本能⇒共認機能⇒観念機能
2239 共認回路と自我回路
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/27 AM05 【印刷用へ
私は、実現論において、サル時代に形成された共認機能が本能を超えた機能であるだけではなく、DNA変異に代る画期的な進化機能の実現であった事を明らかにしました。それに対して、ここでは共認機能の弱点or欠陥について触れておかなければなりません。共認機能は決して完璧ではなく、それは必然的に自己の破壊回路を生み出して終うのです。

期待・応合回路は、周りの期待に応えている充足の欠乏or期待され認められることの欠乏を生み出します(これを近代風に表現すれば、存在理由の欠乏とも云えますが、本質的には役割や評価の欠乏です)。とりわけ評価共認は、期待・応合回路上の各所に「与えられない期待や評価」に対する欠乏の塊を生み出し、その不全感を捨象すべく(実現論で述べた−捨象+収束のドーパミン快感回路を使って)他者否定と自己陶酔を目的とする自我回路を形成して終います。この自我回路が生み出すのは、全て「現実には与えられない期待や評価」の代替充足物であり、従って全てが実在しない幻想です。また「与えてくれない」相手や集団に対する他者否定と自己正当化の塊なので、共認の敵対者とも破壊者ともなる危険性を秘めており、言わば共認機能が生み出した鬼っ子です。

この様に、共認回路は必然的にその副産物として自我回路を形成して終います。但し、必然的と云っても、夫々の回路の伝達物質は異なるので、自我回路(ドーパミン)を刺激しなければ、純粋な期待・応合(エンドルフィン)に基づく雌雄充足共認や親和共認や役割共認の回路が作動します。(補:共認回路とその派生物たる自我回路は、共に本能と観念の中間領域に存在していますが、共認回路の方がより基底的な位相にあり、自我回路の方がより表層的な位相にあります。)

しかし、真猿の段階では、性闘争⇒序列闘争は共認によって制御はされていますが、完全に封印された訳ではありません。それに、哺乳類→真猿の、とりわけ(年中発情するまでに進化した)チンパンジーの性闘争本能は強力です。しかも、この性闘争の本能回路は「自分以外は全て敵」とする回路なので、性闘争回路が他者否定と自己正当化を目的とする自我回路に直結し、両者は不可分に相乗収束してゆくことになります。(注:性闘争本能が自我を生み出した訳ではありません。自我は周りの規範共認や評価共認に対する否定を源泉として始めて生まれます。ただ、共認回路がその副産物として自我回路を生み出した以上、性闘争本能の回路は後から必然的に自我回路に収束してゆくことになるということです。)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2239
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
233102 充足は現実直視の姿勢から♪ かんちゃん 10/06/12 PM10
227070 「絶対」は自我回路を作動させる手っ取りばやい方法 志水誠 10/02/23 PM10
226706 ドーパミン回路のその先 大脇正嗣 10/02/18 PM02
213770 自我の表層化 Guus 09/08/27 PM11
213755 共認と自我 リョウ 09/08/27 PM10
198737 自我回路に陥らないために〜周りを巻き込んで共認回路への転換を促す〜 袖の下 09/01/31 PM10
191837 【図解】実現論前史ニ&共認回路と自我回路 匿名希望 08/11/09 PM05
189528 課題は共認回路で捉えるもの 新川啓一 08/10/12 PM00
180681 自我を集団から力ずくで追い出さなければ! 西田香織 08/07/06 AM00
173194 自我回路から抜け出せるのは、みんながいるから☆ 樫村志穂美 08/03/29 PM03
173154 専門用語の必要性 佐々木尊一 08/03/28 PM10
172419 期待・応合収束 馬場真一 08/03/14 PM08
言葉さえも超えたコミュニケーション〜『顔伝言ゲーム』〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 07/03/10 PM08
135443 今の子の自我はどこからきているのだろう? 菅原正輝 06/10/25 PM01
134836 人類の弱点:解脱回路→堕落回路 ブリジストン 06/10/19 PM11
130428 「気があう・あわない」はありえない らら 06/09/09 PM04
127428 「どう実現するか」と「どう捨象するか」の違いを規定するもの 大森義也 06/08/04 PM04
127426 共認収束度が成果(=実現)の要 佐藤晴彦 06/08/04 PM03
126369 再挑戦することの大切さ ハリマ 06/07/20 PM08
125561 力の論理と自我封鎖 大嶋洋一 06/07/11 PM11
122897 自我回路の必然性? 匿名希望 06/06/20 PM08
116565 共認充足が命綱 榕樹 06/05/27 PM09
112945 「自我」という言葉 ぎゃお 06/05/12 AM00
112598 共認=「共に認め合うこと」だとするならば 匿名希望 06/05/10 AM10
109484 当然という自我 姫嶋親子 06/04/22 PM02
109159 自我回路 宮崎未帆 06/04/16 PM11
109156 自我回路と共認回路との分岐点 松尾茂実 06/04/16 PM11
108575 自我(充足)のためではなく共認(充足)のために頭を使う 阿部和雄 06/04/05 PM11
108498 基底的な位相にある共認回路を回帰させる 津田大照 06/04/03 PM11
108471 「自分」が判断軸のままでは…。 森政子 06/04/03 PM02
104241 子どもの役割・評価欠乏を生起させる 矢野悟 06/01/19 PM02
104044 社内ネット投稿は、自我封鎖+共認回路の再生 酒井俊弘 06/01/15 AM10
101536 鬼っ子 匿名希望 05/11/27 PM09
100389 自我充足って、何? 藤岡聖子 05/11/05 AM01
100339 国債に見る自我充足の構造。〜自我充足は幻想でしかない!〜 Amethyst 05/11/04 PM00
98846 肯定視とは。 渡邊真也 05/10/10 PM00
96825 100%共認充足している状態とは? 竹村誠一 05/09/04 PM08
93743 言葉の違いなんて話じゃない 立石裕美 05/07/01 PM11
93284 ”自我”を分析する 佐藤晴彦 05/06/24 PM09
92908 共認充足と自我充足 吉国幹雄 05/06/18 PM02
92851 「欠乏」の悪用 中村朋子 05/06/17 PM02
91358 性闘争本能と自我回路は似て非なるもの 内山竜太郎 05/05/24 PM10
90434 最初はみんなのためだったのに 加来野浩史 05/05/10 PM11
90417 現在、皆が感じる非充足は必然の流れ 津田大照 05/05/10 PM10
89611 共認の原点から再構築 田中一成 05/04/26 PM10
89605 外圧状況認識の重要性 浅野雅義 05/04/26 PM10
89149 入園児の心境の変化の原因 神家佳秀 05/04/19 PM03
88800 まわりに聞くことが肯定視の第一歩 magarimame 05/04/14 AM11
人類の自我機能と共認機能 8 : 人類の共認=同化機能の誕生 「開放空間「THE ROTEN」」 05/03/07 PM06
人類の自我機能と共認機能 6 : 共認回路の形成は必然だった 「開放空間「THE ROTEN」」 05/03/05 PM05
人類の自我機能と共認機能 ? :「逃避が否定視・不可能視を生み出す。自我の根底に逃避あり。」 「開放空間「THE ROTEN」」 05/02/24 PM08
86213 否定視ってどこから生まれてきたのだろう? 西村真治 05/02/23 PM11
85660 相性良い?悪い? 一力広明 05/02/14 AM00
85490 規範意識が自我を制御する ブルマン 05/02/10 PM11
85312 充足は一つしかない。 田野健 05/02/08 AM00
84495 若者は精霊の代わりに社会を見る 小林雅志 05/01/23 PM09
84482 自我充足は共認の代償充足か 吉国幹雄 05/01/23 PM00
84399 なぜ自我回路に逃げたままでいられるの? 木村明子 05/01/22 AM08
83980 人は共認も自我もすぐに形成できる。 岸良造 05/01/14 AM02
83955 どんな場面でも共認を掘り起こすことが第一に求められる 井上光利 05/01/13 PM07
83183 自我回路が顕現化するのはチンパンジーから? 北村浩司 04/12/26 AM00
82822 最後の生き残り「自己防衛の自我」 松尾茂実 04/12/19 AM05
82803 見えづらい自我 田中健太郎 04/12/19 AM00
82519 共認回路の方が基底的な位相 山田渉 04/12/14 AM00
82389 自我充足なんてものは、本当は無いんじゃないか? 森本亜希子 04/12/11 PM09
81887 「自分って何?」を考えるときは共認回路と自我回路について考える好機 鈴木龍也 04/11/30 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp