アメリカ→官邸→マスコミによる支配
223154 仮説:米国戦争屋ジャパンハンドラーの正体(新ベンチャー革命) ・・・ 【その2】親・戦争屋勢力は弱体化⇒デビッド自身が指揮を執らざるを得ない
 
火中の栗 ( 40代♂ ) 09/12/31 PM08 【印刷用へ
親・戦争屋勢力は弱体化し、主だった面々はすでに下野。しかたなくデビッドRFがナベツネなどに指示を出している。高齢にかかわらず来日するのがその証左。

■以下引用リンク________________________

仮説2:悪徳ペンタゴンのうち親・戦争屋官僚は、主に、東京地検特捜部、外務省北米局、財務省国際局、日本銀行、防衛省などに分散している。東京地検特捜部はCIA、外務省は米国務省、財務省は米財務省、日銀は米FRB、防衛省は米国防総省とそれぞれパイプをもっており、個別にさまざまな指示が米国サイドから出されている。


2.政権交代後の対日工作に従事する米国ジャパンハンドラーの正体

ところで、上記の米国ジャパンハンドラーとは誰か(黒幕)について考察しますと、普天間基地問題ででしゃばっていた戦争屋系のリチャード・アーミテージやマイケル・グリーンが、まず挙げられます。しかしながら戦争屋系米共和党が下野した今は、彼らは単に総会屋レベルです。小泉政権時代、郵政民営化(米営化)工作で暗躍したロバート・ゼーリックやグレン・ハバートは竹中ハンドラーでしたが、今は対日工作担当ではないでしょう。小泉政権時代には、確かに彼らが暗躍していたものの今は違うでしょう。

今もなおジャパンハンドリングのミッションを帯びているのは日本語の達者なジェラルド・カーチスやロバート・フェルドマンくらいです。しかし彼らはそれほどの対日影響力はないでしょう。有名なジョセフ・ナイは対日影響力があったのですが、オバマ政権に交代後、駐日大使の候補からはずされています(注4)。

上記の現状を考慮の上、米国ジャパンハンドラーで、親・戦争屋日本人がそろってひれ伏す人物(黒幕)は一体誰か? 消去法で、あの人しかいません。デビッドRFその人です。ちなみにRFを本ブログにフルネームで記載すると、本ブログの元締め・ヤフーから掲載拒否通知が来る可能性があります、悪しからず。

94歳の高齢デビッドは直近で2009年4月に訪日しています(注4)。この高齢で飛行機に乗ってNYから日本に来るとは、いったいどのような神経をしているのでしょうか。彼は日本を自分の私有領地と思っているのではないでしょうか。

現在では、上記のような米国人ジャパンハンドラー(デビッド代理人)を通さずに、デビッド本人が直々にナベツネなど親・戦争屋のマスコミ要人に指示を出していると考えるのが、一番自然です。直接ではないとしても、少なくともデビッドの私有シンクタンク・CFRを通じて出されている可能性があります。日本の親・戦争屋官僚には、デビッドの息がかかった連邦政府高官を通じて、指示がだされるのでしょう。ちなみに、ヒラリー・クリントン国務長官は大統領選でデビッドから献金を受けているといわれています。この事実は、アンチ・戦争屋であるはずのオバマ政権にはデビッドの息のかかった要人がウジャウジャ紛れ込んでいる証(あかし)です。

              《続く》
 
  List
  この記事は 223111 ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_223154
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
日本のマスコミが親戦争屋報道を続ける理由⇒マスコミは生まれながら金貸しの手先 「日本を守るのに右も左もない」 10/01/03 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp