暴走する悪徳エリートの所業
223244 ■’09年末なんでや劇場ノート3〜近代市場は近世欧州社会の特殊事情の中から生まれた
 
山澤貴志 ( 44 鹿児島 ITコンサル ) 10/01/02 AM00 【印刷用へ
●古代市場で実現しなかった市場の持続的拡大は何故起こったのか?

ルネッサンス運動の拠点となったベネチアの金融力の興隆は、十字軍以前にまで遡る。つまり、十字軍遠征の時代200年を通じて、ベネチアは持続的成長を続けたのだが、このような長期にわたる成長は、他の古代市場では起こり得なかったことである。この古代市場で実現しなかった市場の持続的拡大は何故、ベネチアをはじめとする近世欧州において起こったのだろうか?

その背景には、国家を超えた普遍宗教としてのキリスト教が教団としてのネットワークを形成していたことが大きい。もともとキリスト教自体に騙し的要素が内在されているが、この国家権力を超えた教会権力をうまく利用して(騙して)、教会ネットワークを金貸しネットワークへと変換させたことが、欧州商品市場が国家の枠組みを超えて特殊な長期にわたる繁栄を実現させた原動力である。しかも欧州はイスラムの富を略奪しただけではなく、欧州内での騙しあい、奪い合いも激化させ、欧州全域に「騙せば官軍」というムードが確立していき、多くの貴族や騎士に商人的(投機的)体質が形成されていった。

更にこの200年間で蓄積された原資を活用して、欧州はアジア・アメリカといった世界中に略奪範囲を拡大させ、またしても騙しの市場拡大を成功させる。こうして、「騙せば官軍」という欧州に特殊的な価値観を起点とした近代市場は、ついに世界中の国家権力を凌駕するまでに拡大していったのである。

212128  欧州貴族の源流1 十字軍遠征
189530 『十字軍』とは何だったのか
 
  List
  この記事は 223237 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_223244
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
289039 近代市場社会の起点=十字軍遠征も金貸しのウソで始まった1 山澤貴志 14/04/07 AM00
225708 【図解】’09年末なんでや劇場 欧州の特殊性と近世近代の持続的市場拡大の構造 松下晃典 10/02/03 AM08
『国家と市場の力関係の逆転』 1.ヨーロッパの特殊性〜国家を超えたキリスト教ネットワークの形成 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/01/24 PM04
224295 欧州市場の特殊性 匿名希望 10/01/15 PM00
224179 寄付された財と土地のネットワークを基盤に銀行業を確立したテンプル騎士団 チーズカレー 10/01/13 PM08
224039 キリスト教の騙し・排他主義・侵略性の象徴 西谷文宏 10/01/12 AM08
223949 近世ヨーロッパは現代に通ずる大きな社会の転換点 〜金貸し支配、市場の拡大、国の借金、戦争〜 橋本宏 10/01/10 PM11
223871 魔女狩り、リンチ裁判を経済化しただけの市場経済原理(オルタナティブ通信) 山澤貴志 10/01/10 AM00
223816 ベネチア貴族階級は14世紀に成立 〜商人出身。やがて土地運用へ〜 渡邊真也 10/01/09 PM02
223743 迫害されていたキリスト教が国家権力を凌ぐまで Crazy Train 10/01/08 PM08
西欧発近代市場と江戸時代・日本の市場の違い 「日本を守るのに右も左もない」 10/01/08 PM03
223656 パックス=ロマーナの帰結 ⇒奴隷の解放とキリスト教公認 火中の栗 10/01/07 PM09
223520 (質問)200年間も持続的成長ができたのはなんで? ちよ 10/01/05 PM11
12/29 なんでや劇場レポートA〜近代市場は近世欧州社会の特殊事情の中から生まれた〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/01/05 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp