間は血縁関係を超えた社会集団(共同体)を作って生きる動物である。共同体が、いま述べた家族の生物学的な原型を超えたかたちで安定的に成立していれば、必ずしも産んだ母親と産ませた父親とがセットになって養育をになう必然はない。生まれてきた子どもは共同体の全員、あるいはその役割をあてがわれた特定のメンバーによって育てられることが可能だからである。<

>実際、太古の原始的な共同体ではそういうことがあっただろう。というのも、「産んだ母親」という観念は、自然的な事実に強力に支えられているのできわめてわかりやすいが、「産ませた父親」という観念は自明なものではなかったからである。特定の男女の性交渉と妊娠との間に切っても切れない関係があるということを人類が知ったのは、さほど古いことではない。<

>文化人類学者のマリノウスキーは、『未開人の性生活』(新泉社)のなかで、調査対象となったある部族がこの因果関係をけっして認めようとしなかったことを記している。彼のフィールドワークによれば、彼らは、性交渉は女性の膣に精霊が入り込みやすいように穴を開けるだけであり、子どもができるためには必ず精霊の仕業がなくてはならないと主張して譲らなかったというのである。その論拠として彼らは、誰もが性欲の対象としてしか扱わないひとりの醜女を例に挙げて、彼女はたくさんの男にもてあそばれているにもかかわらず、少しも妊娠しないではないかと言ったそうだ。<

>親和本能によって子がそのまま居残ることになり、それでは多様化という適応原理が損われるので、巣離れor親離れ本能がセットされたと考えられます。<(2194)

人間も成長していく過程で、親離れしていくのも、この哺乳類にセットされた本能が残っているが故に、親離れして友達へ・反抗期等の現象が男の子に強く見られるのではないでしょうか?
 
  List
  この記事は 2194 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_223955
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp